モンベル登山セミナー「地図読み編 地図の読み方」@モンベル東京京橋店

モンベル登山セミナー「地図読み編 地図の読み方」

一週間前、「山選びのポイントと基本装備」のセミナーを受けたが、今度は「地図の読み方編」。

この調子で、毎週1回ずつくらいのペースであちこちのお店に行き、いろいろなセミナーを受けていくつもりだ。

今回は、国土地理院1/25,000地図を実際に見ながら、地図の読み方を学んだ。

とはいっても、小学校の社会の授業で習ったような内容が中心だったけど。

とはいえ、今更「このマークは郵便局で、これは田んぼ」なんて習うわけじゃない。登山に必要なのは「電波塔」とか「高圧電線」、「尾根と谷の区別のつけかた」といったものだ。

そういう話を中心に、1時間ほど習った。 それにしても1/25,000の地図、今や3色刷りになっているんだな。以前ののっぺりしたものと比べて、段違いに見やすくなっている。

しかし、今後「テロの標的になる可能性がある」ということから、1/25,000地図では存在感を放つ高圧電線の表記は削除されていくのだそうだ。登山中の格好の目印になるのに、残念。

(2017.04.15)

コメント

タイトルとURLをコピーしました