個展 Endless Beginning@OVER THE BORDER GALLERY

個展 Endless Beginning

恵比寿にある、初訪問のアートギャラリー。

雑居ビルの一角にあり、おっかなびっくりで中に入る。

作家「オートモアイ」による、顔のない女性の絵。 エキサイティングな絵だとは思わないけど、結構印象に残る作品群。

顔が描かれないことで、見る者の想像力をあれこれ刺激するのだろう。

登場人物に顔がないと、一体これがどういうシチュエーションなのかがさっぱりわからない。だからこそ、作品に奥行きを感じさせるのかもしれない。

「素材を省略した」ものなのに、「むしろ奥行きを感じる」って、不思議なことだ。「行間を読め」というのと一緒だ。 人間、もっともっと「行間」を分厚くした方が良いのだろうな。僕みたいにベラベラ喋るのは、むしろ軽薄で損なのだと思う。

(2018.03.04)

コメント



タイトルとURLをコピーしました