さらし奈乃里(16)

2000年07月01日
【店舗数:—】【そば食:107】
東京都板橋区前野町

精進天ぷら、板わさ、鱚天もり、おかめそば、ビール、お酒

いつも通り、週末の昼下がりにさらし奈乃里に行った。
がらがら、と扉をあけたら、そこには同じ寮に住む友人が居た。室町砂場かんだやぶそば神田まつやの蕎麦屋ハシゴなど、いろいろ暴飲暴食を一緒にやっているサイトウ青年だ。

このメンツがそろってしまうと、大人しく済むわけがなかった。

「うーん、こっちも食べたいんだけど、こっちも魅力なんだよなー」

と思わずお品書きを前に唸ってしまうと、すかさず

「いいじゃん。両方食べれば。片方だけ食べて後悔するより、両方食べて後悔した方がいいだろ?」

なんて悪魔のささやきが発せられる。

気が付いたら、鱚天もりを食べたというのに、追加でおかめそばを食べるという暴走っぷり。それもこれも、

「おかでんまだお酒残ってるじゃないか?」
「あー、いやね、今日は二人で料理をつつき合ったでしょ。だから、どうもいつもとペースが狂っちゃってね」
「だったら、まだ追加すりゃいいじゃん」
「いや、蕎麦もう食べてるし」
「蕎麦でお酒飲めばいいじゃん」
「うーん、なるほどねぇ。おかめそばだったら、確かに蕎麦を頂きながらお酒も飲めるけど・・・」
「おかめそばって何?俺、見たことないんだけど。見たいなぁ」
「そうか?じゃあ、頼んでみようか。あの、すいませんおかめそば、お願いします」

こういう事をやってるから、貯金が増えんのです。方や、サイトウ青年のほうはきっちりと貯蓄額を増やしているんだから、世の中理不尽だよなあ。

と、自分の散財癖を「世の中理不尽」という事で現実逃避しようとしている今日この頃。

闘わなきゃ現実と。(c)役所広司