汁なし担担麺と小麻婆豆腐かけご飯セット@雲林坊

久々の雲林坊(ゆんりんぼう)。

以前、激辛麻婆豆腐食べ歩き企画をやったときに訪れて以来だから、2年ぶりだか3年ぶりだか。

ラーメン店のようなカウンターのみの店で、本格的な担担麺と麻婆豆腐が食べられるのだから嬉しい。どちらも好物なので、もっとこういうお店が増えてくれると助かるのだが、さすがにそれはニッチすぎるか。

この日は会社の歓送迎会後に訪れた。昔は酒を飲んだら血糖値が下がるので、「シメ」として何かを食べたものだ。でも今は酒を飲まないので、「シメ」なんていらない・・・と思っていた。ところが実際は、宴会が終わるとなんだか空虚な気持ちになって、それを穴埋めするように腹にガツンとモノを入れたくなったのだった。

というのも、こじゃれた居酒屋だったこともあって、酒の肴としてならともかく、「夕飯」にしては少なすぎる料理しか出てこなかったからだ。さらに、酒が入った連中はわあわあ盛り上がっているが、まったくシラフの僕はそんなテンションに付き合いきれず、苦笑いして口数少ない状態。

これで会費6,000円というのは、何かの罰を受けている気になる。 「6,000円であの2時間は厳しい!うさを晴らすぞ!」ということで、さらに出費するという大いなる矛盾。

でも、ガツンと辛いものを食べて、随分すっきりした。 すっきりしたついでに、辛いものを腹いっぱい食べたせいで帰宅直後にお腹を壊した。違う意味でもすっきりしてしまった。

(2016.06.29)

コメント

タイトルとURLをコピーしました