冷しとろろそば

2012年09月07日
【店舗数:—】【そば食:505】
埼玉県内某所

冷しとろろそば

とろろそば

 前回、「冷し鶏そぼろそば」を頂いた際に、「とろろそばの方が良かったかも」とぼそっとつぶやいた。その発言を忘れることなく、今回は「冷しとろろそば」を買ってみることにした。もちろん、前回同様「ローソンストア100」での購入だ。今回も、「冷し鶏そぼろそば」同様210円の値付け。それにしても安いな。ノーマルのざるそばは105円と激安だし、一体どんな蕎麦粉を使っているのか、不思議で仕方がない。

広告

蕎麦、と名乗るには「3割以上の蕎麦粉で作る事」という業界ガイドラインがある。つまり、逆に言えば小麦粉7割の麺であっても、「蕎麦」を名乗ることができるわけだ。さて、ローソンストア100の蕎麦は一体何割が蕎麦粉なのかな?

とろろを絞りだし、そのあとひたすらかき混ぜて蕎麦となじませる。おいしくなーれ、と言いながら。かき混ぜればかき混ぜるほど美味くなるという保証はないが、納豆をよく混ぜるのと同様に執拗に混ぜてみた。しっかりした麺だからこそできる芸当。これが繊細な蕎麦だと、混ぜている最中にぶつぶつに切れてしまう。

そばアップ

量はそれほど多くないので、お酒を飲んだ際のシメにもってこいだ。ずぞぞ、と一気にすすって、あっという間に終了。ご馳走様でした。

一気に食べられるから、味については特に不満はない。お酒のシメって、ついついラーメン食べてしまって700円とか800円といったお金を払ってしまうわけだが、このとろろそばだと210円で済んでしまうのでお財布にやさしい。今後は小腹が空いて家路についている時はこれを買うことにしよう。

・・・と思った翌日には、お酒飲んだ帰り道にラーメンを食べてしまった。お会計730円。駄目じゃん。やっぱり、お酒飲んだあとのラーメンってものすごい魔力があるよな。抗えんよ。

広告

ソーシャルリンク