冷し鶏そぼろそば

2012年08月31日
【店舗数:—】【そば食:504】
埼玉県内某所

冷し鶏そぼろそば

冷し鶏そぼろそば

ビールをしこたま飲んでの帰り道。ちょっと小腹がすいてきた。でも、こういうときに牛丼屋に入ったりするのはなんだか気が引ける。ガッツリ過ぎないか、それ!と思うからだ。そもそも、家の最寄り駅には牛丼屋がない。

こういう時、つい手をのばしがちなのがコンビニで売られている蕎麦だ。家に帰ってシャワー浴びて一段落してから、じっくりと食べる事ができる。ほっと一息ついてからの蕎麦ずずずっ。いいじゃないか。

そんなシチュエーションでは美味い蕎麦など期待していない。のどごしさわやかに蕎麦をすすり上げ、胃袋にストンと落ちる、そんな食感があればいい。ついでにそれで腹が落ち着けばなお良しだ。

駅から自宅までの間にあるローソンストア100で蕎麦を買う。どのコンビニの蕎麦が美味いかって?知らない。あんまり意識したことがない。味重視でコンビニ蕎麦を買ったこと、ないもんなあ。大抵、今回のように「酒を飲んだシメとして食べる」シチュエーションだもの。

ローソンストア100には、ノーマルの蕎麦が105円でいつも通り売られているのだが、今回は「新商品」シールが貼ってある「冷し鶏そぼろそば」なるものを買ってみた。

冷し鶏そぼろそば完成

ノーマル蕎麦の倍の価格を要求してくるだけある、具は錦糸玉子、ネギ、そして商品のタイトルにもなっている鶏そぼろ。わさびはついていない。どれも微妙な量で貧乏臭いのだが、210円という低価格を考えると納得だ。

蕎麦はぼそぼそした食感。お酒飲んだシメとして食べるにはちょっとあてが外れた感があるが、麺をよく噛むことにより、満腹感は十分に得られた。これはこれで良いのかも知れない。

【今日のまとめ】
お酒飲んだ後の蕎麦なら、とろろ蕎麦の方が良かったかも( ´_ゝ`)

ソーシャルリンク