国立西洋美術館開館60周年記念 ル・コルビュジエ 絵画から建築へ―ピュリスムの時代@国立西洋美術館

ル・コルビュジエといえば、国立西洋美術館のデザインをした有名な建築家だ。「近代建築の三大巨匠」と言われ、そのおかげで国立西洋美術館は、世界文化遺産に登録されるに至っている。

国立西洋美術館は、意欲的な建築だとは思うが、正直言って使いにくい。常設展でも企画展でも、必ず階段のアップダウンを伴い(一応身障者用のエレベーターはある)、足腰が齢人にとってはちょっとしんどい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました