激辛セット

激辛セットとな

以前から気になっていた、中華料理屋の看板。

「激辛セット」なるメニューが存在しているらしい。

激辛に目がない僕としては、気になって仕方がなかった。しかし、お店はいつも客がいない。正直、うさんくささがある。定食が650円で食べられるお店にして、この「激辛セット」は1,100円。割高感もある。

しかし、気になったまま放置していたら、いつまで経っても気になったままだ。うまいかまずいか白黒はっきりつけて、気持ちをすっきりさせたい。ある日、このお店に入ってみることにした。

これが激辛セット

店内の様子とか、その他メニューの話とかは重要ではないのですっ飛ばす。客が誰一人居なくて居心地が悪い中、激辛セット到着。

担々麺、麻婆豆腐、キムチ、ライスの組み合わせ。1,100円。

担々麺のスープの色からして、これを激辛と呼ぶのは無理があるのでは・・・と思ったが、案の定。麻婆豆腐もしかり。キムチだって、激辛とはほど遠いものだった。

せめてライスの量がしっかりあれば、町中の良心的ながっつり系中華料理店、として示しがつくのだが、おかずの割にはご飯が少なかった。

結論としては物足りなかった。ピリ辛セット、という名前がふさわしい。

ところでこんな刺激的なネーミングのメニュー、一体どれだけ注文されるんだろう?一人で頼むにしては値段が高いし、かといって複数名でシェアするような量でもないし、微妙ではある料理だった。