天丼てんや ビーンズ赤羽店

2012年11月17日
【店舗数:314】【そば食:535】
東京都北区赤羽

生ビールセット、野菜天盛合せ、海鮮かき揚げ天丼冷そばセット、生ビール

てんや

赤羽で用事を済ませていたら、天丼てんやが目に付いた。いったんは目をそらしたのだが、その点は相手さんも抜かりはない。赤羽には天丼てんやが2店舗あるのだった。きびすを返して向かった先にもてんやがあり、もう逃げ切れませんとおかでん、観念。このお店でお昼ご飯を食べる事にした。

生ビールセット

いや、お昼ご飯というか、正確に言うと昼酒というか。

天丼てんやの憎いところは、天ぷら盛り合わせと生ビール中がついて550円、という「生ビールセット」があることだ。なんてお得なんだ。これがあるから、本日のおかでん、てんやに引きずり込まれたといって過言ではない。

大手牛丼チェーンが「お一人様お酒は3本まで」なんていう制約を課しているが、このてんやはそんな制約はなし。揚げたての天ぷらでビール。いいじゃないか、いいじゃないか。大いに飲もうじゃないか。

さっそく「生ビールセット!」と着席早々店員さんに頼む。メニューを見て悩み続ける、いつものおかでんの姿はそこには、無い。

冷え冷えのジョッキ生

「ビールは先にお持ちしますか?」と聞かれたので、先に持ってきて貰った。おーっ、ビールジョッキがキンキンに冷えてますよ。霜がおりてる!これは凄い。「いやね、滅多にビール注文する人なんていないから、ジョッキが冷え過ぎちゃうんですよ」なんていう身も蓋もない事を言われたらがっかりだが、この冷え方はそうではない!お客様満足の事を考えてガチンガチンに冷やしたに違いない。ありがたいことです。

ありがたい、といえば、卓上にはなぜか柴漬けが置いてあったということ。御自由にお召し上がりください、ということだ。これ、以前には無かったサービスだけど、どうしてこういうのを始めたんだろう。天丼食べながら柴漬けをどうぞ、というわけか。なるほど、それはいいアイディアだ。でもおかでんの場合、これをビールのおつまみに転用するのだった。天ぷらが到着するまでしばらく時間がかかりそうだったので、ちょうど良いお酒の相方になってくれそうだ。

天ぷら

生ビール追加

天ぷら盛り合わせ到着ー。

生ビールが400円ということは、「150円相当」の盛り合わせでないと帳尻が合わないわけだが、そこは「お得なセット」なだけある。天ぷらは海老、いか、なす、いんげんの4品。うひゃあ、素晴らしい。

生ビールは既に二杯目に突入。柴漬けだけでいっぱい飲み干しちゃった。昼時は過ぎている時刻だったんだけど、お弁当オーダーが多くて厨房が立て込んでいたらしい。盛り合わせ到着まで結構時間がかかった。でも、天ぷらは揚げたてが命。時間との勝負なので、柴漬けでゆっくりビールを楽しめたひとときは素敵な昼下がりだった。これはこれで良し。

野菜天盛合せ

このままシメに行くのもなんだか物足りなかったので、野菜天盛合せ400円を追加注文。値段設定が憎い。ちょいと追加で注文しちゃえ、という気になれるお値段だ。

てんやの天ぷらがなぜこんなに安いのかというと、ずばり「天ぷら職人がいない」からだ。バイトでもプロ同様の天ぷらが揚げられるシステムになっているので、その分料理のお値段が安くなっているというわけだ。具体的には、フライヤーの中にベルトコンベアがあって、厨房の担当者はそこに衣をつけた種を落とせばOKという仕組み。ベルトコンベアに乗ってフライヤーの端まで送り届けられた種は、その時点でほっくりさくさくに揚がっているというわけだ。良くできた仕組みだ。

それにしてもこのボリュームで400円というのはなんなんでしょう。さつまいも、なす、まいたけ、いんげん、れんこん2枚、かぼちゃ2枚。閉店謝恩セールでやけくそになって盛りつけました、みたいなボリュームだ。8個で400円ってことは1個50円というわけだ。これはビールが進む。

かき揚げ丼とそば

蕎麦アップ

最後、しめで天丼を食べる事にする。しかし、野菜天盛合せ、天ぷら盛合せを食べてしまったので、普通の天丼などではネタがかぶってしまう。結局、海鮮かき揚げ天丼に冷そばをセットにしたものを注文することで、ネタの重複を回避した。天丼680円+そば300円。

こういうところの蕎麦が美味かったためしがないのだが、今日は「天ぷら食べて、最後に蕎麦食べるぞ!」という気持ちで入店したので、初志貫徹する。せめて蕎麦をおいしく食べるためには、温かい蕎麦にした方がよいのだが(このお店は冷・温選ぶことができる)、初めて食べる蕎麦なので冷たい奴でGO。

届けられたお盆を見て仰天。海鮮かき揚げ天丼、でけぇ!「大判」とメニューには書かれていたけど、確かに看板に偽りなし。丼から溢れそうになっているぞ。これはワシワシ食い応えがあるというものだ。・・・蕎麦、いらなかったかなあ・・・。今になってちょっと後悔。いや、でも、ここで天丼だけで食事を終わらせていたら、最初から最後までずっと揚げ物尽くしになってしまう。それはさすがに彩りがなさ過ぎだと思いませんか。蕎麦食べてこそ、ああ食事が終わったなという気になるってもんです。

天丼が冷めるのも気になるけど、かといって時間とともにのびる蕎麦も気になる。天丼をチラ見しつつ蕎麦を手繰る。

あー、こういう蕎麦か。はいはい。香りはするんだけど、なんか本来の蕎麦とはぜんぜん違う、どこからやってきたのこの香り?という異次元体験。この手の蕎麦にはよくあるパターンなんだけど、正直ありがたくない。とはいえ、無味無臭の蕎麦よりかはましなので、なんとなくありがたく頂戴する。つゆは敢えて触れないでおこう。コメントなし。

一方の海鮮かき揚げなのだが、これが凄い。貝柱、海老、いか、まいたけが結構ぎっしり入っていて、食べごたえがありまくりでやんの。これ、さっきまで天ぷらの盛り合わせを2種類も食べた人が食べていい食べ物じゃないぞ。ドクターストップがかかるぞマジで。後になってカロリーを調べてみたら、海鮮かき揚げ天丼そばセットは1,646kcalだということが判明。あいたたた。なんだこの高カロリー食は。一日一食これ食べたらもうこれ以上何も食べちゃいけません状態のカロリーではないか。素晴らしい。この海鮮かき揚げ天丼、相当気に入った。カロリーには目をつぶってでも、また食べたいと思わせた一品。

海鮮かき揚げ天丼のインパクトの前に蕎麦は完全に風前のともしび。いや、でも蕎麦も美味かったですよ?とフォローしておく。あれ、さっきと言っている事が違うような気がするけど。

ちなみにこの数時間後、なかなかに厳しい胃もたれに襲われてしまい、おかでん苦悶。結局この日の夕食は冷や奴を食べるだけで終わりになってしまった。やっぱり揚げ物三昧は胃にきついわ。改めて実感。食べ過ぎ注意!