棚田康司「全裸と布」@ミヅマアートギャラリー

木彫りの、全裸女性の彫刻。

いろいろ作品コンセプトとかあるというのは分かっているけど、敢えて小学生的なコメントをさせてもらう。「人間っぽくてギョッとする!」と。

ちょうど素材の色が肌色にそっくりで、そのために遠くからみると「えっ」と思えるくらい人間っぽく見える。しかし、作家は敢えてポージングなどで人間とは違う形にしていて、虚構と現実の境界線が曖昧になり、不思議な印象を受ける。

リアルな描写の全裸女性、しかも裸!となるとどうしてもエロスを感じさせるものだが、この作品には不思議とそういう感覚を受けない。「よく出来ているなあ」と前からみたり、後ろから見たり、「現実の人間にあるシルエット、ありえないシルエット」を確認することをずっとやっていた。

(2018.09.01)

コメント

タイトルとURLをコピーしました