白い恋人パーク

入場料を取る、工場見学施設。買い物だけなら、入場無料。

ハウステンボスとか、今は亡き岡山県の「倉敷チボリ公園」を思い出させるつくりの建物。

白い恋人パーク

入場料を払って中に入るが、大して見どころなし、と僕は思った。お金を払った価値は、僕には感じられなかった。展示にお金がかかっているのはわかるのだけど、作りが洗練されていない。 ただし、オリジナルの「白い恋人」を作れるコーナー(別途料金)があったりするので、友達やカップルで訪れた場合は楽しいのかもしれない。

白い恋人パーク

「白い恋人」は北海道中のどこのおみやげ物屋でも大量陳列されていて、ものめずらしさがない。定番のうまさだとは思うけど、わざわざ買う気にもなれず、何も買わずに施設を後にした。

白い恋人パーク

あっ、ちなみに工場見学の入場料を払った際に、白い恋人を1袋貰える。

(2017.09.16)

コメント

タイトルとURLをコピーしました