編集後記2017年11月12日


フィトンチッドでいこう【赤沢自然休養林】

フィトンチッドでいこう【赤沢自然休養林】
アワレみ隊、つかの間の休息。 日 時:2017年(平成29年) 09月23日-25日 場 所:赤沢自然休養林(長野県) 参 加:おかで...

赤沢原人登場に関しては、本来存在していた写真を数枚、掲載をカットした。直前まで写真は掲載予定で文章の段組みをしていたのだけど、記事を公開する1分前に全て削除を決定した。

別に僕の裸くらい見せても構わないと思っている。しかし、その写真が今後どう悪用されるかわかってものではない。僕が想定している範囲外の使われ方をして、それで僕の人格攻撃などを今後されるのはたまらない。

今の御時世、いくらでも前後の文脈などをすっ飛ばして、目立つところだけ切り貼りして都合の良いものを作ることができる。赤沢原人の写真なんて、そういう素材にもってこいだ。

本当は掲載したい。しかし、それによる「将来的なリスク」をわざわざ背負うメリットがほとんどない。さんざん悩んだすえ、掲載をやめた。「文章が面白くなる」ということよりも、デメリットのほうが重たすぎる。

このサイトを見る方は、良心的な方ばかりではない。僕に批判的な人、または通りすがりの人もいっぱいいる。長年の読者なら、赤沢原人登場!おかでん裸!という写真を見て「ああ相変わらずだな」と笑って見てくれるだろうけど、それ以外の大多数の人は「うわ、キモっ!」と思うだろうし、「キモすぎるので、シェアしてやれ」と余計なことをする人も出てくるだろう。

ネットに公開するからにはシェアされてナンボなところはあるけれど、さすがに僕は芸人ではないしアクセス数を稼いでアフィリエイトで儲けを狙うブロガーでもない。僕の裸体がネガティブなキーワードとともに出回るのはイヤなので、やめておいたほうがよさそうだ。

これが筋骨隆々として美しい裸体なら、どんどん掲載するのだけど、現実のおかでんは美しくないボディラインだった。魅せる裸体になるよう、ちょっと今後鍛えなくちゃいけないな。

おかでん版赤沢原人とばばろあ版赤沢原人の写真を並べると、それぞれの違いがあって大変に味わい深い。でも、いずれもインパクトが強すぎて掲載は無理だ。

同様に、アワレみ隊4名がビートルズの「アビー・ロード」ばりに線路を横断している写真の掲載もやめた。歳をとっても仲の良さが伺える、楽しい写真だった。なので、この旅行が終わったあと、その喜びを伝えるためにFacebookに一度は載せたのだけど、すぐに引っ込めた。

線路を横切っている場所は、歩道になっているところなのだが、「線路内侵入!けしからん!」と問題視してややこしいことになるのがイヤだったからだ。「いや、歩道ですから」と反論しても、一度火がついてしまうと、こういうのは防戦一方になる。無駄な戦いだ。

「最近のテレビ番組、特にバラエティ番組はつまらなくなった」というけど、それはこういうブログの世界でも大なり小なりある、ということだ。当たり障りのない内容に収めよう、という意向がどうしても働いてしまう。

今後の更新予定

やばいやばい。更新待ちが多すぎる。

そろそろ来年3月開催の「のっとれ!松代城」の募集が始まるので、それにあわせて2017年の「のっとれ!」記事を書かないといけない。他にも、広島行きの話とか、野外炊事部の話とか、きりがない。

ちなみに「のっとれ!」は、もう引くに引けない状況、ってことで毎度おなじみ5名は当然のように行くつもりで準備を開始している。まだ正式な募集がかかっていないけど、既に前日夜の宿を確保しちゃった。