八割そば

2000年02月01日
【店舗数:—】【そば食:031】
自宅(東京都内某所)

八割そば

八割そば

スーパーの麺売場の中で、地味ながらもちょっと高級感を漂わせてこの俺様の目を奪って見せた、そんなセクシイなそばがこの八割そばだった。そばの生麺が売られている事自体やや珍しいのだが、パッケージが渋かった。ビニール袋のものとは比較にならない高級感。いや、この程度の包装で「高級」なんて思ってしまうあたり貧乏な人生送ってるなあ僕は、とやや自己嫌悪気味になってしまうが・・・。

いや、でも値段を見てこの「高級感」は「高級」に切り替わらざるを得なかった。正確な金額はちょっと覚えていないけど、確か400円弱だったはず。ほぉーっ、高いねえ。隣に売られているビニール袋のゆで麺と比べると、ざっと2.5倍は高い。これは、買うしか!

スーパーで買ったそばの生麺といえば、ちょっと前に試した「シマダヤのそば」というのがあったっけ。この時は調理法に問題があったこともあって、すこぶるおいしくないそばにありつく羽目になった。そのときの悪夢、再び?という恐怖心もふと頭をよぎったが、なにせシマダヤの生麺よりも2.7倍も高い(実売価格は4倍の開き)ことを考えれば、そんなわけはなかろう。えい、行けばわかるさ。

とまあ、そばにありつくまでにあれやこれやと考えて悶々としていたが、いざゆで上げて食べてみると・・・あれれっ、おいしいんでやんの。驚いた!そばの香りはまあ無理としても、味はしっかりとしていておいしかったよ。へたくそなそば屋の比じゃないくらいうまい。

うーん、認識改まりましたな、自宅でおいしい麺を食べるためには、ちゃんとしたそば屋で高めのそばをお土産にしないとダメなのかと思ってた。違う、違う。そうじゃない。おいしいそばは探せばきっとそばにあるんだ。メーテルリンクの青い鳥みたいなものだろうな。