都市対抗野球観戦@東京ドーム

都市対抗野球

都市対抗野球が今年も開幕。

7月下旬に東京ドームで行われている。 高校野球と比べて知名度が低く、人気もあまり高くない。

そういえばテレビのニュースとかでちらっと報道されてたっけ、くらいの位置づけ。

・・・と思いきや、これが結構お客さんが来るのだった。 今時実業団スポーツってはやらないんじゃないか、と思いきや、いやいや、案外根強いものだ。

都市対抗野球

あ、そうそう、「都市対抗野球」といっても、実際は実業団野球のトーナメント戦だ。 たとえば、過去2連覇している「JX-ENEOS」は横浜市の代表だし、対戦相手の「JR東海」は名古屋市代表。

根っからの都市対抗野球好きも当然多いとは思うが、こういうのはビジネスが絡んだりもする。

「観客席をバーンと埋めて、高らかに応援したい。だから、ぜひ応援に来てください」 と取引先の企業に「動員要請」をかけたりする。

動員要請に応じなかったら「おまえんとこ、もう取引中止」みたいなペナルティはさすがにないとは思う。 しかし、「あちらの会社は50名連れてきてくれた。御社ももう少し頑張って欲しいですね」なんて言われると、頑張らざるをえない。

で、嬉々として動員要請に応じたわたくし。

こういう機会でもないと、なかなかスポーツ観戦なんてしないので、むしろありがたい機会だ。

都市対抗野球

東京ドームに入るにはチケットがいる。しかし、企業ブースがゲート前にあって、そこで応援グッズとともにチケットを無料配布している。 ただで熱戦を楽しめるどころか、応援グッズまでもらえるのだから、お得だ。

都市対抗野球

ただしこの応援グッズ、トーナメントを勝ち進んでいくと「在庫切れ」になることもある。欲しいなら、できるだけ一回戦の時に観戦するといい。 企業ごとに、いろいろな応援グッズがある。

都市対抗野球

試合はとても楽しめた。高校野球ばりに応援団やチアガール、マスコットキャラクターの着ぐるみが出てきて、それもまた楽しい。 今年はどこが優勝するのだろう?

(2014.07.18)