名代 箱根そば 秋葉原店

2017年01月04日
【店舗数:406】【そば食:668】
東京都千代田区神田佐久間町

ピリ辛もつ煮込そば、山かけそば

箱根そば

2017年の一発目として、神田明神にお参りをした。

僕の癖で、毎晩、財布の小銭を貯金箱に移すことをやっている。長財布を使っているので、小銭が邪魔だからだ。で、今回のように神社に行くと、お賽銭に払える小銭が全くなく、途方にくれることになる。まさか、千円札を投げ込むほど僕は金持ちじゃあない。

この事実に気がつき、しばらくモジモジしていたが、結局連れにお金をもらった。お賽銭を恵んでもらうとは、正月から景気が悪い。でも、あともう少しで「お賽銭を投げるフリをして、実際にはお金を投げない」というインチキをするところだった。これでお祈りなんぞしていたら、神様を怒らせていたかもしれない。恥ずかしい思いをしたけど、神罰を受けるよりはるかによい。

そんな神田明神は初詣参拝のために大行列。1時間くらいは並んだだろうか?完全に油断していたので、予定が大いに狂ってしまった。

本当は、神社近くにある甘酒のお店でまったりと甘酒タイムとしゃれこむつもりだった。しかしあまりの人ごみに断念。秋葉原駅に戻ってきたのは、既に午後2時。さてどうしよう?今からガツンとお昼ご飯を食べたら、夕食に響いてしまう。

ヨドバシカメラの一階に、「唐揚げとハイボール食べ飲み放題60分999円」が気になるが、お酒を飲まない僕にとってハイボールはいらん。ウーロン茶も飲み放題なら、ぜひお試ししたいところだけどやめておこう。

で、「軽くなにか食べて帰ろう」となったとき、目に付いたのがこのお店。

「箱根そば」。

以前からこの地にあったっけ?あんまり記憶がない。名前のとおり、(新宿から箱根に通じている)小田急線沿線に多く店を構えている立ち食い蕎麦屋だ。小田急の系列会社が経営していたはずだ。僕は小田急線界隈とはほぼ無縁の生活を送っていたので、これまで一度たりともこのお店ののれんをくぐったことはない。

ほほう、ならば今回せっかくだから、食べてみようか。

昔、2ちゃんねるだったかどこだったか、駅界隈の立ち食い蕎麦屋では箱根そばはよい、というのを読んだ気がする。記憶違いかもしれないけど。

それにしても「名代」って難しい漢字だよな、「みょうだい」「なしろ」「なだい」と読み方がいろいろあるし、それぞれ意味がぜんぜん違う。・・・えーと、このお店の場合、なんだっけ。忘れた。

・・・検索中・・・

ああ、わかった。「なだい」が正しい。「評判が高い」という意味、ね。

食品サンプル

店頭に食品サンプルが陳列されている。

しかし、食品サンプルをいまさらみたところで、何か新しい発見があるわけでもない。場所が場所だけに、外国人観光客向けなのかもしれない。

そういえば、富士そばにも店頭に食品サンプルがあったっけ。小諸そばはどうだったかな?

何を食べるかなあ・・・。いざ、立ち食い蕎麦を食べるぞ!となったとき、「かけそば」を食べるのはなんだか残念なのでトッピングはしたい。かといって、天ぷらそばというのも芸がない気がする。もっと何か面白いサムシングがあれば、ぜひ。

季節限定メニュー

そんなあなたに朗報。最近の立ち食い蕎麦屋というのは、当然のように「季節限定メニュー」が用意されているのだな。

言っちゃ悪いが、どれもいまいち僕の心に響かなかったけど、それでもこうやってポスターでご案内されちゃうと俄然この中から選びたくなってくる。

あとで知ったけど、箱根そばの冬の定番といえば「貝柱のミニかき揚げと春菊天そば・うどん」なんだそうだ。

蕎麦二種類

で、僕はまんまとその「冬の定番」をスルー。「ピリ辛もつ煮込そば」を選んだ。九条ねぎが入っているよ、というのに惹かれたからだ。

連れはノーマルメニューの中から、山かけそばをチョイス。

ピリ辛モツ煮込みそば

ピリ辛もつ煮込そば。

蕎麦のつるつるッ感をもつのくちゃくちゃで帳消しにする、素敵な組み合わせ。・・・というと表現が悪いが、二種類の食感が楽しめる楽しい一品、と形容すればとてもうまそうだ。

久しぶりにこの手の立ち食い蕎麦を食べたと思うが、独特の麺の食感、つゆの感じ、すべてが「久しぶり!たまにはこういうのもいいよね!」という気になる。気合を入れて空腹を満たそうと思っているときにこの味なら残念だけど、「さっと、軽くメシ食べたいな」というときにはこれくらいの軽さがちょうどいい。

卓上の七味をふりかけ、辛くしてから改めてずずぅとつゆをすするのも、いい。立ち食いの荒々しさがむしろ心地よさを感じる平日昼下がり。

山かけそば

山かけは、先ほどのモツとは全く違う食感。あくまでも蕎麦によりそうかたちで、とろろが麺に絡みつく。さらにうずらの玉子が「いいぞもっとやれ」と絡みつく。この食感も久しぶり。

立ち食い蕎麦って、独特な世界観があっていいよな。キリッと引き締まった雰囲気の手打ち蕎麦屋とは別の世界だ。なにせ、コロッケをトッピングにしても平然としている世界だぜ?モツが載ってるくらいじゃ、まだまだ。いずれ、「ジビエ蕎麦」とか「フォアグラ蕎麦」とかでてくるんじゃなかろうか。今から楽しみだ。

広告
広告

ソーシャルリンク

関連記事

関連記事