1998年03月第3週(03/15-03/21)

【03月15日(日曜日)】<93.4キロ>

朝食:さらさらトマト350ml、菓子パン1個
昼食:菓子パン2個
夕食:ビール1000ml、日本酒1.5合、鶏の唐揚げ、タラの芽の天ぷら、チーズとチキンの大葉まき、うなぎ、ご飯

体を動かした翌日は太る。これ、ここ最近のトレンドだ。だから、今朝の体重だって大して期待はしてないし、昨晩が昨晩だけにまあどういう値が出ても驚かないだけの心構えはしておいた。で、結果はご覧の通り。「なるほど」と納得。ちょっと前までは、やれ200グラム太った、瘠せたでお家取り潰しみたいな大騒ぎを演じていたが、ここ最近はある程度体重の予測ができるようになってきたので、太るという不本意な結果であっても「ふふ」と口元で笑うという高等テクニックが身についた。サトリの境地までそう遠くないかもしれない。

「まんてんパパ」でパンを購入。前回、1000円お釣りを間違えられるという許されざるトラブルを起こし、「まんてん」から「ゼロてん」にランクダウンさせられたお店なのだが、寮から一番近い食材購入場所として位置するため、しぶしぶお世話になった。ここらへんに意思の弱さがちらほらと見え隠れしてるなあ。

昨日のソフトボールの疲れがなかなか取れず、体がまともに動かない。みの虫みたいに、部屋の中でもぞもぞやっているうちに時間が過ぎていった。

お昼も、朝買ってきたパンの残りをいただく。「パン3個」とか以前は食べていたが、自粛した。これ、自分の意識改革でこうなったのではなく、外圧があったから。ダイエット日記の存在を察知した親兄弟から、「パンを一度に3個も食べるなんて病気だ」とさんざん言われてしまったからだ。だから、とりあえず2個。まあ、朝に1個食べているから、結果的には3個食べたワケなんすけどね。

ちなみに、僕の兄はこの「ダイエット!?日記」の事を、「デブ日記」と呼んでいた。し、失敬な!僕の兄はこの弟にしてこの兄ありか?と信じられないくらい、瘠せている。身長が兄弟ほぼ同じ程度なのに、体重差で30キロ近くあるんだから、不思議なもんだ。生体肝移植が今の医療ではできるんだから、生体脂肪移植ってできないもんですかねえ?

酒を飲む予定はなかったし、酒飲むタイミングでもなかった。でも、あまりにシチュエーションがそろいすぎていたというかなんというか…だああ、言えば言うほど言い訳がましくなってしまう。要するに、手元には昨日の懇親会で得たあまりモノのビールがあり、飲みかけの日本酒があったと。で、雑貨を買いに行ったスーパーでお惣菜が3品1000円セールをやっていたと。以上。この組み合わせが僕を虫食んだのです。ええ、それだけっす。

しっかし、久しぶりに油モノ系のおつまみでお酒を飲んだけど…濃いわなぁ。食べてて、憂うつになる味。というか、鶏のから揚げなんてパックを開封する前から「しまったなあ、買うんじゃなかったかなあ」というムードをむんむんと漂わせてる。よりによって、お惣菜3品ともに油モノだったので、気分が悪くなってしまった。数カ月前だと当たり前の光景だったけど、今は胃袋が受け付けなくなっている。まあ、量は比較的少量のパックだったからよかったのだけど…。

さあ、イってしまうときはとことんイってしまうのが僕の悪い癖というか男気というか。 ここでお約束の「蛇足」も登場なのである。じゃじゃーん。今晩は「うなぎ」なのだぁ。ご飯を用意して、買ってきたうなぎを乗っけてたれをかければホイ、鰻丼のでき上がり。ああ、幸せの一瞬…のはずが、さきほどまでの油モノ系でぐったりしている上にここ最近はほとんどやっていなかった「蛇足」をやろうとしているもんだから、体がぜんぜん乗り気じゃない。大脳皮質だけが「やっほー、盛り上がってるかいっ!」って一人ハッスルしている状態。それに全身が引きずられているわけだ。

結局、鰻丼はおいしく頂いた。でも、ゴムみたいに弾力がある皮をひきちぎりながら食べたうなぎは、敗者の味がした。ああ、明日はさらに太りそうだ。

【03月16日(月曜日)】<93.6キロ>

朝食:お赤飯おむすび、毎日骨太300ml
昼食:サツマイモの天ぷら3きれ、茄子の天ぷら2きれ、ツナサラダ、ご飯、おみそ汁
夕食:豚肉の生姜焼き、ほうれんそうとちりめんじゃこのあえもの、海草サラダ、ご飯、おみそ汁

太ったのである。朝おきた段階で、頭から腹にかけて「でろーん」とよどんだ感触。「あっ、むくんでる!」と即座に理解。これ、久しぶりの感触だ。まだ99キロとかで悶絶していたころの感触が今よみがえる。ということは太っているのに相違ないワケで。

案の定体重計に乗ってみると、ご覧の通りの結果になってしまった。93キロジャストという輝かしい記録は過去のものとなりにけり。この値まで戻すのにあと一週間はかかるのだろうか…。長い道程になりそうだ。

昔は、ご飯+牛乳という組み合わせが我慢できないヒトだったけど、今はぜんぜん抵抗がなくなってしまった。あの子どもの頃の純なキモチは一体どこへいってしまったんだろう。多分、小学校の時の学校給食のせいだろう。小学校の給食は、人の味覚を変える。

今週末は、ちょっとコンパの予定が入っているので1キロ増を見込んでいる。だから、土曜日朝の測定時までに92キロ代前半までには持っていきたいのだが、予定は未定、ってところだろうか。明日:火曜日は有給を取って一日ゆっくりとすごそうと考えているので、これはこれでダイエットが停滞しそうだし…。

まあ、「わっ、太ったぁ」って叫んでも、せいぜい93キロ代の中で収まるようになってきた。これはこれで大きな進歩。前向きに行こう、前向きに。あっ、そういえば「3月末までには80キロ代」って話はどこへいっちゃったんだっけ…。今の調子だと、4月末までには90キロとはおさらばできそうなムードだけど、さてさて。

さすがに太ってしまったことを深く反省し、今日も緊縮料理。というより、「いつも通りの食事」と呼んでもさしつかえないレベル。これ以上食事の量は減らせないし、増やす必要性も感じない量だ。とりあえず明日の朝は93.2キロを目指そう。

今朝、会社に行く途中魚の目利きの本を読んだ。いろいろなお魚の写真と旬の時期、鮮度の見分けかた、調理法などがずらりと書かれている本だ。せっかくの食事なんだから、「量が多い方が満腹になれて良い」という価値観から「いいものをちょびっとだけ」という発想に変換させなければならん、というワケだ。で、お魚についてあまりにも無知な自分だったので、せめてお魚をもうちょっと詳しく知っていてもいいんじゃないかと思い立ち、お魚の本を買った次第。あわせて、カクテルのレシピ集も買う。

やはり、お酒と食べ物に精通している人っつーのにあこがれる。デブで食べ物に詳しいっつーのも薄らさみしいものがあるが、瘠せてる人で詳しいってのは、僕の中ではそうとうイケてる部類に入る。だからこそ、詳しくなりたいのだ。いや、周りの人にカッコつけたいわけじゃなくって、自分自身の「懐刀」としての知識が欲しいに過ぎないんだけど。

で、1年ほど前日本酒とワインの勉強をしていた時期があったんだけど、中座してしまっている。日本酒の本なんか、どれを買っても清酒の種類の羅列ばっかりで、商品カタログみたい。だから、ぜんぜん知識にならない。だから、よっぽどワインの勉強をした方が面白いし奥が深い。日本酒だって本当は奥が深いのに…出版社ももうちょっと考えて本を発行してくれないかなあ。

話が脱線してしまうが、最近のワインブームっつーのにはつくづく嫌気がさす。芸能人なんかがしたり顔で「ふむ、このワインは…」って語り出すんだから。ワイン=かっちょええ飲み物、ステイタスとしての飲み物、ウンチクをひけらかすことができる飲み物という香りがぷんぷんしてる。ああいうの、逆にカッコ悪いと思うんだけどなあ。そんなこんなで、今がワインブームだからこそ、僕はワインの勉強は放置してあるのだ。なんか、便乗して尻馬にのっているっぽいのがヤだから。その間にビールとカクテルのお勉強をしよう。あ、あとお魚、ね。

翌朝、ちゃんと朝御飯を食べるというコトがわかっていると自然と夕食のご飯の盛り方もおだやかになる。「今空腹を解消しておかないと明日の昼までガマンすることになるんだぞ」という恐怖から解放されるからだ。しかし、僕にとっては相変わらずおかずが多いので、「ああ、ご飯もっと食べてぇ」という欲求は変わらないんだけど・・・。

とまあ、食事の量も特に問題なく少なかった。明日は93.2キロだ!そうだ!きっとそうだ!と、自分を鼓舞してみるけど、結構むなしいのでやめた。

【03月17日(火曜日)】<93.4キロ>

朝食:紀州梅おにぎり、毎日骨太300ml
夕食:発泡酒350ml、日本酒2.5合、春巻き3本、五目焼きそば少々、餃子4個、刺身のつま山盛り1杯

昨晩、あれだけ「明日は93.2キロじゃぁぁぁぁっ」とわめいていたので、ちっとは体の脂肪もビビって「うう、痩せないと何されるかわからんぞ」となるかと思ったんだけど・・・さすがおかでんの脂肪。それしきの気合いではまったく動じようとしなかった。まあ、敵ながらあっぱれ、というところか。ダテに24年間も体にまとわりついちゃいないや。

ソフトボールで不振だったのは体重が痩せたからだなんて、不倫がバレてかっとなって奥さんを殺した旦那よりも苦しい言い訳をしていたが、この体重になって変わったことがいくつかある。

一つは、足が組めるようになったということ。今までは太股が太かった関係で「足四の字固め」みたいな形の組みかたしかできなかった。それが、ここ最近は「なんとか普通の足の組みかた」まではいけるようになった。まだ、ちょっとエエカッコしようとして無理しているトコがあるんだけど、じきにスマートに足が組めるようになるでしょう。これ、一つの成果。

もう一つは、身のこなしがちょっとだけ軽くなったこと。走ってもすぐに息があがっていたのが、ちょっとだけ楽になった。走るのが苦にならなくなったのだ。まあ、これは「卵が先か、鶏が先か」という議論と同じで「走っているうちに痩せたから」なのか、「痩せたから走りやすくなった」のかはわからない。でも、ンなことはどっちでもよい。これで、朝あわてて駅に走る時も楽になった。あと1分余計に寝れる・・・かな?

それから、スーツのズボンがぶかぶかになりだした、というのも自己満足を満たすのには十分なでき事であった。僕の場合、既製品で体にあうサイズがないために全てのスーツはイージーオーダーとなっている。しかし、このイージーオーダーってのがかなりのクセモノ。仕立てた直後はぴったりフィットでも、ちょっとでも太ったり痩せたりするととたんに体にあわなくなってくるワケで・・・。で、一時はどのスーツもきつくて、階段登るときは腿の部分が突っ張って痛い、なんて事態に陥っていた。でもそんな話も今は昔、逆にぶかぶかになってきだしたのである。こうなると、これはこれで体に合わないワケでして。お尻の肉が落ちたからか、ズボンのすそがかかとまで垂れ下がるスーツが出現。時々くつで踏んづけてしまうので危ないったらありゃしない。このスーツ、そろそろメンテナンスしてもらわないといけないだろう。ダイエットとは、意外とお金がかかるものなのである。うれしい悲鳴。

今日は年休が取れたので、久々にくつろいだ。でも、朝はいつもと同じ時間に起き出して、もくもくとこの「ダイエット!?日記」をはじめとするメンテナンス。結局、会社で働く時間くらい自宅のパソコンとにらめっこしていた。あっ、お昼ご飯食べ損ねた。なんてこった・・・。

夕食の食材を目の前に、頭を抱えてしまった。またハメられたというか何というか。大型スーパーのトリックだ。うみゅ。いつもは帰宅途中の小さなスーパーでお酒のおつまみを購入する。お店が小さいゆえに、選択の余地はあまりない。で、「じゃあこれとこれを買おう」と結構あっけなくおつまみを決めることができるわけだ。しかし、時々こうして大型スーパーにおつまみをみつくろいに行くと、あまりに広いために何を買えばいいのかわからなくなってしまうのだ。結局お惣菜コーナーに行ってしまい、油っぽいものを買ってしまうというオチ。今回もご多分に漏れずそうなってしまった。わはは、もう笑ってごまかすしかないわなあ。

よりにもよって、そのスーパー、「明日は定休日だから・・・」とにこやかに店員さんがバンバン値引きのシールを貼っていく。「ああっ、100円びきだったのが150円ひきになった!半額以下だ!」なんてシチュエーションじゃ、手が勝手に動いてしまうのを誰が責めようか。結局、気がつくとべたべたと値引きシールを張ってあるパックをいくつか買い物かごに放りこんでいた。さらにタチが悪いことに、フランスパン一本もかごの中に・・・。おいおい、いつ食べるんだこんなもの。

このフランスパン、定価160円だったものが「100円引き」で60円だったのだ。フランスパン1本60円!そんなことが許されていいのだろうか、とその値札を見た瞬間くらくらキてしまった。天孫降臨だ。しかし、冷静になって考えてみてもこのパンを食べる機会って・・・今の食生活だと皆無に等しいんである。せいぜい、週末のお昼くらいか?「うむ、それまで保存が効くだろうか?」という一抹の不安がよぎったが、「効く、効くぅ」とパンが僕に訴えかけてやまなかったので、買い取る事にした。

とまあ、そんなこんなでまたもやぜいたく・高カロリーなおつまみが出そろって土俵入りをしてしまった。机の上をところせましと陣取って、「早く食べんかい」とこっちをにらんでいる。ああ、恐ろしい。まあ、今回はそれぞれの量が少なかったので許容範囲だとは思うんですけど・・・。

怒涛のお酒の後、体重計に乗ってみた。92.8キロだった。お酒飲む前とほとんど変わっていないではないか。らっきぃ・・・というより、奇跡だ。何があったのだろう。胃袋から食べ物が消えたぁ?まさか。食後にこの体重だとすれば、翌朝の正式計量時にはもっともっと痩せているに違いないワケで、こりゃめでたい。なんかダマされたような気もするけど、こういうダマされかただったら許してもいいかな、なんてぼんやりと思った。

【03月18日(水曜日)】<92.2キロ>

朝食:おかかおにぎり、フランスパンげんこつ大、毎日骨太300ml
昼食:カレー、ミモザサラダ
夕食:ビール1000ml、日本酒1.5合、とうふ一丁、あぶらあげ2枚、アメリカンドッグ1本、千両揚げ1個

朝、意識が現実の世界と夢の間を行ったり来たりしている時から「体重ナンボかなあ」ということを考えていた。夢うつつで体調を考えてみても、どうもこりゃ痩せている気配はしない。逆に太っているっぽい。うーん、そんなはずはないんだけどなあ・・・じりりりりり。目覚しが起床時間を告げた。

「太っていたら大笑いだよね、でもありえるだけに恐いなあ」なんてぶつぶつ独り言を言いながら、体重計に乗ってみた。すると、こちらの予測とは大いに反してk点超えの大ジャンプなのである。なんと、1.2キロ減!ふぇぇぇ、えらいこっちゃあ。こんな痩せる理由なんてあったっけ。喜ぶというよりも、恐縮しまくる僕であった。

確かに昨日はお昼を抜いた。それが痩せる引き金をひいたのであろうことは想像できる。でも、こんなに露骨に痩せるのかねえ?昨日はほとんど部屋に閉じこもっていたから、運動によるカロリー消費は最小限だし・・・。

そこではたと気がついた。「要するに、歩くだとか体動かすだとか、毎日あくせくやっていることはほとんど痩せるのに効果ないんだな」と。ありゃりゃ。一日部屋にこもっていても、痩せるもんは痩せるんだから。ありゃ、こうなると「池袋から歩いて帰ろう」や「一駅前から歩こう」企画は馬鹿みたいじゃないか。・・・ま、いっか。楽しくてやってるんだから。

どっちにせよ、いっきにこれだけ痩せたんだから、今週いっぱいは92キロ後半まで一度リバウンドして、そこから攻め直しという形になるのだろう。そのまま91キロ台突入!なんて小気味のイイことがあるわけはない。まあ、気長にせめていきましょう。とりあえず、先日宣言した「土曜日までには92キロ前半にする!」は実現できそうだし。

昨晩買ったフランスパンを活用しよう、ということで試しに朝食べてみた。うむ、飲み物がないと飲み込めない・・・。ふうふう言いながらなんとか咀嚼した。朝から大変である。

フランスパンというイレギュラーな食事が追加になったため、朝からおなかいっぱいになってしまった。おなかいっぱい、というよりも腹が張ってしまった、という表現が正しいか。あまりいい気分ではない。朝食抜きの時代がここ数年続いていただけに、朝からおなかが張っているのは不快以外の何物でもない。まあ、じきにこの認識も変わっていくのだろう。

今日は普段お昼ご飯としては使わない軽食系の社員食堂に足を運んだため、選択の余地があまりなかった。ラーメンは600kcal以上あるし、チャーハンやピラフもやっぱりカロリー高い。結局、カレーを選んだ。530kcal。これでサラダをつけて700kcal弱ってところか。朝、カロリーオーバーな食事をしてしまった上にお昼もちょっとカロリー超過ぎみ。ちょっと憂うつになってしまった。

スーツの上着を脱いで職場を歩いていたら、腰まわりを見て「痩せたねえ」と先輩が感心してくださった。ありがたき幸せ。今のところ、端的に痩せているのが腰まわりのようで、「痩せた」という人のほとんどが腹から腰にかけて視線を這わせている。

こっちの思惑としては、痩せる→顔が引き締まる→カッコいい人になる、という構図ができ上がっていたんだけどお手洗いの鏡で顔を見る限りでは、オッサンくさい顔はちっともマシになっていないようだ。やはり、この顔は太っている・痩せているに関係なく「生まれつき」のようだ。ちょっとがっかりだったりする。まあ、腹回りのダイエットが一段落ついたら、顔も痩せるだろう。その時はみてろよ・・・世間をアッといわせてやる、なんてことはちっとも思ってないです。いやほんとだってば。

池袋から歩いて帰った。おもっきし早足で歩いたので、45分で家に到着。新記録樹立だ。見たことか!これで、ここ数週間の夢がハタされた。ああ、もうあとはどうなってもいいいわぁ。ダイエットもどーでもええわぁ。(どさくさにまぎれて爆弾発言)

さて、今日という日になぜお酒を飲むのか?という疑問が沸いてくる。はっきりいって、イレギュラーだ。水曜日にお酒?何をナメた事を、というレベルの話だ。今朝があまりに痩せていたので、「ここで夕食をたべりゃ、また太るんだろうな・・・だったら今日もお酒飲んで、お酒ダイエットを心がければ今朝の体重が既成事実として定着するかもしれんぞなもし」と僕にしてはエラく複雑な発想なわけである。今日だけは、いつもの酒飲みのいいわけではないのである。

ただまあ、これで痩せたとしても栄養摂取せんで痩せるという事になるわけで、体にはよかろうはずがない。もうこんなことはやめよう。

【03月19日(木曜日)】<92.4キロ>

朝食:生芥子明太子おにぎり、野菜炒めセット(生野菜)、毎日骨太300ml
昼食:かきあげ1枚(小皿)、ご飯、おみそ汁
夕食:酢豚、ブロッコリーとカリフラワーのサラダ、ご飯、おみそ汁、ヨーグルト

昨晩と比べて、太った。根拠ない太りかただけど、まあお酒飲んで瘠せようという考えが甘かったということだろう。ダイエットに王道なし、かぁ。

左耳が気になって、食事どころじゃない。不祥おかでん、人生24年間で一番切ないキモチでモンモンとした時間を過ごす。何しろ、左耳の奥の方に綿が詰まっているのである。これが切なくないはずがない。「あー」と絶叫してみたり、遠心力で振りほどこうと首を高速回転させてみたり、果ては掃除機で吸い上げようとして耳が「きーん」とひどい耳鳴りになってみたり、なんもいいことなし。

結局有給休暇をとって、耳鼻科に行った。センセイに事情を説明すると、「ああそうですか」とそっけない態度。「なんだそんな事か」という顔なのだ。こっちは悶々として居ても立ってもいられないのに。で、その顔つきに違わずあっけなくピンセットであれだけ苦労しても取れなかった綿を引っ張り出してくれた。あら、簡単だこと。

これじゃナメられると妙な警戒感から、「最近耳を掻きすぎの傾向があって、ちょっと外耳炎になっているんじゃないかと・・・」なんていらんことを口走ってしまった。診断の結果、「外耳炎ですね。耳かきは2週間に一回程度に押さえてください」。結局、僕の最大の楽しみの一つである「耳かき」の自由を奪われてしまった。しまった、やぶへびだった。

朝食べた「野菜炒めセット」で胸焼けがしてたので、小食になった。生キャベツをばりばり食べるのは大いに結構なんだけど、この「野菜炒めセット」、名前の通り野菜炒め用の野菜が各種入っているんで・・・生もやし、とか生にんじんを大量に食べるはめになってしまったのだ。さすがに生もやしにはギブアップ。で、胸焼けと。毎日かかさずお昼にはサラダを食べているけど、今日はそんな気分にはとれもなれなかった。

帰宅途中、急に空腹になったので危なくコンビニで食べ物を買ってしまうところだった。コンビニで食べ物を買うということは、イコールお酒を飲むということに他ならないワケで、ピンチだった。間一髪その誘惑をすり抜けることができたけど、その代わりに夕食は自然とご飯が富士山のようにお茶碗からそびえ立ってしまった。やはり、お昼ご飯の量が少ないとこういうところで反動がくるのだな。

【03月20日(金曜日)】<93.0キロ>

朝食:梅ごのみおにぎり、毎日骨太300ml
昼食:中華風そうめん(小皿)、わかめサラダ、ご飯、おみそ汁
夕食:フランスパンげんこつ大1/2個
UTG:ビール大瓶1本、日本酒2合、カルビー堅揚ポテトチップス半袋、バタピー少々

留守番電話に、実家のお袋さんからの伝言が入っていた。「ダイエット日記、はじめて読ませてもらいました」だって。実家における「ダイエット日記」の流通ルートは、

1.おやじさんが会社のパソコンでブラウズ。画面を印刷する。
2.印刷したものを家に持ち帰り、お袋さんが読む。

という構造。で、今までは体重折れ線グラフだけが流通していた。「おお、おやじさんも気をきかせてくれて、お袋さんが卒倒するような食生活をつづった日記のほうは流通させてないのだな」とおやじさんのその心配りに陰ながら感謝していたのだが・・・あっれぇ、そのまんま日記まで流通しちゃったのぉ?

お袋さんいわく、「あれじゃ瘠せるはずが無い、飲みすぎ、食べ過ぎだ、油モノを控えろ、お昼からなすの天ぷらはひどい」等々まあしゃべるしゃべる。遠い地に住む息子の現状を一気に把握したとたん、鬼の首をとったような喜びようだ。

「なすの天ぷら」だって、ちゃんとカロリーを計算した上で食べたものであって、決して「脂っこいからカロリー高い」という公式に当てはまらないようにしてあるんですけどねえ・・・と、インターネット上で親に反論してみたりする。すんません、私的な反論で。

さて、今朝の体重。大増量、なのである。年度末決算なので大バーゲン大増量、なのである。こんなに太るいわれはなーい。カンカンになって怒ってみても、さて八つ当たりする相手がいない。仕方がないので、体重計にプリントされたミッキーマウスに「このねずみ野郎」としごくまっとうな悪態をつく始末。今日は朝からバイオレンスなのである。

夕食のご飯の盛りかたに全て原因をひっかぶせる事は可能だけど、それを補うだけの運動は昨日はした。耳鼻咽喉科探しに1時間かけててくてくと歩き回ったりしたし・・・。で、この仕打ちなのである。理解不能だ。

まあ、こうなったら「翌朝になりゃすっと瘠せるさ」という楽観的日和見主義を貫くしかない。しゃーないわなあ。こういうサトリの境地がなくちゃ、ダイエットなんてやってられまへん。シムシティじゃなくて、シムダイエットをやるくらいのキモチで、ね。

昨日食べた「生辛子明太子おにぎり」の意味が理解できずに苦悩していたんだけど、ようやく1日経過してわかった。そうか!「生辛子・明太子」じゃないんだ。「生・辛子明太子」だったんだ!「生のカラシって一体なんだろう?」って悩んでいた僕が馬鹿だった。

昼ご飯としてビーフンかと思ってセレクトしてみた料理は、実は麺がそうめんという食べ物だった。ということで、とりあえず「中華風そうめん」と勝手に命名。困った時は「●●風」に限る。

同じ職場の人に「ズボンにしわが寄っているネ」と指摘された。ズボンの腹周りがユルくなってきているのを、無理矢理ベルトで締め上げているからしわが寄ってしまったのだ。そういう指摘ってのはすごくうれしいんだけど、そろそろ真剣にスーツ類の見直しをしないとイケナイのかもしれない。ちなみに「しわが寄っている」と指摘した人は、「体にズボンあわせるようにするんじゃなくて、ズボンに体あわせなくちゃ・・・もっと太らないとダメだよ」なんて言ってた。

メールで、「明日のコンパはどうなんの?」という話題が持ちきり。何しろ、幹事が出張で不在のため、どのお店で何をやるのか、っつーのが前日になってもまだ決まっていないというありさまだからだ。結局、帰宅した後打ち合わせの場・・・要するに宴会・・・を開くこととなった。今週はえらく飲む機会が多い。

さて、人様と一緒にお酒を飲むとなるとおつまみ選びがムツカシい。いままでのように「宴会myself」の時は油揚げとか冷や奴とか食べていればそれで済んだが、さすがに数人で油揚げを「うまいうまい」と食べる図を想像したときはぞっとした。それだけはいやだ。とりあえず、ポテトチップスとバターピーナッツをチョイス。このバタピー、一袋100グラムで500kcal以上あることを知り、恐怖におののいてしまった。

打ち合わせをする相手の帰宅が遅い、という話は聞いていたので、ちょっとだけ腹ごしらえ。空腹状態でいきなりお酒に突入すると、ヤバそうなので控えたのだ。

それにしても、12時になっても相手は来ない。一体何をやっているんだ?ひょっとして、バックレられたのだろうか。こうなると、買い込んであるおつまみとビールの所在が気になる。体重計に乗って、「うーん、この体重だからなあ・・・このまま何も食べないで寝ちゃえば、明日は確実に痩せるよなあ・・・」なんて首をひねりながらどうしようどうしようと考える。結局、圧倒的多数で「ええい、このまま寝ちゃえ!」法案が可決された時、「お待たせー」と相手がやってきた。がくっ。 「お風呂上がりにビール飲みたくって・・・風呂はいってた。」なるほど。

結局、朝5時近くまでもう1名を交えて議論した。「湯上がりビール野郎」は、ビール1リットル空にした後日本酒を2合近く飲んで、「まだ飲み足りないねえ」なんて豪語していた。僕と一緒にお酒を飲んで、僕よりも多く飲んだ人を見たのは初めて。なおかつ、「飲み足りない」と宣言する人も初めてだ。普通、僕は余るくらいお酒を用意して、「ほらほら余ったら困るでしょ?」って無理矢理相手に飲ませるパターンをとっているので、こういう発言はあり得なかったのだ。「湯上がりビール野郎」が単に強かった、という事もあるのだろうが、僕のお酒摂取量が減った事を如実に語るでき事なのかもしれない。

【03月21日(土曜日)】<92.0キロ>

朝食:めんたいこマヨネーズおにぎり、毎日骨太300ml
UTG1:ビール1000ml、モスコミュール1杯、フライドポテト少々
UTG2:ブラッディマリー他カクテル2品、野菜スティック数本、チーズ盛り合わせ少々、サラミ盛り合わせ少々
夕食:松屋牛焼き肉定食、生野菜
夜食:ブルガリアヨーグルト、農協Ca低脂肪牛乳500ml

さすがに体重が下がった。そりゃまあそうだろう、昨晩はまともに食事してなかったから。でも、食事をしないで痩せるというのは当然。この後、食事をすることになるわけだけどそこで一気に体重が「ふっかつのじゅもん」状態によみがえり、「あーあ」となってしまうのは目に見えている。だから、単純に今朝の体重を見てはしゃぐのはやめよう。

・・・と、だんだん人生斜に構えてモノを考えるようになってきた。ボクをこんなにしてしまった体重がにくいです。なーんて。

それにしてもおにぎりの種類のなんと多いことよ。朝食を食べるようになって以来、一度たりとも同じおにぎりを食べていない気がする。一つのコンビニにお世話になりっきりでさえ、こうなんだから「コンビニ行脚」なんてはじめたら、一年間ずっと違うおにぎりを食べることが可能かもしれない。どこか探せば、「かにクリームおにぎり」とか、「大福おにぎり」とかあるかもしれない。

カラオケ3時間やり倒した。いきなり1次会の段階でカラオケ、というのにはちょっとマイッタ。カラオケっつーのは、お酒を飲んだ後にやるモンだという認識があったからだ。飲むか歌うかしゃべるかどっちかにせい!って僕は思うんスけど、そういう発想って間違ってるのかねえ。

そういえば、一時しゃぶしゃぶ食べ放題とカラオケがセットになっているお店が流行ったっけ。ああいうのを見て「食べるか歌うかどっちかにしろ!」なんて思ったけど、流行ったって事は「食べたいし、歌いたいーっ!」って人が多かったのだろう。食べカスをまき散らしながら歌うのか?鬼は外、みたいに。

カラオケの後、バーに行った。デパートの屋上にバーがある、という段階で妙な話だ。普通、こういうのってのはホテルの最上階だったりするわけで、デパートってのは初めて。それ故に、屋上ビアガーデン入り口の横の階段を使ってバーに入るというちょっとだけお間抜けな構図だった。

で、どうだったか?さすがデパート。10時に閉店するっつーことで、9時40分くらいにはラストオーダーを聞きにきた。バーで10時に閉店する、なんて初耳だ。朝までやってるモンじゃないのか、こういうのってば。ただ、このお店はカクテルを注文するとカクテルの由来と材料が書かれた名刺大のカードをくれた。なかなか気の利いたサービスだ。

バーに行ったあとに松屋で食事ってのはどうも抜けた展開だけど、なんせ朝からロクなものを食べていないので、ここらへんで食べておかないとからだが持たない。定食にはサラダがついているにもかかわらず、追加で単品のサラダを注文して食べる。うん、やっぱりサラダはうまい。となりのヤツは、豚生姜焼き定食を食べ終わったあとに「なんか足りないなあ、もう一回食べてもいいか?」なんて言い出して、牛焼き肉定食をまた注文していた。すんばらしいたべっぷりだ。ちょっとうらやましかったりする。

外は雨だった。傘が無いのに、「よし、今日の反省会をかねて歩いて寮まで帰るぞ」なんて事になった。僕一人が早歩きで歩いても45分かかる距離。3人がおしゃべりしながら歩いたら、何分かかることか。でも、それを知っていながら「なーに、45分でつくから」なんてうそをつく僕は鬼畜と呼ばれても仕方あるまい。だって、歩きたい気分だったんだから。

結局、1時間半近く時間をかけて、帰宅。いい運動になった。一緒に歩いた連中は「寒い寒い」と体をすぼめていたけど・・・。

ホントは、「飲み足りない」と昨日の「湯上がりビール野郎」がこぼしていたので、帰宅後また宴会の場を設ける話だった。でも、いざ1時間近く歩いてみると、僕の胃袋が「すんません、満席ですぅ」と言い出した。「相席はいいか?」と聞いても、「ダメダメ、お酒は入れません。食べ物だったらなんとか」なんて首を横に振っている。

なんか、無性に腹が空いているのである。いや、「ぐぅー、おなかへったぁ」というレベルじゃなくて、「ああ、なんか食べたらさっぱり(?)するなあ」という感覚。こういうシチュエーションが一番危ないんで、ついつい食べ過ぎちゃうのである。過去に何度こいつにハメられたことか。

コンビニのカップラーメン売り場で墓石のように固まってしまった僕。カップラーメン食べたい、でも食べたら確実に太る、嗚呼僕はどうすればいいのか、と苦悩しているからだ。この瞬間、僕は「生きるべきか、死ぬべきかそれが問題だ」というシェイクスピアの名言の苦悩を越えたと断言できる。

「どうしたの?」と聞かれたので、「いやあ、カップラーメン買おうか買わないでおこうか、悩んでいるんだ。この悩みだけで、『ダイエット!?日記』を20行くらい書けるくらい悩んでるんだ」と答えた。しかし、いざ日記を書く段になって「20行は面倒だな」と思ったので、この日記は超短縮バージョンでみなさまにお届けしております。あしからず。

で、カップラーメンは1個買った。明日のお昼用・・・と思って買ったんだけど、きっと今晩中に消費しちゃうんだろう・・・という、ネガティブな買い方。でも、結局食べないでガマンできた。神の奇跡か、まだダイエットのカミサマは僕を見捨ててはいなかったようだ。

(つづく)

ソーシャルリンク