温泉

温泉大国・日本でのぼせ上がろう。

へべれけ紀行

結婚決定で天にも昇る気持ち、じゃなくて富士山に登る【富士山登山(富士宮口)】(その19)

13:52「Mt.HOEI 2,693m」と書かれた標識を背に、宝永山の火口縁を歩く。 強風がものすごく、まともに顔を上げていられない。砂がビシビシ顔に当たる。
へべれけ紀行

結婚決定で天にも昇る気持ち、じゃなくて富士山に登る【富士山登山(富士宮口)】(その18)

13:25大砂走りを高速で下っていく。 前につんのめらないよう、注意が必要だ。
へべれけ紀行

結婚決定で天にも昇る気持ち、じゃなくて富士山に登る【富士山登山(富士宮口)】(その1~17)

パートナーのいしとは、付き合う前から「僕とは違う生態系の人だ」と思っていた。それを興味深く観察する、というつもりは全くなかったのだけど、気がついたら「同棲、結婚」という流れになって一番間近でいしを見届ける立場になった。 とにかく、「...
へべれけ紀行

2020年7月/コロナ時代の甲府で療養する

ネット旅行代理店「じゃらん」から、ビジネスホテル「ドーミーイン」が格安で泊まれるよ!というメールが届いた。 ドーミーインは僕が愛している宿で、都市部で宿泊することがあった際、いくつもあるホテルチェーンの中で最優先に選ばれる宿だ。 ...
へべれけ紀行

近場の無縁だからこそ【甲府滞在記】

冬の風物詩だな。 また、今年の冬もおかでんの調子が優れない。「季節性うつ」なんて病気は患っていないのだけれど、体調と気分、そしてやる気のバランスが冬になると取りづらい。
へべれけ紀行

負傷しながらの下山【苗場山】

9月。登山の2018年シーズンはそろそろ終わりが近づいてきている。もちろん、山なんてのは四季折々に登れるし、シーズンなんて言い出すのが無粋なのはわかっている。でも、「百名山ピークハンター」という蔑称をあえて自虐的に使うくらいの登山しかしな...
へべれけ紀行

森林限界突破の恍惚【日光白根山】

「どこか山に行きたいね」 という話を、まゆみさん・相方さん夫妻としていた。 この二人とは、これまで「スパイシーナイツ」など、食べ物系のオフ会でよく会ってきた「飲み・食べ仲間」だ。でも、実は二人はアウトドアも好きで、夏は山に登り...
へべれけ紀行

登山のシメは温泉とラーメン【大山】

2017年は「ハッと我に返った」かのように山登りを再開した一年となった。 やっぱり、焼岳や仙丈ヶ岳といった「山小屋一泊で、ガッツリと登山を満喫する」体験というのはビシッと気持ちが引き締まる。「よし、来年もこの調子で山と遊ぼう」という...
へべれけ紀行

ふたたび温泉療養に戻る【那須湯本療養2】

ずいぶん、しんどくなってきた。 僕は周期的にそういう時期がやってくる。生きていることが、しんどい。 「生きている価値なんてないんだ」みたいな鬱々とした状態というのとはちょっと違い、世の中全てのことがうっとおしく、邪魔に感じられ...
へべれけ紀行

ハタケ仕事と山登り【羊蹄山】

しばらく登山から遠ざかっていた時期があったものの、2016年からじわじわ、2017年はそれなりに山に登るようになってきた。「それなりに」といっても、毎週のように近隣の山に行っている諸先輩方とは大違いで、「1シーズンに数座程度、登山」のレベ...
へべれけ紀行

お手軽だけど、秘境【徳島・剣山】

中四国地方には、「日本百名山」が3座ある。 鳥取県の伯耆大山(ほうきだいせん)、愛媛県の石鎚山(いしづちさん)、そして徳島県の剣山(つるぎさん)だ。岡山県広島県山口県、という山陽地方には一座もない。
アワレみ隊活動記録

長崎の過去と今【軍艦島・池島】

朽ちていく建物、護られる建物 2017年春。おかでんは珍しくやる気を出していた。むらっ気のある性格で、テンションが高いときと低いときに周期性があるのだけど、ちょうどテンションが上がり調子の時と春の訪れとが重なったからだ。 「ゴ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました