リトル小岩井で醤油バジリコ

「美貌の盛り」で登場した、B級スパゲティ店「ジャポネ」@銀座。

ジャポネ
『ジャリコ横綱』『バジリコ親方』『ジャリコ理事長』 (東京都中央区銀座) 最近、「路スパ」がひそかなブームだという。「路スパ」とは定義が難しい言葉だが、起源としては恐らく「立ち食いそば」からの派生系なのだろう。 蕎麦屋には、立ち食...

このジャンクさとボリュームはすばらしい。

しかし、行列が慢性的にひどく、並んでまで食べようとは思わなくなった。

リトル小岩井

そこで、ジャポネのマスターの出身元であるという、大手町にある「リトル小岩井」に行ってみた。

リトル小岩井

こちらもB級スパゲティの名店として名高い。

「ジャポネ」というメニューがあるように、やはり銀座ジャポネと類似性が高い。ただし、こちらの方がより麺が太い。

リトル小岩井

出てきた「醤油バジリコ」は、銀座ジャポネで言うところの「ジャリコ」に相当するもの。 ピーマンが入っているなど、作りはそれなりに違う。

リトル小岩井

麺の表面がつやつやしているのが特徴。それだけファットスプレットなどの油脂を沢山使っている、ということだ。

常連のオーダーを聞いてると、「油少なめ」というオーダーもできるようだった。女性はそういう注文をしていた。

リトル小岩井

味については、穏やかだ。ツルツルと食べられ、太麺の割にはあっさりと食べきれる。ジャンク度合いは遙かにジャポネの方が強い。

物足りなさを若干感じるが、これはこれでB級で美味しいと思った。

(2015.03.02)

タイトルとURLをコピーしました