そば処 おっこと亭

2001年11月23日
【店舗数:096】【そば食:180】
長野県諏訪郡富士見町

もりそば、あらびき、ビール

おっこと亭

新そばの季節到来。ということで、つい3週間ほど前に「国道152号完全制覇」で長野を訪れたばかりだというのに、またもや長野上陸だ。アワレみ隊は確実に長野県の経済発展に寄与していると思う。

今回の「新蕎麦食べ歩き」企画は、数えることはや4回目。毎回10軒前後のお蕎麦屋さんを食べ歩いていることを考えれば、結構な数食べてきたことになる。

おさらいすると、

第一回:安曇野・戸隠
第二回:長野・小布施・飯山・黒姫
第三回:上田・小諸・軽井沢

とやってきたので、今回は「まだ未開拓ゾーン」を中心にお邪魔することにした。富士見→諏訪→開田高原方面、すなわち信州中南部を中心に据えた。

われわれは、中央本線の富士見駅を待ち合わせ場所とした。本日の一軒目は、富士見駅から八ヶ岳の広い山麓を駆け上がったところにある、「おっこと亭」というお店だ。

「おっこと亭」という名前は、すごく奇妙な印象を受ける。「男亭」?と勘違いしてしまうが、「おっこと」だ。何でこんな変な名前なんだろう、という疑念は、お店がある住所を見て理解できる。「諏訪郡富士見町乙事」。「乙事」と書いて「おっこと」と読む地名なのだった。「厚岸」を「あっけし」と読むのと一緒だ。ちょっと特殊な日本語の変形っぷり。

この乙事は標高1,000mの高原に位置し、八ヶ岳の火山灰の影響で非常に痩せた土地なのだが、蕎麦だけはよく生育できたという。そんなわけで、さりげなくこの周辺も蕎麦の産地として名高い。「さりげなく名高い」というのは変な日本語だが。

そんな地元産の蕎麦粉を使って蕎麦を打ち、客にふるまっているのが「おっこと亭」。交通の便は決してよくないところだが、お客さんはひっきりなしに訪れるという。「ほぅ、八ヶ岳山麓に蕎麦の産地が?」と気になったので、今回ツアーの第一軒目として選ばれた。

・・・実際のところ、「おっ、朝10時から営業してる!朝から一軒目に行けるのは効率いいじゃん。じゃ、ここにしよう」と決めただけなんだが。

玄そば貯蔵庫

とてもすがすがしくて気持ちの良い林の中に、お店はあった。車でないと訪れることができない場所なので、広い駐車場が用意されていた。お店自体も、結構広い。お土産物屋が併設されているし、要予約の蕎麦打ち道場もあるそうだ。

駐車場の傍らには、白いコンテナが据え付けてあった。壁面には、花満開の一面の蕎麦畑が描かれている。乙事の初秋の景色なのだろうか。

「玄そば貯蔵庫」

と書かれている。蕎麦の実はここで保管されているわけだ。

「予約状況に応じて製粉します」

と書かれてあるのが、素直というかなんというか、ほほえましい。普通、「毎日製粉してできたてをご提供いたします」なんて書くもんだけど、「予約状況に応じて」。毎日はちょっと負担が大きいので勘弁してね、ということか。

お品書き、ではなくメニュー

まだ朝10時過ぎということもあって、広い店内はまだがらんとしていた。

メニューを眺める。

もりそば、ざるそば、かけそばと記されている。そのほかにも、「きりだめ」というメニューもあるようだ。これは、木の箱に入れられてそばが出てくるということなので、要するに山形県の「板そば」みたいなものなのだろう。

メニュー裏面

ここまでは問題なかったのだが、メニューをひっくり返してみて、われわれもひっくり返ってしまった。

お飲物、これはいい。問題は「おつまみ」だ。

ポークウィンナ 400
あらびき 400
ベーコン 400
野沢菜 200
味付けきのこ 400

ぽ、ポークウィンナ?蕎麦屋でウィンナーが出てくるなんて見たことも聞いたこともない。しかも、単なるウィンナーだけでなく、あらびきまで用意しているとは。近くで作られているので、せっかくだからメニューに載せました、ということなんだろうが、このお品書きには衝撃を隠すことができない。

しかも、「ポークウィンナ」と「あらびき」をメニューに並べているというのもシュールな世界だ。ビアホールでもない限り、複数のウィンナを用意してるところなんてないぞ!?

「すげー」
「こ、これは頼むしかあるまい!」

一同、蕎麦を食べにきたんだか、ウィンナを食べに来たんだかさっぱりわからぬ。

「イヤ待て、ベーコンというのも捨てがたいぞ!?ウィンナならまだイメージできるけど、ベーコンって何だよそれ」

わくわく。

そっちの方が気になってしまい、本当は蕎麦は「きりだめ」で注文するつもりだったのに、間違えて何の変哲もない「もりそば」を注文してしまった。

「どうする?あらびきとポークウィンナ。あらびきだよな、やっぱり」
「男ならあらびきだろう」

よくわからないやりとりがありつつ、あらびきとビールを注文。

あらびき

ビールは、「富士見高原ビール」というこれまた地元のビールだった。蕎麦をはじめとし、地元に拘り抜いているようだ。

待つことしばし、やってきました「あらびき」が。ビールには突き出しがついてきたし、そもそも箸休用のおつけ物も用意されていたので、特に酒の肴には困らない状態ではあった。でも、やっぱり「あらびき」という文字を蕎麦屋で見てしまったら、注文せずにはおれんじゃあないですか。

「シャウエッセンみたいな、モロ市販っぽいやつだったらどうする?」

なんて会話を、待っている間にしていたのだが・・・

うほっ、まんまシャウエッセン風なあらびきだった。素人目では、味もシャウエッセンと区別がつかなかった。いやぁ、シュールだなあ、蕎麦屋でこんなものを肴にビールを飲んでいるなんて。しかも、「蕎麦食べ歩き」のツアー初日の、一軒目でこれだもんな。

もりそば

さてお蕎麦到着。

もりそば850円。ちと高めの値段設定であった。

いや、もうこの場合蕎麦なんて「どうでもいい」状態。あらびきのインパクトに圧倒されっぱなし。それ以上でもそれ以下でもない。ごちそうさまでした。蕎麦屋にして、蕎麦が負けた日であった。