おいやめろ!店じゅうに落書きをしまくろう

お店の看板

銀座に、文具メーカーでおなじみの「ぺんてる」がプロデュースするカフェ&バーが期間限定営業していたので行ってみた。その名を「GINZA RAKUGAKI Cafe&Bar」という。

このお店の特徴は、店内いたるところに落書きしてヨシ、ということにある。机にも、床にも、壁にも。ぺんてるのマジックがテーブルには完備されているので、やりたい放題やってよいことになっている。

誰しも、子供の頃、壁なんかに落書きをして親に怒られた経験がある。さらには、既にお子さんがいる人なら、子供の落書きに怒り、消去に焦った経験もあるだろう。

禁じられた行為・・・現代日本においては、子供の頃に固く戒められた「落書き」がこの場においては許される。こんな楽園、体験しないわけにはいかないじゃないか。さすがぺんてる、目の付けどころが素敵だ。ワクワクさせられた。

店の入口

店の扉からして、既に落書きされてしまっている。

これ、どうするんだ一体。期間限定営業なので、これが終わったら原状回復しなければならないわけだが、一体どれだけの手間とコストがかかるのやら。

店内は落書きだらけ

白い柱も落書き

あー、これはすごい。

わかってはいたけど、店内は落書きだらけだ。「やっちゃいけません」としつけられてきた過去を全て振り払うように、全力で店内に落書きされている。

店内の様子

店内はしっかりしたバーラウンジだった。てっきり、こういう期間限定営業のお店なのだから、適当な椅子と机があって、屋台風のカウンターがある程度のものだと思っていた。

空きスペースを有効活用しました、みたいな。

しかしどうだ、これはちゃんとしたお店だぞ?店員さんも、「この期間だけ雇われたバイトっす」みたいな人ではなく、バー店員のプロとしてきびきび動く。

あまりに不思議なので店員さんに聞いてみたら、

「ここはコンセプトバーとして企業様にご利用いただいています。今はぺんてるさんがご利用なさっていますが、これが終わればまた別の企業が別の形で使う形です」

ということだった。へえ、そういうビジネスというか、飲食店っていうのもこの世の中にはあるんだな。

道理で店員さんがプロな動きなわけだ。決してバイトでもなければ、ぺんてるの社員というわけでもない。

でも、だとしたらこの壁の落書きはどうする気だろう。

薬品で溶かすとしても、防毒マスクをして作業しないと作業員が死んじゃう。

窓ガラスももれなく落書き

窓も、当然のように落書き。あー。

ガラスは曇りガラスのように透明度が低い。落書きされることを前提に、半透明シートでも貼ったのだろうか?

絵は、軒並みみなさんお上手。「落書き」とはいえ、ここはバーなので大人が集う場所。本当の「落書き」ではなく、理性ある落書きが展開されていた。

面白いもので、「俺がこの空間を独り占めしてやる」と無駄に広いスペースを占拠するような輩は皆無。みんなお行儀よく、他人の邪魔にならないように、こじんまりと落書きをしていたのが印象的。




ソーシャルリンク

広告