グレース・タン 「Materials & Methods」@ポーラミュージアム アネックス

シンガポールのアーティスト、グレース・タンの作品展。

元々はアパレル畑の人だったらしいが、その後様々な素材を使った作品やインタレーションを手がけ、今に至る。

アカン、この人の作品の感想を述べるどころか、「どういう作品なのか」さえもうまく伝えられない。

チアガールのボンボンみたいなものだったり、南蛮渡来のポルトガル人が首に巻いていたようなシャンプーハット風のものだったり いかん、たとえがろくでもない。

(2018.01.19)

コメント

タイトルとURLをコピーしました