キム・チョンハク@小山登美夫ギャラリー

小山登美夫ギャラリー

シュウゴアーツと同じフロアに、小山登美夫ギャラリーがあった。

小山登美夫は日本を代表するギャラリストで、僕はこの人の本を持っている。

「”お金”から見る現代アート」という本で、何故こんな作品に高値が?という疑問に対して、ギャラリストとして解説をしていてとても面白い本だ。

その小山登美夫のギャラリーは、渋谷ヒカリエに1つあり、もう一つ別の場所にあるということは知っていた。

転々とお引っ越しをしていたようだけど、2018年現在では六本木に居を構えている。

渋谷ヒカリエのTomio Koyama Galleryは、笑っちゃうくらい難解な現代アートを展示していることが多く、僕にとっては「挑戦状」に近い内容になっている。「あげる、と言われてもいらない」という作品ばかりだからだ。少なくとも僕にとっては。

そんな作品を敢えて気軽に見せてくれているギャラリーには感謝している。勉強になるからだ。

すいません、商売のお役に立てなくて。

ちなみにTomio Koyama Galleryで唯一「これはいいかも」と思った作家さんは、三宅信太郎ただ一人。

さて、シュウゴアーツのお隣にギャラリーがあったので、ということで何も予備知識なく中に入ったのだけど、なんか悪くない展示だった。・・・としか言いようがない。

(2018.03.16)

コメント

タイトルとURLをコピーしました