QQ冷やしそば

2004年04月05日
【店舗数:—】【そば食:287】
自宅(東京都某所)

QQ冷やしそば

QQ冷やしそば

自宅の最寄り駅そばに「SHOP99」というコンビニがある。関東近辺にしかないかもしれないチェーン店舗なので、あらかじめ説明をしておこう。

このお店、早い話世によくある100円ショップだ。店のほとんどの商品が99円で売られていて(税込みになると104円)、何かと重宝する。しかし、このお店が通常の100円ショップと全く異なっているのは、生鮮食糧品も扱っているということだ。サバの文化干し99円、低脂肪乳99円・・・さらには、豚の細切れ99円とか、大根1本99円なんて品そろえ。まさに小さなスーパーだ。しかも、24時間営業ときたもんだから、相当頑張っていると言える。

ただ、キャベツ一玉99円、なんてのを買っちゃうとちょっと痛みがあったりするので要注意。プラスチック製品とかと違って、生鮮食糧品を購入する際は目利きが必要。

それはともかく、このお店では、少量ながらもお弁当類の取り扱いもやっている。さすがに99円では販売しておらず、399円とか299円といった値付けになっている。しかしあまり売れていないのか、よく値引きシールが貼られている。

この日、何の気なしにお弁当コーナーを眺めていたら、そばを発見した。99円の、「冷やしそば」。や、安い。99円という価格に今更驚く事はないが、そばが売られていたという事実に結構衝撃を受けた。この手のそばってコンビニで必ず売られているが、大抵400円前後していたような。まあ、コンビニ版は「とろろそば」で玉子付き、だったりするわけで一概に比較はできないが。

でも、もっと衝撃なのが、この冷やしそば、50円引きシールが貼られていたということだ。

99-50=49円

うわぁ。これは買うしかない。手持ちの持ち物を質に入れてでも、資金を確保して購入しなければ。

・・・たった49円くらいで質だの借金だの騒ぐな貧乏人。

ちなみに、冷やし蕎麦99円に対してとろろ蕎麦は199円だった。とろろ、100円なり。

青のりをかけて食べる

まあそんなわけで買って帰ったわけだけど、味に期待なんかしちゃいけない。心をできるだけ 平静にして、開封してみる。

おや?つゆとわさびの袋のほかに、何やらフリカケのようなものが入った袋があるぞ。これをそばの上にかけるのか。

おー、なんかちょっと豪華になった感じ。でも、お好み焼きっぽいぞこのフリカケ。青のりとゴマかぁ。49円の蕎麦にしちゃ、相当な気配りだと思う。

固まっている麺を箸でほぐしながら、食べてみる。おや?激まずを想定していたのに、結構まともじゃないか。というより、想像以上においしいですこれ。199円でもいいや、これだったら。・・・・ごめんなさい、ちょっとそれだと高い。140円くらいでもいいや。カップ麺と同じ値段。

フリカケがアクセントになって、食が進む。そうかぁ、蕎麦にフリカケとは思いもつかなかったな。安い工業製品のゆで麺蕎麦だったら、こういう食べ方も十分にありだ。今後、自宅で蕎麦を食べるときは試してみることにしよう。

新しい発見をさせてくれた49円の蕎麦に感謝。ごちそうさまでした。