築地市場で朝食を02-カキらーめん@やじ満

バス

「築地市場で朝食を」企画2回目。

停留所は至って少ない

新橋駅から、「日本で一番路線が短い」バスに乗って築地市場へ。

築地場内

朝8時半、お店。

やじ満

ラーメン中心のお店だが、麻婆豆腐や肉野菜炒めといった中華料理も少しある。 あと、焼売がお店の名物らしく、サイドメニューとして注文している人が結構いた。

カキらーめん

朝っぱらからサイドメニューで焼売なんて、と思うが、何せ「仕事終わり」で食べに来る人が多い場所柄。僕にとって「朝ご飯」であっても、お客さんの多くは「夕飯」感覚なのかもしれない。

さすがに常連さんが多いので、店員さんはお客が座るだけで 「上下やわらかめで」とか「麺少なめで」 と厨房に個別カスタマイズを指示していた。

カキらーめん

カキらーめん、出てくるまで15分くらいかかった。 これから仕事、というサラリーマンにとってはひやひやもんの所要時間。

カキらーめん

特大のカキが4個。スープは塩味で、にらとたまねぎが具だ。麺は細い。 カキがラーメンにあうかというと、あんまりぴったり感はないと思う。 スープ、麺ともにそれほど美味しいとも思わなかったし、 「築地場内のお店は食にうるさい客ばっかりが訪れるので、鍛えられて美味がそろう」 というのは本当だろうか?

でも、食べ進めるうちに、このラーメンに対する疑問は薄れていき、食べ終わるときには「なかなかうまかったじゃないか」という気になっていた。 おそらく、ラーメン二郎みたいなコッテコテラーメンに味覚が慣らされていたので、その脳と舌をリセットするのに少々時間がかかったようだ。

次訪れる機会があれば、大ぶりで目を惹く焼売を食べてみたいものだ。 張り紙には、「これを食べずしてやじ満を語るなかれ」と書いてあったし。 あっやべえ、食べずしてやじ満を語っちゃったよ。

(2014.01.24)