編集後記2015年12月期

12月の更新記事について

疲れ果てて雪国

那須湯本旅行記。「療養のために、イベントごとがほとんどない旅行」を目指したのだけど、いざ記事にしてみると結構あれこれ書くことがあったので意外だ。

単に「温泉行ってきました、宿に泊まりました、ほっこりしました。おしまい。」という記事にはしたくなかったので、極力旅のきっかけとなった僕の不調について書いたつもりだ。そのため、「おかでん」というキャラクターを知っている既存の読者でないとついていけない内容だったと思う。純粋な旅行記を期待してページを開いたら、なんだか冴えないおっさんがひたすら悶々としているだけの内容なので唖然とし、数秒でブラウザをとじるだろう。少なくとも僕ならそうする。

広告

「こんな施設に行きました」「あんな人と会話しました」ということが少ない地味な時間だったがゆえに、むしろ文章が書きやすかった。状況説明をしなくて良いからだ。その分、今回は僕自身楽しんで言葉とじゃれあいつつ文章を書くことができた。

登山記って書きやすいな、と常日頃思っているのだけど、それは「ひたすら登っていく話」だからだ。それに匹敵するくらい、「一人温泉旅」ってのは書きやすい。

この那須湯本編はその後に続く温泉療養旅の導入部分にあたる大事なところ。四万温泉を経て大沢温泉がクライマックスとなる。で、最後のシメとして鬼怒川温泉。

サイト運営について

「アワレみ隊活動記録」の移植作業を裏ではずっと続行しているところ。2003年から2004年にかけてのできごとを移植しているけど、このあたりが黄金期といえるだろう。今読み返すとまぶしい。

「サイコロ3」の記事が移植されないままぽっかりと放置されているのは意図的だ。「サイコロ2」の移植をやった際に、かなりへばったからだ。文章を今読み返しても当時の追い込まれっぷりが思い出されてクラクラするし、写真のほかに青看板、GoogleMapを用意しないといけないので面倒でしかたがなかった。もうこりごりなので、しばらく「サイコロ3」は放置しておくつもりだ。ほとぼりが冷めた頃に、改めて移植する。・・・と思って、「奥のマゾ道」の移植を今やっているのだけど、これは精神的ストレスはないもののGoogleMapを多用するために作業が面倒。あー。

「昔やっていた、『土下座バイキング』のような記事が読みたい」というリクエストがあった。そういえば最近僕の胃袋はどうなっているのだろう?ということで、来週末に回転寿司屋でしこたま寿司を食べてくることにした。コーナーを再開させる気はないけど。

「おかでんが無謀な挑戦をやって、悶絶するという展開を読むのが面白い」という話はあちこちで聞く。僕自身そうだとは思うが、今それを狙ってやったら痛々しいだけだ。意図せずしてやっていたら甘い見通しのしっぺ返しで痛い目に合うのが良いのであって、狙っちゃだめだ。41歳になる僕が今、大食いを再度やるのは「受け狙い」だ。

でもまあ、いろいろ今年は「小さなしょーもない挑戦」をやってみようと思っている。腹案はいくつかあるので、あんまり深く考えて計算高くなる前に決行するつもりだ。

その他

「アワレみ隊の人たちとは最近集まっていないんですか?」という質問をされることがある。実際、「アワレみ隊活動記録」には、2013年夏の「アンテナショップ巡り」以降記述がない。質問のとおりで、それ以降全くアワレみ隊メンバーとは会っていない。

別に仲たがいをしたわけではないのだけど、やはり居住地がバラバラなのでいざ!集まろう!ということが難しい。そして僕は2014年以降週末に優先順位が高い所要が入るようになり、集まるとなると泊がらみとなるアワレみ隊企画がなかなか立てられなくなった。逆に言うと、これまでどれだけ暇だったんだよ、とあきれる。GWをばっさりアワレみ隊企画に充てていたりするのを見ると、驚くし、今更ながらうらやましい。

またそういうアワレみ隊企画をやりたいのだけど、まだまだ僕が公私共に落ち着かない日々なので時間が取れないっぽい。

芋煮会とか横須賀フレンドシップデーとかバブルサッカー部とか、首都圏近郊のこじんまりしたイベントごとなら、いくらでもできるのだけど。

広告

ソーシャルリンク