立食いそば とんぼ

2000年02月23日
【店舗数:032】【そば食:057】
東京都江東区豊洲

かきあげ天そば

とんぼ外観

ふらりと立ち寄った、路地裏にある立ち食いそば屋。

大通り沿いに「そば」と書かれたのぼりが立っていたので、この辺に蕎麦屋があるらしいという事は気づいていたものの、いざその正体を見るのはこの日が初めてだ。

全く初めてのお店で、注文の仕方が分からずおたおたやっているのは非常にみっともないし、店によっては「あ、この初心者め」と馬鹿にするところもある。だから、蕎麦屋ののれんをくぐると、すかさず左右を見て(この時首を振ってはいけない。あくまでも目線だけ)壁に貼られたメニューを探し、そして店員の居場所を見極めないといけない。

食券制なのか、現金払いなのか。先払いなのか、できあがった商品と引き替えなのか、後払いなのか。注文する場所と商品を受け取る場所は同一なのか、別なのか。

こういう情報処理を1秒程度で完了させなければならない。これは経験と勘がものを言うと言い切って良い。今回も、2秒で全ての状況を把握。<間に合ってない

注文は、定番の天ぷらそば。立ち食いそば屋を見極めるにはこれに限る。

注文した品が出てくるのを待ちながら、「こういう素早い状況把握ができるのは人間様の特権だよな、まだまだロボットには負けん」と無意味な優越感に浸る。

そういえば、このお店は「天ぷらそば」という名前ではなく「かき揚げ天そば」という名前だったな。今思い出した。他にいろいろな種類の天ぷらそばが存在しているから、あえて「かき揚げ天」という名称にしたのだろうか。

今頃になってそんなことに気づくとは。。。どうやらスピード重視の状況把握を目指したために、収集した情報量に難があったようだ。むむ、この点は素直に負けを認めよう。

そばをずずずっとすすり、天ぷらの油がしみ出してマターリと美味くなったつゆを少々のみ、最後に油っぽい口の中をウォータークーラーの水でスキッと締めてあばよっ。うむ、定番ですな。

タイトルとURLをコピーしました