LINK OF LIFE 2017 まわれ右脳!展@資生堂ギャラリー

会社帰り、19時の食事会までの僅かな時間を使って資生堂ギャラリーに滑り込む。

無料のこじんまりしたギャラリーというのは、こういう時に大変ありがたい。 ほんの数分かもしれないけど、これまでの自分(仕事モード)とこれからの自分(余暇モード)の橋渡しをしてくれる。

「右脳」をテーマにしているだけあって、五感に訴えかける展示。

資生堂ギャラリーは以前から若干クセのある展示を志向しているけど、これもまさにそう。 時間がほとんどないので、じっくりと状況を把握し、作品コンセプトを確認する暇がない。

「えっ?なにこれ?どういうこと?」とわけもわからないまま、展示を見て、臭ったり音を聞いたり触ったりして、全然わけがわからないまま会場をあとにした。 モヤモヤした気持ちが残った。

ちょっと「モード切り替えの橋渡し」としては不完全燃焼。もう少しゆっくり滞在したかった!

(2017.11.10)

コメント

タイトルとURLをコピーしました