竣工直前展 / 中川エリカ建築設計事務所@プリズミックギャラリー

竣工直前展 / 中川エリカ建築設計事務所

奇をてらったアート展示ではなく、タイトル通りに「中川エリカ建築設計事務所」による、2つの建築プロジェクトのプロセスを公開したもの。

一つは、「新宿パークタワー8階リフレッシュスペース」、もう一つは「建築倉庫ミュージアム改造計画」。

大先生の、大胆なデザインの建物に関する展示というのは何かしら東京で見ることができる。しかし、「オフィスビルのリフレッシュスペース」なんていう、ある意味どこにでもあるようなスペースの改修計画なんて、そうざらに展示されていない。地味だからだ。 でもむしろ、そういうリノベーションこそ僕みたいな一般人からするとリアリティがあり、どういう思考に基づいて設計していくのかという過程を知ることができるのは面白い。

会場内には、1/10スケールと1/30スケールの模型が置いてある。 建物の設計を行う場合、こういう建築模型の作製はよくやるようだけど、これを作るだけでいくら時間があっても足りないはずだ。クライアント様にイメージをつかんで貰うための、「見栄えの良いプレゼンテーション」なのかと思ったけど、ちゃんと強度検討とか視界の広がりとか、設計する際に必要な工程らしい。 つまり、手が抜けないということだ。うわあ、面倒くさい。

机から椅子から、全部が手作り。空間を正確に把握するために、寸法だってちゃんと決まっている。適当に作って配置しているわけじゃない。 世の中は、こういう「目に見えない苦労と努力と創意工夫」の結果で回っているのだ、というのがわかってとても面白い。

(2018.02.21)

コメント

タイトルとURLをコピーしました