ネオ屋台村スーパーナイト(2014年4月)@東京国際フォーラム 地上広場

ネオ屋台村スーパーナイト

今年も、東京国際フォーラムに「ネオ屋台村スーパーナイト」が戻ってきた。

春だなあ、と思う。

これから11月のボジョレーナイトまで毎月一回ずつのペースで、夜の東京国際フォーラムに屋台がずらりと並ぶ。

「ネオ屋台村」とは、小型車を改造した屋台の集合体だ。

本来屋台というのは一匹狼なのだが、「ネオ屋台村」という枠組みで個人事業者である屋台を束ねている会社がある。 そこが、屋台のあっせんや、いろいろな手続き、会場設営などをやってくれる。

ネオ屋台村スーパーナイト

「スーパーナイト」は、大抵20軒くらいの屋台がずらりと並び、会場内には臨時の椅子や机が並べられ、結構な規模で行われている。 最近はステージが設けられるのが常態化し、何らかの演奏が行われていることが多い。

車の自走型屋台は、従来の縁日的屋台とは全く違うものを売っている。 僕はそのフロンティア精神にとても共感し、毎回楽しくこのスーパーナイトを楽しんでいる。

タイ料理、韓国料理、南米料理、その他もろもろ。

屋台

このスーパーナイトでの名物は、なんといってもロティサリーチキンだろう。 鳥の丸焼きだ。串にさされた、丸ごと一匹の鳥がぐるぐる回転しながらあぶられている。車の屋台でこんなことができるんだ!と驚く。

1/4羽で500円だったかな。味はかなりいい。

この日はジンギスカンの唐揚げなどを購入。

(2014.04.11)