1998年01月第5週(01/25-01/31)

【01月25日(日曜日)】<98.6キロ>

昼食:菓子パン1個
夕食:コロッケ、豚焼き肉、ご飯2杯、おみそ汁2杯

おっやぁ??あれだけ昨日大食い大飲みしたというのに、体重が痩せているぞ??まあ、日曜日ということで起床時間が遅く、体重測定を行ったのが午前10時すぎ(通常より2時間半遅い)ということもあるのかもしれないけど、それにしてもうれしい誤算。一体どういう事だろう。

単純に痩せたことはうれしいけど、やっぱこういうのはダメだよぉ。食べなかったら痩せる、食べたら太る・・・って単純明快な回答じゃなくちゃ、こっちだってやりがいが無いではないか。食事量と体重が直結してくれないと。

こういうのは体内の水分の量ってのにも大きく左右するんじゃないか?12月頃は毎日1キロ以上体重が増減してた、って「開戦前夜」に記述したけど、あれってやっぱり飲んだビールの水分の量そのものなんじゃないかと思う。前日の夜、いかに多くの水分を飲んだかによって翌朝の体重測定の結果が変わるのではというワケ。でも、もしそうだとすると今みたいに僕、やれ「200グラム痩せた!」とか「太った!」って騒いでいるのは不毛なのかも?

昼にしっかりと食べて、夜は少な目に食べるのがイイって事くらいは知ってる。だけど、手元にこれだけしか食べ物が無かったのと、買い出しいくほどのゆとりが無かったということもあり、カンタンに菓子パン1個で済ませた。家でパソコンいじっているだけの週末なので、実際にもこれくらいのカロリー摂取でいいのかもしれない。

2杯ご飯を食べたことについてはもうあまり多くを語るまい。食べちゃったものは仕方が無いでしょ。でも、食べた後「しまったぁ、おなかいっぱいだぁ」という後悔はした、ってことはお伝えしておこう。ちなみにこの後悔は、「ダイエット的にマズい事やったな」という後悔じゃなくて、「肉体的に食べ過ぎた(胃袋がいっぱいになった)」という後悔。ここらへんのバランスが人生24年間生きてきて、いまだに体得できていないよなあ。

【01月26日(月曜日)】<98.4キロ>

昼食:ハムカツ&チーズオムレツ、ご飯、おみそ汁
夕食:クリームシチュー、トマトの冷スパゲティ、じゃがいものマヨネーズ和え、ご飯、おみそ汁

順調に推移している体重なんだけど、イマイチ喜べないなあ。200グラムのステーキを連想して、「一日でこれだけの肉が減っているんだ、すごいすごいすごいっ!」なんてワザと驚いてみるんだけど、それでも実感なし。だって、200グラムのステーキ分痩せた、ってことは、逆に言えば200グラムのステーキを食べちゃえばすぐに元に戻るレベルだ、っていうこと。モノは考えようだ。

カロリー高そうに見えて、実はそんなに高くないという料理が今日のお昼。お昼のメインディッシュは500kcalを越えないようにしよう、というのが私の方針なんだけど、今回のお昼は420kcal程度。まずまずというところか。

夜、寮に戻るときに「ああ、お酒のみたーい」というハゲしい欲求にかられる。アル中の禁断症状か?気がついたら、足はお酒のおつまみをいつも買っているスーパーの方に向かっているし、いつのまにかお刺身用のお醤油まで買っている。やばい、貞操の危機!

しかし、結局へらへら笑いながら「飲むわけにはいかんでしょ、週明けからぁ」なんてつぶやきつつ酒屋の前を無事通過。危ないトコロだった。禁酒しよう、というワケじゃないんだけど、ここで飲んでしまうとなんだかもったいなくって。もう少し、「お酒を飲まないとこんなに痩せるんだよ」的なデモンストレーションを見せつけてからってのも悪くない。

ただ、やっぱりココロの中では相当悔しいので、「ちぇっ、覚えてろ、明日は絶対に飲んでやる」なんて誰に当たるワケでもなく毒づいてうっぷんばらし。「ここまでやる以上、明日は98キロジャストくらいじゃないとただじゃおかねぇぞ」なんて。

悔しがりながら食べた寮の食事。うーん、おかずが多い。学生時代は、「わずかなおかずでいかに多くのごはんを食べるか」という命題に基づいて生きてきただけに、こういうのは苦手だ。一品のおかずでごはんを腹いっぱい食べる。これこそ、安くて腹持ちが良い料理。しかもカロリーもそんなに高くない。栄養も高くないかもしれないけど。その点、こうやっておかずが多いということはある意味幸せなんだけど、どうも落ち着かない。もっと白いごはんを食べたいという欲求がふつふつとわいてくる。ああ、飽食の時代??

【01月27日(火曜日)】<98.4キロ>

昼食:揚げ焼売、ご飯、豚汁
夕食:ビール1500ml、お刺身盛り合わせ、かにクリームコロッケ

朝起きたとたん、「ありゃっ」という不安。なんか、顔が重い気がする。朝風呂に入って、鏡を見てみてもどうも顔がむくれているような。これって、お酒を飲んだり大食いしたり寝る直前に食事をした時の症状。ひょっとして、太った?

ここ最近、朝起きたら体が軽かった。お酒飲まないせいもあるんだろうけど、体が一本スジが通っているというかなんというか。それが、今日はナイのだ。ありゃりゃ。

まあぐだぐだ言ってないで論より証拠とばかりに、体重計に乗ってみる。結果は…ひえーん、現状維持でやんの。なんで?なんで?昨日、「お酒を我慢したんだから」ことをいいことにご飯を大盛りにしたのがいけなかったのか?いろいろ考えるが、どうも結論は出ず。火曜日こそ、部屋でお酒を飲もうと思っていたけどこれで黄信号点灯してしまった。

お昼・・・。今日の食堂はちょっとばかりクレイジーだった。なんせ、大皿小皿、どれもものすごいカロリーだったんだから!いやあ、びっくりしたなあ、あれには。800kcalのお皿とかばんばんあるもんだから、僕にゃとてもじゃないけど手が出せなかった。一皿で800kcalだとすると、ご飯とおみそ汁をつけてしまうとあっという間に1000kcal突破。こんなものをお昼から食べていたんじゃ、痩せるものも痩せるわけがない。しばらく思案したが、結局サイドディッシュの小皿料理である「揚げ焼売」をメインに据えて、その代わりに豚汁を頂くことにした。これはこれで、幸せな昼食だった。そこそこの満腹感と満足感を与えてくれた。豚汁パワーは偉大なり。ひとをシアワセな気分にさせてくれる。

今晩こそはお酒だぁぁぁ、と意気込む私。しかし、こちらの精神的盛り上がりとは別に、体の方は全くと言っていいほどお酒ムードじゃない。「何いってやがんだ、お酒なんて飲んでる暇ナイでしょ?」なんて、いっちょまえな事を宣ってる。うーん、こういうシチュエーションは近年無かったなあ。

動揺しつつ、やっぱりビールを買う。無理するこたぁないんだけど、こういうシチュエーションだからこそ、お酒を飲まなくちゃと妙な意識を持ってしまった。今日は一日顔がむくれていたせいもあり、「ビール飲んで利尿作用ですっきり」なんて、どう考えてもこじつけとしか思えないような根拠まで振りかざしだす始末。

さて、いざ家に帰ってきたモノの、お酒を飲んでいる暇なぞ、どこにも存在しなかった!このページ及び「オンラインお笑い研究所」のwebページの1月28日立ち上げを目指して、wwwサーバに完成したhtmlをアップロードしようとしたんだけど、トラブル続出でおじゃんになってしまったから。これはイタかった。

まず、それまでの状況としてブラウザがうまく作動しないという症状があったんだけど、それに加えてwebページ作成ソフトのFrontPage98の設定がクラッシュ。さらに修復しようとしているうちにTCP/IP設定まで崩壊させてしまった。ならばとパソコン通信People経由で、FTPに頼らない形でページをアップロードしようとしたが、今度は通信ソフトがバイナリを受け付けなかった。もう、八方ふさがり。

結局、夜1時過ぎになって放棄。「こりゃ駄目だぁ、正式公開は来週持ち越しだぁ」ということで、Peopleの事務局とパソコン通信のフォーラムにお詫びの文章を書いた(Peopleの場合、新規webページの立ち上げは原則毎週水曜日なのだ)。

くたびれ果ててそのままベッドにひっくり返ってしまったが、「このまま寝るのはどうも居心地が悪いなあ…」という気がふつふつと沸いてくるから、罪なモンだ。帰宅してから一時も落ち着く暇がなかったから、ここでちょっとリラックスしなくちゃ、翌日の仕事にも影響があるというワケだ。結局、眠い眠いと言いながらもビールをぷしゅ。お刺身盛り合わせを開封して、むしゃむしゃ…あーあ、時刻は午前1時。

念のために、ビールを開ける前に体重計に乗ってみる。97.8キロ。わぉ!初めての97キロ台だ。ここでお酒&夕食を摂らなければ、明日の朝は97.6キロは確実だろう。K点越えの大ジャンプだ。だけど、痩せるのは確実かもしれないけど、それと同時に明日の朝のお仕事は全く集中できないだろう、というのも確実。これじゃ、給料泥棒だ。まあ、97キロのラインが見えてきた、というヨロコビは胸に秘めてとりあえずお食事、お食事っと…。

2時頃まで、たまっていたビデオを見ながら宴会。通常、12時すぎには寝るようにしている僕からしてみれば、これは異常事態発生。パトランプがあれば、もうオーバーヒートするくらいくるくる回転している状態なのだ。それでも、飲む。

【01月28日(水曜日)】<98.2キロ>

炊き出し:五目ご飯、乾パン、ミネストローネらしきもの
昼食:うずら卵とえびのぴりから炒め、ご飯、おみそ汁
夕食:ロゼワイン1本、パン3個
夕食(その2):はっきり言って、何を食べたか覚えていません。かにクリームコロッケがあった記憶はあるのですが・・・。

朝起きると、確実に顔がむくんでいた。あちゃ、やっぱりそうかと意識が戻った瞬間にココロの中で叫ぶ。そりゃそうだ、睡眠不足に加えて昨晩の酒、しかも寝る直前の食事ときたもんだからなあ…と、一人朝からブルーな心境。

体重計にも「えいやっ」とやっつけ仕事で乗ってみたんだが…あ!?痩せてる。これはここ最近久々に驚いた。こういう予想外なら大歓迎だ。

今日は会社で避難訓練、ということで訓練にかり出されてしまった。何をやるのかと思えば、火事発生の合図と共に、階段を使って1階の駐車場に逃げるだけという、「みんなで階段降りましょう大会」だった。20階の食堂で火災発生、っていうのにわれわれは堂々とそのすぐそばの階段を使って避難しているんだから、よーわからん。

24階から1階に逃げる、といういい加減飽きるやら目が回るやらの「苦行」を乗り越えたら、駐車場で炊き出しがあった。どれも非常用食料なんだろうけど、これがなかなかおいしい。「水を入れるだけでできる」とか書いてなければちゃんと作ったモンだと勘違いしてしまうような内容だった。やっぱ、今のご時世、非常時でもリッチな生活はやめられないっていう事でしょうかね。あ、しまった。カロリーをよけいに摂取してしまったかな?

そんなことがあったので、お昼時になってもおなかは空いていない。「まったく、タイムスケジュールに無い事ばっかりやりやがって…」と内臓はさぞご立腹の事だろう。で、せっかくだからそのご厚意に答えて、お昼の量も極小にしてしまえばベター。しかしそれができないのが、デブのデブたるゆえんってヤツでして。

結局、おなかが空いたから食べる、おなかがいっぱいだから食べないというのではなく、「食べたいから食べる、食事時だから食べる」という仕組みになってしまっているワケだ。「あ、この料理食べたい!」と思ったら、その事実の前に胃袋の状態なんて吹き飛んでしまうのだ。だから太るんだ、って分かっているけどやめられないっと。スーダラ節状態だな、これじゃ。

帰宅途中、駅の改札そばにあるパン屋が目線に入った。「パンの焼き上がり時間」という看板が出ている。それによると、1時間おきにでき立てのパンが提供されているようだ。で、一番新しいのは・・?とぼんやりと見てみたら、おや19時20分だ。今この時間が19時24分だから、ついさっき焼きあがったばかりなのか。それにしても、こんな夜になってもまだパンを焼いているとはなあ…なんて考えているうちに、そのままパン屋に足を踏み入れてしまっていた。ああ、何をやってるんだ!気が付いたら、トレイに3つも菓子パンをのっけているじゃないか!!ちーん。まいどありー。

仕方が無いので、今晩の寮の食事は欠食するハメになってしまった。パンが夕食代わりってことか。とほほ。悔しさついでに、ワインを一本買って帰る。パンでワインをいただく、というのもしゃれてるかな、なーんて。…というより、実際のところ、昨晩イカれてしまった自宅パソコンの通信環境へのうっぷん晴らし、という意味合いの方が強かったりするんだけど。

ワイン1本を空にしてしまうと、結構いい気分になってしまった。その勢いで「食事だぁぁぁ」。もうこうなると、誰も私を止められない。一階に降りて、寮の食事を平らげてしまった。あーあ。いままでの努力がベルリンの壁よりはるかに簡単に崩壊していく音が耳元で聞こえる…。

【01月29日(木曜日)】<98.4キロ>

昼食:鉄火丼、おみそ汁
夕食:肉豆腐、わかめとたこの酢の物、ご飯、おみそ汁、バナナ1本

やっぱりなあ、というかよかったよかったというべきか。体重、増えました。このダイエット日記を始めて以来、最初の数日以外は痩せる一途を辿っていたというのに、ここにきて大ブレーク。まさしく、「やってもうた」な体重なのだ。でも、200グラム増で収まったというのは不幸中の幸い、というところか。

でも、実はこの体重、怪しいといえば怪しいモンでして。例のごとく、体重計の数値はいつもふらふらしている。今日だと、99キロオーバーな数値を示している瞬間もあった。「わっ、これはまずいまずい」と、その数値が最低の98.4キロになったところで息を止めて、体重計の数値のふらつきを止めちゃったと。だから、何回か測定しなおすと、98.6とか98.8という可能性もあったわけで…まあ、そういう現実を見せ付けられてしまうと、絶対にやる気を失うので「なかった事」にするのが一番というわけだ。ああ、どーせ私はずるい人間ですよっ。ずるい?ほっとけ!これが「ダイエット!?日記」なんだってば。これだけは強調しておくけど、「痩せたい、痩せたい、痩せたぁぁぁいっ!」と32兆回口走るような殺気だったダイエット日記を書くつもりはないんだってば。

「体重増ショック」ってのがあるので、お昼はさっぱりと済ませるコトに決定。そうなると、満腹感ありながらカロリー低め=ごはんが多いどんぶりもの、ということになり、自然と鉄火丼に手が伸びた。しかし、今日の鉄火丼のごはんは心なしか少ないような…抗議しようかとも思ったけど、「いや、これも神の啓示かもしれん」と信じてもいない神様を引っぱり出し、一人で納得した。

なーに、今日200グラム太ったんだったら、翌日400グラム痩せればいいんだ。これから先、宴会やらなんやら、たーくさんあるんだから、いちいちちょっと体重が増えたくらいでわーわー騒いでいてはいくら体があってももたない。トータル的に見て帳尻をあわせりゃ、オッケーでしょ。…なんて甘いコト考えるから、結局「帳尻」があわないまま、増加、増加と体重が展開されていったんだけど、さ。

夜。ありがたいことに、「おしゃけぇぇぇ」なんてワルい気もおきず、おとなしくご帰宅あそばした私。おとなしくご飯をいただく。

「昨日の増量分、なんとかリカバらないと」と、ノミのフンほどのささやかな気持ちで、ご飯のお茶碗への盛り加減を2割ほど、減らした。こんなので効果があるとは思えないが、まあいいかげん毎晩毎晩、「今日はお酒を飲まないんだから、ご飯大盛りでもいいでしょ」なんて甘えているワケにもいかん。

さて、まだこのページは公開のめどが立っていない状態なので、食後ずっとftpの設定をいじくり倒した。「隠し玉」として、別のftpソフトを導入してみたり、いろいろ試行錯誤してみるんだけど、やっぱりだめ。気がついたら、深夜4時をまわっていた。あっちゃーっ。

寝る前に体重計に乗ってみた。「夜更かししてれば、それだけカロリーを消費するんではなかろうかしらん」という御都合主義100点満点な発想からなんだが…98.6キロ。うっひゃ、乗るんじゃなかった。太ってるぅぅ。まあ、正式測量は起床後。まだ3時間ちょいと時間がある。その間にぐぐぐいと痩せてくれれば、問題は無いんだけど…無理だな、これは。そんな事考えること自体、馬鹿馬鹿しいや。あーあ、やってられん。寝よっと。

【01月30日(金曜日)】<98.0キロ>

昼食:牛肉となすの炒め物、ご飯、おみそ汁
夕食:豚肉ステーキパイナップル添え、ご飯、おみそ汁

さすがに、3時間ちょっとの睡眠時間は強烈だ。めざましが鳴って目が覚めたときは、この強烈なだるさに思わず笑い出してしまった。毎朝、「あっ、顔がむくれている」というファーストインプレッションで体重を予測してきたが、今朝はそれどころじゃない。もう、へらへら笑うしかない。

で、体重。98キロジャスト。おめでとうございます。…うーん、本当だったら、「よっしゃ」という事でこの文章でもhtmlを最大限活用して大袈裟にお祝いしたいところなんだけど、体のだるさに負けてしまい、とてもじゃないがそういう気分じゃなかった。残念。

考えてみると、昨日が98.4キロだったわけだから、実に一日で400グラムの減量を達成したことになる。ここ最近では最高の減量記録だ。やっぱ、お昼の鉄火丼が効いたのか?

この体重の意味するところ…なんて、会社に行く途中ぼんやりと考えていたんだけど、睡眠不足で頭がお馬鹿になっているため、「えっと、今の体重は…78キロ、ん、違うぞ、89キロだったっけ、あ、そうそう98キロ」なんて、まるで痴呆症なヒト状態。で、78キロなんていう夢のまた夢な勘違いをしちゃうので、現実の「98キロ」に気づいたとき、「なーんでぇ、ぜんぜん痩せてねーじゃん」なんてニヒルな気分になってしまった。しょせん、現実ってこんなもんだ。ダイエットに国境はない。アメリカンドリームもジャパニーズドリームもありゃしない。ここで一言。「ダイエットに王道なし」。お粗末。

私は他の人から「鶏食い」と言われるくらい、鶏をこよなく愛している。もう、この世の中に人類が人っ子一人居なくなったとしても、にわとりさえ居てくれればそれでマンゾクだ、って思うくらい鶏が好きだ(一部誇張含)。だから、食堂のメニューに「鶏の唐揚げ」があったときは、Pentium2-333MHzみたいに瞬時にして「これだっ!」と判断したんだけど、カロリーみて「やっぱりやめたッ!」。結局、おなかも納得、カロリーも納得という「牛肉となすの炒め物」を食べた。ふう、たったこれしきの事で疲れる。

なんか、ここ一週間で見たことのある豚肉が3度ほどでてきたような気がする。たぶん、食費を安くあげるためにまとめ買いしたんだろう。それがあまりまくってるのか?

ちなみに、寮の食堂における夕食の食費は350円。はっきりいって、驚異のお値段だ。一世代前の物価か刑務所の食事か、そのどっちかとしか考えられない値段だ。それをいままで私は「お酒飲むんだから欠食ぅー」なんて、無視してたんだからゼイタクの極みだ。ンで、毎晩2500円近くの宴会myselfをやっていたんだから、鼻血がでるほどリッチマンだったんだな、実は。

ようやくご飯をてんこ盛りにしなくても、精神的に納得できるようになってきた。ご飯の量をほんのわずかに少なくして「うふふ」と微笑む私。ナルシストだな、こりゃ。

【01月31日(土曜日)】<97.8キロ>

昼食:菓子パン3個、サプリ350ml
夕食:ビール大瓶3本、お刺身盛り合わせ、木綿豆腐一丁

さて、もう今日は長い前書きはいるまい。体重がすべてを物語っている。そう、97キロ突入なのだ。おめでとう、そしてありがとうなのです。自分で自分をほめてあげなくちゃ、いけない。

この一週間は「98キロの壁」と戦ってきたわけだけど、次は97キロのフィールドでの戦いとなる。一日だいたい200グラムの減量となっているから、最短で5日で96キロ代突入。だけど、絶対どこかで足踏みはあるから、実際のところは1週間で1キロ、ってところが妥当だろう。

お?この計画を鵜呑みにすれば、3月頭には94キロという計算になるのか。で、6月の中旬には念願の70キロ代突入と相成るワケだ。わはは、こりゃいいや。どこまでこの「無謀な計画」が先送りになっていくか、今から楽しみだ。・・・って、絶対にムリだってば。

近くのパン屋「まんてんパパ」でパンを買って食べる。店の名前がすばらしくファンキーだ。なにがどうまんてんなんだかさっぱりわからないあたり、不気味でもある。そういや、ここ最近よくパンを買ってるなあ・・・。俗に言う「焼きたてパン」を買ってるので、相当な出費だ。費用だけで考えれば、よっぽどコンビニでおむすびを買った方が安くつくんだけど・・・。

いつの間にか、「毎週土曜日はビールの日」に制定してしまっていた。ということで、制定されたモンには逆らえないなあ、とおつまみとビールを買ってきて一人酒盛りを始める。

用意したビールは、キリン「ブラウマイスター」。関東地区限定発売、しかも毎月最終金曜日のみの出荷という希少品だ。それだけに、味もいい。ついでに、お値段も結構いい値だ(大瓶:350円)。

今から考えると、ちょっと前までお酒のおつまみとしてコロッケやハンバーグをぱくついていたのが信じられない。あんな油っぽいの食べたら、すぐに吐いてしまいそうだ。

(つづく)

ソーシャルリンク