1998年03月第4週(03/22-03/28)

【03月22日(日曜日)】<92.6キロ>

朝食:フランスパンにぎりこぶし大2個
昼食:サッポロ一番塩ラーメン
夕食:メンチカツ2個、ほうれんそうのおひたし、??、ご飯、おみそ汁

なーんか中途半端なのだ。ご飯食べたような、食べなかったような、太ったような、太らなかったような、寝たりたような、睡眠不足なような。日曜日の朝だというのに、なんと生煮えな事よ。要するに、「ぬおお」とバカ食いはしなかったけど、かといって食事を控えたというワケでもないという事なのだろう。勝ち負けで言うなら、「引き分け」ってところだろう。30分フルタイムドロー。でも、その後に残ったのは「ナイスファイト!」という爽快感ではなく、「どっちかにしろ日和見主義野郎」という罵声であった。

とにかく、フランスパンをやっつけないことには始まらない。60円で購入してはや5日。そろそろいい感じに熟成がされてきているはずだ。いつ腐ってもおかしくない状態なのである。これ以上猶予を与えると、パンがつけあがるに違いないので「そうはいかせないぞ、コラぁ」と口汚なくパンをはずかしめながら平らげてやった。やはり、中学生がナイフで殺人をする時代なんだからこれくらいの厳しい態度で生きていかないとだめでしょう。

総じてサッポロ一番のカップラーメンはおいしいと思う。ひょっとすると、日清よりもおいしいかもしれない。少なくともエースコックよりかはおいしいと断言できる。でも、いまいちマイナーなイメージがぬぐいされないのは、あのCMのせいなんだろうなあ。数多くのCMの中でも、「イケてないCMランキング」を実施したら必ず上位入賞を果たすであろう、あのCM。「ほのぼのして良い」かもしれないけど、少なくともワカモノにはウケないだろうなあ。あと、カップラーメンの容器のカッコ悪さ、ってのも光ってます。カップラーメンなんて食べるのはワカモノ中心なんだから、あんなにシブいデザインじゃ、だめじゃないのかぁ?

これを書いているのが火曜日。すんません、マシンクラッシュでパソコンが使えない状態に陥ってしまいまして。。。だから、日曜日の夕食に何を食べたのかあまり印象がないんです。

夕食・・・。なにしろ、メンチカツが2個で、でーんと鎮座しちまった日にゃアナタ、たまりません。後でご飯の盛りかたを後悔しちゃうくらい、満腹になってしまった。そっちの印象が強くて強くて、サイドディッシュなんてすっかり上の空で食べてしまった。

今日の教訓:食べ物を粗末にしないようにしよう。

夕食後、パソコンのAGPまわりをいじっていたら、モニタ解像度が低くなったまま戻らなくなってしまった。あちこちのドライバがメモリ領域争奪大会をおっぱじめたらしく、オーナーである僕が「やめい、やめい!」と仲裁してもいっこうに直らない。システムのプロパティでどんどん「こりゃあかん」という「!」マークが増えていく。仕方がないので、Windowsを上書きして争奪合戦に水を差そうとしたんだけど、これがさらに悪化。まともに動かなくなってしまった。

「こりゃフォーマットし直して再インストールかぁ」とあきらめて、必要なファイルをMOに待避させようとしたら・・・クリップボードまで使えなくなってる。唯一、「フロッピーディスクに待避」というコマンドが使えたので、フロッピーに収まる範囲でファイルを待避。結局、大半の「重要な」ファイルが紛失してしまった。ああ、僕の大切なえっちな画像が・・・(笑)。

でもまあ、「ダイエット日記」だけは確保できたので、良しとしなければいかんなあ。これが消えてしまったら、発狂するかもしれん。

結局、朝5時までかかって復旧作業。それでも全体の5割も復旧できず、いったん打ち止め。これ以上やったら、月曜日の仕事に支障が出る。疲労困ぱいして、寝床についた。

【03月23日(月曜日)】<92.4キロ>

朝食:シーチキンおにぎり、毎日骨太300ml
昼食:シチュー(小皿)、シーチキンサラダ、ご飯、おみそ汁
夕食:ビール少々、おつまみほんの少し
夜食:チキンカツ弁当、カルピスクリア300ml

寝返りを打つ時にちょっとだけ目が覚めかかった。寝返り完了後、「さあ、本格的に寝るぞ」と夢うつつの中考えていたら・・・じりりりり。タイムリミットだった。えっ、もう起床時間なんだ。

体重は「まあこんなもんでしょう」という値。そろそろ92キロ台の体重がこなれてきだした。今週中には91キロ台に突入しそうな予感。週明けとしてはなかなかヨロシイ値なのではないかな。

朝食を用意してなかったので、出勤途中コンビニに寄って買った。池袋駅の構内で電車を待ちながらもそもそと食べる。「ああ、かっこわりぃなあ」と思いながら・・・ほら、朝にホームでコンビニの袋片手にもそもそと何やら食べているサラリーマン、よくいるけどあれって相当さみしいものがあるじゃないですか。ああいう存在に自分がなっちまったというのが何かしらむなしいというかこそばゆいというか。

僕は今日付けで異動、と相成った。といっても、直線距離で5メートル程度の移動で済むような異動だった。部署名は変わったけど、これじゃほとんど実感はないに等しい。

・・・なんて、のんきなことを考えていたら「実感」をいやというほど思い知らされた。机をあっちひきずってこっちひきずって、パソコン抱えてワンツーワンツー、「えっ、この書類どうすんの?」。相当体力を使った。これも痩せるためならえーんやこーら、とまるで演歌な世界で体を動かした。

案外この日記って固定読者がいるんだな、ということをここ最近になって知った。もちろん、このページの存在自体がマイナーだから、認知してる人ってのは限られてる。大体僕の知り合い半径数人程度。しかし、「あのダイエット日記、あれからちょくちょく目を通してるよ」なんて言われるから不思議だ。こう言われた場合、こっちも「ありがとうございます」と頭を下げるべきなのか、「僕生活をあんまり見ないで、えっちぃ」って恥ずかしがるべきなのか?中には、「俺の事を日記に出してくれぇ」なんて自己PRしてくる輩まで現れる始末で、世紀末を感じさせる。なんのこっちゃ。

午後8時半まで、商事会社の人と勉強会。新規ビジネスの模索だそうな。しかし、席上で僕の胃袋が「ぐぅぅぅぅ」と鳴り出してさあ大変。一回くらいならまだご愛敬だが、時間にして5秒前後もの長いヤツを何発もおみまいするんだからたちが悪い。しかも、音がえらく大きい。「みてみて!僕を見て!」って叫んでいるようだ。以前から僕の胃袋はさまざまな主張を繰り広げてきたが、ここまで激しいのは初めてだ。春闘シーズンだからだろうか?

どうも室内に響き渡る音なのでなんとか押え込みたい。ということで「上着のボタンをきっちりしめて、防音効果をねらう」だとか「体をよじって、胃袋を押え込む」「大きく息を吸い込んで飲み込み、胃袋を膨らませる」等々様々な子供だまし的対策を打ったが、すべてが逆効果になってしまった。結局、5分くらい胃袋の大合唱が展開されて終息をみた。いつか絶対に胃袋に仕返しをしてやらなければなるまい。鉄拳制裁だ。

勉強会後、軽く飲んだ。メンツは5人だったんだけど、座席の位置が僕だけ飛び出た形(6人がけの向かい合わせの席で、自分だけ対面の人がいない状態)だったため、おつまみの位置が遠いという悲劇。ほとんどおつまみを食べなかった。まあ、これはこれでいいかもしれない。

・・・と思ったら、ぜんぜんよくなかった。やっぱり胃袋はだませない。「おなかすいたぁ」とまた文句を言い出してきたのだ。確かに、胃袋の主張もごもっともなので、午後11時すぎにもかかわらずコンビニに寄り道。買い物かご片手に大悩みして夜食をピックアップ。

えっ、さんざん悩んだわりにはなんだこの弁当は!って?うーん、誘惑に勝てませんでした。負けっす。カロリーにして、1000kcalの大台。まあ、こういう形で夜食を食べる機会ってのは決して多くないんだし、ここ最近コンビニのお弁当を買う機会も減ってるし、たまの事なんだらいーんじゃないの、っていうのが本日の言い訳に採用された。池袋から歩いて帰った、というのも大きな言い訳材料になったし。

帰宅してすぐに体重計測してみると、91.8キロだった。さすがだ!ついに「瞬間最大風速」とはいえ、91キロ台をマークするところまできたのか!と感動。しかし、感動した瞬間ぎくりとしてしまった。そーっと、足元のコンビニ袋に目をやる。「チキンカツ弁当ってカロリー高いよねえ・・・」。カップラーメンと違い、こういうナマモノはその日のうちに処分しないとマズいので食べざるを得ない。「嗚呼愛し91.8キロよさらば」と涙を流しながら、「うまいうまい」とお弁当を食べる僕であった。

【03月24日(火曜日)】<92.2キロ>

朝食:葉わさびおにぎり、カルピスクリア200ml
昼食:五目煮、たまごサラダ、ご飯、おみそ汁
送別会:ビール、ワイン、レモンサワー、おつまみ各種

ぶっちゃけた話、今日の体重は92.3キロあたりが正解。でも、200グラムまでしか測定できないデジタル体重計なので、92.4キロと92.2キロの間をいったーりきたーりしていたのだ。その「どっちにしようかな、やっぱり92.2キロの方がうれしいんだろうな、この人は」という人を弄んでいるような数値のブレが納得いかんかったので、「ええい問答無用じゃ、自分に都合の良い数値を採用じゃ」と独裁者の冷酷さで宣告してやった。その瞬間、公式記録は92.2キロと決定された。

初めて「しっとり海苔おにぎり」を食べた。結論から先に言うと「むむ。むむむ?」なのである。良いとも悪いとも言えない、奇妙な感覚。

どっちかといえば、ぱりぱりの海苔の方が好きだ。でも、あまりにぱりぱりしているために海苔の破片がぱらぱらと下にこぼれおちるのがイヤなのと、「どうだ、ぱりぱりだぞ」と自信満々なその態度にちょと反発しちゃうのとで、減点要素もある。その点、「しっとり」の方は「お世話になります」というつつましやかさがあり、ぱりぱり海苔の欠点を十分におぎなってくれているので好感が持てる。

しかし!食べおわった直後の感想はそうかもしれないが、しばらくして「あ、やっぱりしっとり海苔はいかんなあ」と気づいた。なぜか。海苔が歯やらくちびるに張り付いてしまっていることにぜんぜんきづかなったから。おかげで恥ずかしい思いをしちまったい。おそるべし、しっとり海苔!

五目煮、カロリー(230kcal程度)の割には量が多いな、やっぱり野菜ばかりだとカロリー低いのかなと感心していたら、食べてびっくりその容量の半分以上がこんにゃくだった。こりゃカロリー低いわけだ。ぎんなんのおいしさに救われたが、ちょとだけストレスたまる内容だった。

あえてカロリーだけでいえば、「白身魚の照焼き」というアイテムがさらに上をいく低カロリー路線だったのだけど、これを選んでしまうと勝ち負けで言うと負けに違いないと思ったのでやめておいた。量が少なすぎるからだ。量が少なけりゃ、カロリー低いのは当然なワケで。。。そこいらへんのバランスが難しい。ダイエットをはじめて4カ月目だが、まだこの極意がつかめていない。

職場が変わったといっても、たった数メートル。しかし、それはそれとして「送別会」なるものが開催されるのである。先週までいたグループの課長以下5名が僕を「送別」してくださった。ありがたやありがたや。

結局、池袋駅到着時点で終電が無くなってしまった。これが普通の体状況ならば「よし歩いてかえるか」なんだけど、なにしろこの時は千鳥足がちと入っていたため、「駄目だぁ、たくしぃ!」と相成った。社会人になってつくづく感心したのが、「駄目なときゃタクシー」という事ができるということだった。学生の頃と違い、ある程度お金は持っているので「えいタクシーだ」と軽い気持ちで乗れる。学生のときだったら、「乗らないとしばくぞコラ」と恐いおっちゃんにどやしつけられたりしない限りは乗らなかった。そもそも、タクシーに乗る、という概念が欠如していた。「タクシー=ブルジョアの乗り物」みたいな印象が強くて。

で、乗りましたタクシー。池袋から歩いて帰宅する事がある関係上、道は詳しい。「こっちが酔ってると思って大回りなんてしてみろ、ただじゃすまさんよ」と目をがぁっとひん剥いて運転手を威嚇しておいた。

その成果あったのか、タクシーはしごく妥当なルートを通って寮のそばまで乗り付けてくれた。本当はいつも徒歩で使っている最短の裏道を経由させたかったんだけど、ろれつが回っていない状態でンなトリッキーな説明する自信がなかったので、やめた。

そもそもつまらんプライドが高い僕は、行き先を運転手に告げた時にろれつが回ってなかったという事実に深く傷ついていたところだった。「しまった、運転手に酔っ払いと思われてしまった」と。まあそれは事実なんだけど・・・できれば、「仕事が忙しくって終電なくなるまで会社にいたモンで、タクシー使わせてもらいますわぁ」的ニュアンスでタクシーに乗り込みたかったんだけどなあ。

自分の部屋に戻ったところまでは覚えているけど、その後はまったく記憶に無し。こゆい霧がかかってしまっている。ということで、今日の日記はこれにておしまい。

【03月25日(水曜日)】<91.8キロ>

朝食:広東風肉味噌おにぎり、毎日骨太300ml
水分補給:さらさらトマト350ml
昼食:鶏肉の唐揚げおろし大根、ポテトサラダ、ご飯、おみそ汁
夕食:鶏もも肉の炒め物、たけのことわかめの煮物、ご飯、おみそ汁、キウイ

ふと目を覚ますと、妙に部屋が明るい。「あれ」と思って目を開けると、部屋の電気がつきっぱなしになっていた。道理で明るいはずだ・・・いやちょっとまて。窓の外も相当明るいぞ。明るすぎる。あわてて時計を見ると、9時15分だった。あっちゃー、大遅刻なのだ。初めての朝寝坊。やってもうたとはこのことだ。昨晩はそのまま寝ちゃったので、目覚しをセットしなかったらしい。

あわてて会社に電話して、「今起きましたぁ」となんとも情けない報告をした。声ががらがらだ。昨晩カラオケで歌いすぎたか?

この朝寝坊、びっくりするというよりはあぜんとしてしまった印象が強い。鳴らなかった目覚しをぼけっと見つめ「あぁぁ」と意味不明の嘆息。昨晩、送別会の席上で課長から「遅刻だけはしないように」とはなむけの言葉をいただいたばかりだから、笑い話としては上でき。でも、まさか現実にこうなってしまうとただただあぜんとするしかない。社会人になって初の寝坊なのであるからまああぜんとするのもわからんでもないが・・・。

ひょっとすると、あぜんとしてしまったのは、お酒で体力を消耗しきってしまい驚くだけの元気もなかったからなのかもしれない。それはそれで間抜けではある。

だから、体重計が初の91キロ台突入を高らかに宣言しても、「さて何分の電車にのろうか」「会社に到着するのは何時になるだろうか」という事ばっかり考えていたため、それどころじゃなかった。

よりによってこういう日に限って濃いおにぎりを食べるはめになってしまうとは。胃にもたれそうな気配。飲み物でいっきに流し込んでおいた。

喉が渇いて仕方がなかったので、通勤途中にトマトジュースを購入、一気に飲み干した。お酒飲んだ後は、トマトジュースを飲むのが一番だ。しかし、まだ喉が渇いているのにはまいった。

会社に到着したら「大物だねえ」と冷やかされてしまった。うーん、まったくもって情けない限りだ。恐縮しまくりで体重が激減しそうだ。実際は体重激減なんて有り得ないんですけど。

ミネラルウォーターを買ってきて、500ml一気に飲み干した。これでようやく喉の渇きは打ち止め。僕の体がこの数時間の間に一気に水タンクになってしまった。考えてみると、1150mlもの水分・・・要するに1.15キロ体重増加・・・なワケだ。これだけの水分補給をして、ようやく「ふう落ち着いた」って言ってるんだから、よっぽど脱水状態だったのかもしれない。となると、今朝の体重ってのは「おかでんー本来体に必要なはずの水分」の体重なのか?なるほど、そう考えると合点がいく。昨日あれだけ飲み食いしたのに痩せるっつーのはふにおちないとは思っていたのだ。まあ、その真実は明日の体重測定ではっきりすることだろう。白黒つけなくてはいかん。

鳥のから揚げなんてお昼に食べるのはいつ以来だろう。カロリーを考えるようになってから敬遠しだしたので、数カ月ぶりだと思う。今回なぜピックアップしたのかというと、カロリーが377kcalと思ったより高くなかったからである。それでも通常のお昼ご飯は250kcal程度の皿を選んでいるので、相当高いといわれてしまえばそれまで。まあ、鳥肉の栄養分を体に供給させるべきかな、と栄養学的な視点で選んだというわけ(注:おかでんは栄養学の知識はノミの脳みそほども持ち合わせておりません)。案の定、食べてみて「失敗だったっ!」というオチがついてしまった。深酒した翌日のお昼に油ものはまずかった。

食事中、「いやあおかでんくんきれいに食べるねえ」と、何も残っていない皿を見て上司が感心していた。「親にこういうしつけをされてましたんで・・・」と説明したが、「俺なんてカロリー気になるから『あ、これ以上食べるとカロリーオーバーだな』って思ったらそこで食べられなくなっちゃうんだ、だから食い散らかした状態で残しちゃう」とのこと。この際、どっちが賢いのだろうか。きれいに食べるというのはマナーとして正しいとは思うが、カロリーを気にするのであれば食べ残すのが正解のような気もする。ただ、まあ僕はやっぱり残さず食べる方を選ぶだろうけど。

一時、「水分補給しておしっこたくさん出して、それで体をすっきりさせて痩せよう」という「風が吹けば桶屋が儲かる」方式の事を考えて実践していた時期があったっけ。でも、結局こっちの思惑通りにはいかず体重に変化なしという結果に終わった。今日もまたしかり。あれだけ水を飲んだ割にはおしっこが少ないような気がする。ということは、水飲んだだけ太っているというワケだ。ホントに水タンクと化しつつあるような・・・大丈夫か?いや、それよりも何よりも、「ひょっとして腎臓がイカれてしまったのかもしれない」なんて考えだすともう止まらない。

なんて考えつつ仕事の打ち合わせに出かけたら、その相手先が「コーヒーの代わりに水だしますんで」と仰った。水?あの、蛇口をひねれば出てくる水?冗談かと思ったら、ホントに水が出てきてびっくり仰天。ミネラルウォーターの500mlペットボトルと紙コップがそれぞれの卓上に置かれたのである。なるほど、こういう「おもてなし」もアリだなあ、とオドロキから感心に変わるのにそう時間はかからなかった。そっけないけど、でもなんかオシャレっぽい(オシャレだ、と断言できないあたりに僕の動揺が見え隠れしている)。それにしても、「たかが水」がおもてなしとして成り立つご時世になったんだから世の中不思議なもんだ。

ということで、おいしくミネラルウォーターを頂いた。しかし、よりにもよって出てきたのが朝飲んだ水と寸分違わないボルヴィックだったのにはちょっとまいった。ついでに言うなら、貧乏性ゆえに500mlを打ち合わせ中に全部飲んでしまい、よけい腹がだぶんだぶん鳴るようになってしまった、というのも静かに哀しい事であった。

夕食後、体重計に乗ってみると驚いたことに93.6キロも体重があった。半日で1.8キロ太った計算になる!どうやったらこんなに太れるのだろう。いや、「どうやったら」なんてわかりきってることなんだから訂正だ、どうしてこんなに太ったのだろう。

以前、「空気をすえば太る」なんて冗談めかして言ってた時期があった(3月上旬)けど、それから月日は過ぎて今は「水を飲めば太る」体質になってしまったのかもしれない。水中にすんでいる魚でさえ不可能な事を可能にした??

どう考えても明朝の正式計量まで1.8キロ痩せることは不可能。せいぜい92.6キロが関の山だろう。嗚呼、これまでの努力がわけのわからん理由で踏みにじられるのねん。非常に残念だ。

残念ついでに、以前買ったまま転がしてあったカップラーメンの大盛りを発見。「うう、食べたい!」という欲望が噴出。表面のビニールコーティングを剥ぐ段階までいってしまったが、「いや、やっぱ食べれないわぁ」と断念。危ないところだった。絶望が、大食いを招く。そして、一歩前進がさらなる食事制限を導く。名言だな。メモっとこう。

ようやくパソコンが最低限のアプリケーションを使えるようになったので、ダイエット日記を3日ぶりに更新しようとftpにつなげようとした。・・・busyだそうな。しまった、気が付いたらテレホーダイタイムではないか。何回トライしてもbusyは解消されず。失意のまま時間稼ぎにパソコンセットアップを継続させていたら、またもやマシンクラッシュ。どうなってんだ、これぇ!?

結局、日記はぜんぜん更新されないどころか、パソコンそのものがおじゃんになってしまったので再再再再・・・ええっと、今週にはいってから何度めだ?のセットアップをやるはめに。あほくさ。結局Windows95のみ復旧させ、疲れ果てて寝る。

【03月26日(木曜日)】<92.6キロ>

朝食:お赤飯おにぎり、毎日きれい300ml
昼食:コロッケ1個、中華風サラダ、ご飯、おみそ汁
夜食:カップラーメン大盛り1個、鮭おにぎり、毎日骨太300ml

あまりにもぴったりと予言どおりの数値だったので、面白くない。昨晩の数値が数値だっただけに、今朝の値が93.0とかでも不思議ではなかった。で、単純にこの数値は喜ぶべきものなのかもしれない。しかし、しかし、やはり一時でも91キロ台の禁断の果実を味わってしまうともうこんな数値、ちゃんちゃらおかしくって。今日から明日にかけても、さらに1キロ痩せるとかそういうらっきぃな事ってないかなあ?

最近、白髪が減ってきたような気がしなくもない。僕は若白髪が非常に多い人間なんだけど、先日ぴょこんと突出していた白髪を「えい」と引っこ抜いてみたら、白髪の根元が元の黒髪に戻っていたのだ。それを見た瞬間、野原を歩いていたらつくしを発見した・・・みたいな春の息吹きを感じずにはいられなかった。と二流詩人的な文章を書いてみたけど、やっぱり似合わないな。

昨晩立ち寄ったコンビにでは「毎日骨太」を売っていなかったため、その姉妹品らしき「毎日奇麗」を買った。こんなおっさんが「毎日奇麗」なんて飲んでいるっつーのもギャグっぽいけど、「これしかないんだから仕方がないじゃないの」と開き直って購入。何がどう「奇麗」なのかとおもったら、ビタミンEが一日分と、オリゴ糖と繊維がはいってるんだとか。なんだ、てっきり牛乳風呂として使ってください、とかそういうやつかと思ったのに。

昼下がり、お手洗いにいったついでにズボンのベルトをさらに一段きつくしめてみることにした。ダイエット開始時(昨年11月末)の時は一番目の穴にやっとはいった程度だった。で、今は4番目まで侵攻中。それを5番目に移行させようというわけなのだ。

「えいっ」あ、案外簡単に穴にはまった。なんだ、意外と痩せてるんじゃん・・・なんて気を抜いた瞬間、緊張でひきしまっていた腹筋がでろーんと・・・「わわわっ、きききついぞ、これぇっ!げふっ、げふっ!」。

なれてくると、ズボンがずらないし体が引き締まって気持ちも引き締まるから悪くない。でも、ぎしぎしと常に締め付けられている胃袋や肝臓にとっては「わしらSMには興味ないわぁ」って思っているに違いない。とりあえず4段目に戻して様子を伺うことにしよう。

今週になってからお酒はすでにもう2回も飲んでいるにもかかわらず、ここでまたお酒の登場となったのにはワケがある。なんか、疲れちゃったんですよね、外で飲むお酒に。確かに楽しいしおいしいんだけど、家で一人でまったりとしながら飲むお酒の方もステがたく、なんとなく「ああ家でお酒飲みたいっ」という気分になったのである。外で飲む機会があるからこそ、家でのお酒に飢えるワケだ。

で、お酒飲みました。おいしゅうございました。さて、ここまではまあ許容範囲だ。しかし、しかし・・・僕はこの後の文章を書くのは非常につらい。なぜならば・・・・・

へえお代官さまお許しくだせぇ、おらやってもうただ、たべちまっただ、年貢米を・・・だって、なんか無性におなかがすいたもんで・・・。とまあ、近年まれにみる大馬鹿たれな食べ方をしてしまった。ここでおにぎりや毎日骨太が登場してくるのは、もちろん言うまでもなく明日の朝御飯に手を着けてしまったことに他ならない。しかも、焦ってしまいカップラーメンにぬるいお湯をいれてしまい、堅やきそば食べているんだかラーメン食べているんだかわからない事態になってしまうし、もうめちゃめちゃな状態。

明日の朝の体重が楽しみだ。これでふとらなけりゃ、僕は「ダイエット教」って新興宗教作ったっていい。

【03月27日(金曜日)】<93.4キロ>

昼食:揚げ焼売3個、サラダ、ご飯、おみそ汁
夕食:ハンバーグ、メンマと牛肉の炒め物、ご飯、おみそ汁

やったー。体重計に乗った直後、思わず「へへへへっ」と高笑いながらやる気のない笑いをしてしまったほど、ガッツポーズな体重なのである。思わず、「諸行無常の響きあり」と唱えてしまった。いやあ、すばらしい体重だ。泰平の眠りを覚ます蒸気船、だ。寝耳に水だ。今月の努力の大半を無駄にさせてしまうような値。嗚呼すばらしきかな、裏切り行為。とまあ、なんだかテンションが高くなってしまうほど「93キロ台逆戻り」という事実は僕を狂喜乱舞させた。いや、うれしいハズはないんだけどもう笑うしかないわぁ、というやけくそな心境なのである。まあ、ある意味こういうアホな事やって今までの努力を無に返してしまうあたりが本来の「ダイエット!?日記」の醍醐味(だいごみ)だから、これはこれでいいのかもしれない・・・わけないだろ。

昨晩、朝御飯食べてしまったために今朝は朝食抜き。自分に対する戒めの意味も込めている。心機一転、ダイエット道に励もう!と勢い込んで寮を出ると・・・外は雨だった。しまった、傘は全て会社に置き忘れているんだった。結局、雨にたたられながらコンビニに出かけ、一等安い傘を購入。朝からついてない。

さあ、これで改めて心機一転・・・と思ったところ、さらなる問題発見。どうも胸元が寂しいのだ。どういうことだろう、これ。あ、なんか心なしか色合いが寂しいような・・・あああっ、ネクタイ締めてないじゃないか!

今から寮に戻ると、確実に遅刻してしまう。仕方がないのでネクタイ無しで強行突破した。駅のキオスクで2000円払ってネクタイを買うハメに。とほほ、情けない。あわててたので、ネクタイのガラなんて選ぶゆとりなかったし、今までで一番情けないファッションのお見立てだった。

昼食はおとなしく食べるに限る。とにかく今日は波風を起こしちゃ、ダメだ。なにしろ今朝のあの体重だからな・・・。食後残された昼休みに、昨晩分の日記を書いていたんだけど「さてあの夜食の事実を書くべきかそれとも闇に葬り去るべきか」とちょっと苦悩してしまった。

今日は1階上の職場が、机を全部新品に入れ替えるという事で廃品回収にかりだされた。ウチの職場に机を5個ほど移管させる、というのだ。えっちらおっちら、あちこちにぶつかりながらやたらと重い机を移動させた。これで相当カロリー使ったんじゃあるまいか、なんてほのかな期待を持つ。

いでに、エレベーターホール前に「この際だから、こんなモン捨てちゃえ」というモノが山積みになっていたのでそれをあさることにした。同じ事を考える輩は何人もいるらしく、すでにエレベーターホール前は人だかりになっていた。「サウンドブラスターpro互換のボード発見!」とか「SCSIケーブルゲット!」とか、やたらと景気がいい。僕も、PC-9801nvというノートパソコンをせしめてきた。

「これで僕もモバイラーだ!」とヨロコビいさんで電源を入れてみたら・・・n-88basicが起動した。っ。MS-DOSすら入っていなかったのか。まあせめてDOS上のエディタで、メモ書き程度の事はできるだろう、家に持って帰ってDOSをインストールしてみるべぇ、なんて腹算用だったが、よくよく考えてみるとDOSという事は漢字変換ソフトはNECAIであるわけだ。こんなアホ変換ソフトでメモ書きができるかぁ!モバイラーへの道はがらがらと崩れ去っていった。とりあえず寮に持ち帰ったが、単なるゴミになりそうな気がしてならない。

夕食後体重を測ってみると、93.2キロだった。食後でこの体重は上でき。でき過ぎくらい上できだ。みてろよ、明日はきっと不死鳥のごとく復活してみせるのだ。わははっはあ。

【03月28日(土曜日)】<92.4キロ>

朝食:鮭おにぎり
昼食:ローソンサラダ、毎日骨太300ml
夕食:野菜丼、おみそ汁
UTG:日本酒??、おつまみごく少量

「不死鳥のごとく」かどうかはともかく、痩せることは痩せた。可もなく不可もなく、といったところか。まあ、前日と比べれば800グラムの減量だからヨシとせにゃならんのかもしれないけど、今までの経緯が経緯だけに、素直に喜べないところがある。

勝ってカブトの緒をしめよ、ではなくて「買ってズボンのヒモしめよ」なのである。ここで油断は禁物。できるだけおとなしくしていなければならない。飲み物は緑茶を用意し、至って低カロリーな朝御飯となった。まあ、こんなもんでしょう。

朝御飯もそこそこに、昨日「これで僕ももばいらぁ」と大喜びして持ち帰ったノートパソコンにDOSをインストールしてみる。・・・パソコンいわく、「このパソコンは386以下のCPUのため、DOS6.2をインストールできません」とのこと。なんだぁ?386以下ってことは・・・V30を搭載してるのか、このパソコン?

泡食ってスペックを月刊アスキーで調べてみたところ、まさしくV30-16MHzというシロモノ。よっくもまあこんな奴が職場に転がっていたモンだ。何に使っていたのだろう?「ええいこうなったら」とインストーラーを経由しないで無理矢理DOSを入れようとしたら、HDDすら存在していないことを発見。あまりのショックで芸術点6.0のトリプルルッツを決めてしまった。

残り物で昼食。無理して小食にしてからにー、なんて言われそうだけど、家でごろごろしていた関係であまりおなかは空かないのだ。おなか空いていないのに無理矢理食べる法もあるまい。まあここはおとなしく、おなかの様子を伺っていよう。

午後になって所用で外出。池袋と新宿を死ぬほど歩くハメになってしまった。重い荷物を抱えて、「なんでこんなことになるんだぁ」と暮れゆく空と鳴くカラスをニラみあげつつ人混みをかけわけた。

池袋の駅前にありながら、あまり客足が無いどんぶりモノ系のファストフードに潜入してみた。いつもだったら、おとなしく「松屋」とか「てんや」に入るのだが、それではあまりにゲイがない・・・じゃなかった、芸がないからだ。ちょっとくらいは冒険せねばいかん。

とまあ、入ってみたはいいが、味は・・・うみゅ、てんやの方がおいしいなあ・・・大盛りにテンプラもご飯ももってアルのは好感持てるけど・・・うっ、多い。多すぎる。残したくなってきたよぉ。

という結果に終わった。おなかがよっぽど空いていればお得かもしれないが、グルメなあなたにはきっと向かないだろう。え、お店の名前?忘れてしもうた。

土曜日の夜は、適当なおつまみとお酒を用意して部屋に待機していれば大抵誰かがやってくる。やってきたところを蜘蛛のごとくからめとって、宴会に突入なのである。今日も、清酒を用意して待ちかまえていたら・・・来た来た。

結局、3人でわーわーやっていたんだけど酔ったんだか酔ってないんだかわからんくらいに酔った。いや、酔ってないのかな?あれ、やっぱり酔ったのかな?

(つづく)




ソーシャルリンク

広告