築地市場で朝食を05-フライ定食@八千代

この記事は約2分で読めます。

フライ定食@八千代。 「築地市場で朝食を。」の第5回目。

今回は市場内のお店、「八千代」に行く。

やじ満

お店への道中、以前訪れた「やじ満」の前を通ったが、店頭に「申し訳ございません 今季 カキらーめん完売致しました。」の張り紙。 早く食べておいてよかった・・・。

生もの相手だと、いつこうなるかわからない。食べられる機会があれば、優先順位高くしておかないと。

僕は春の山菜が大好きなのだが、これも早く食べておかないとな。あっという間に姿を消すぞ。

大和寿司の行列

目指す「八千代」は、築地市場内でも特に有名な「大和寿司」と「寿司大」に挟まれている場所にある。両店舗とも、雪の中なのに大行列ができていた。おそらく、全員観光客。旅行疲れもあるだろうに、こんな朝から並ぶとは・・・がんばれとしか言いようがない。

八千代

そんな中、好奇の目で見られながら僕は八千代に入店。 のれんには大きく「とんかつ」と書かれている。

八千代のメニュー

基本、フライのお店だ。 「チャーシューエッグ定食」というのも、知る人ぞ知る名物で、ラーメン二郎のブタみたいにデカくて分厚い豚肉が食欲をそそられる。でもこれは火・木・土曜日限定メニューなので、また今度の機会に訪れたい。

八千代のメニュー

このお店は、海老フライがおいしいらしいが、僕の今日のお目当てはアジフライだった。

ちょうど、サービスメニューとして「車海老・アジ・ホタテ定食」というのがあったので、それをお願いすることにした。1,300円。

八千代のメニュー

お店の壁には、いろいろなフライが組み合わさったメニュー札がびっしり。目移りする。

いいものを使っているらしく、1,000円以下のメニューはなかったような気がする。見落としているかもしれないけど、あったとしてもとても少ない。

高いものにあると、4,200円なんていう定食もある。

フライセット

出てきた定食は、一見普通のもの。 しかし、アジフライを食べて驚いた。なんだこのふわふわ感は。

さくさくの、ふわふわ。

肉厚なアジが使われているので、ぱさぱさ感が全くない。今まで食べてきたアジフライってなんだったの、と思う。もっと口の中の水分を奪うようなフライしか、食べたことなかったよ。これはうまい!

フライの拡大

車海老は香ばしく、ホタテはあくまでも柔らかく。それぞれが、巷にある普通のものとはちょっと違う味だった。値段が高いけど、これなら仕方がないかな・・・と納得した。

(2014.02.14)

タイトルとURLをコピーしました