ジョゼ・デ・ギマランイス展~アフリカは魅了する~@市原湖畔美術館

市原湖畔美術館

市原湖畔美術館は以前から訪れてみたい場所だった。今回仲間からの誘いがあってはじめての訪問となった。

ポルトガルを代表する現代美術家だということだけど、展示されている作品は全然良いと思わなかった。どういう作品なのか、コメントするのもおっくうなくらい、僕にとっては気に入らなかった。

ジョゼ・デ・ギマランイス展~アフリカは魅了する~

意味不明な抽象画ならまだしも、少々理解が出来てしまう内容なので、それがむしろうざかった。

なんだろうね、この違和感。

ジョゼ・デ・ギマランイス展~アフリカは魅了する~

美術館入り口のミュージアムショップで売られていたリトグラフは、すっと腑に落ちて、むしろ感じの良い、家に飾ってもいいと思える作品だった。そして、この人を日本で知らしめている、「越後妻有大地の芸術祭」「瀬戸内国際芸術祭」での展示作品も、納得がいく。なぜか、この美術館の展示物は、どうも好きになれなかった。

これが何に起因するのか分析するのも面倒。そんな感じ。

(2018.12.22)

コメント



タイトルとURLをコピーしました