コーヒーセミナー:フードペアリング Coffee Meets Chocolate編@スターバックスコーヒー銀座マロニエ通り店

スターバックスコーヒー銀座マロニエ通り店

先週土曜日にコーヒーセミナーを受けたばかりだというのに、またもやスタバの銀座マロニエ通り店。

フードペアリングテキスト

今度は、「フードペアリング」ということで、コーヒーとデザートとの組み合わせを考えよう、という回だ。

バレンタインデーがある2月ということで、「Coffee Meets Chocolate編」というスペシャルバージョン。

まず、香りとコクの概念について学ぶ。

無脂肪乳と無調整牛乳を飲み比べて「コク」の概念を学んだりした。

フードペアリング

その後からひたすらコーヒー。 グアテマラ、ケニア、スマトラを飲み比べながらそれぞれの特徴を体感し、実際にケーキと合わせてみる。

フードペアリング

休憩を挟んで、今度はカフェベロナとエチオピアを、カフェモカやザッハトルテと合わせた。

日本の場合、「ようかんのようなあっまいお菓子は、渋いお茶とよくあう」という。 両方あわせて、中和させるといった発想。 しかし、コーヒーの場合は、食べ物と飲み物とが類似性があるようにペアリングを行うようだ。

酸味があるコーヒーには酸味のある食べ物、みたいな。 言われてみれば、合うような・・・という気はするが、それはあくまでも食べ比べをその場でしたから。いきなりポンと一種類だけコーヒーとデザートが出されたら、何も考えずにおいしく食べていただろう。

だから、バリスタの高度な技能だとかこうして学ぶことだとか、はっきりいって金持ちの道楽であり、あんまり実生活には意味のないことだ。一歩間違えると鼻持ちならない嫌味な趣味にもなり得る。

・・・とわかった上で、こういうのを楽しむのもアリじゃないかと思う。

でも間違っても、ブラックエプロンさんの受け売りで、このコーヒーの香りがうんたらかんたら、と講釈をたれないよう気をつけたい。僕はそんなキャラじゃない。

ちなみに、僕が大好きなポテトチップスはコーヒーでいうと何があいますか?とブラックエプロンさんに聞いてみたら、「ライトノートブレンドがいい」とのことだった。

(2014.02.26)