高野山の名宝@サントリー美術館

なんなのこの展示。

重要文化財以上でなければ芸術品にあらず、と言わんばかりのお宝まみれ。

しまいには、運慶作の八大童子像がずらり取り囲むように配置された部屋は、国宝国宝国宝・・・。

しかもそれが、ガラスケースなし。

仏像の持つ迫力がビシビシ伝わってくる。

美術としてもすばらしいと思うが、やはり信仰の対象となるものは気迫が違う。

そんなものを間近に、まさに手が届きそうな距離で拝めたのは本当に良い機会。

(2014.11.19)