八王子駅立ち食い

2000年09月09日
【店舗数:053】【そば食:114】
東京都八王子市旭町

天玉そば

八王子駅

早朝発で、大菩薩嶺登山に向かった。途中、中央本線乗換のため、八王子で7分ほどの接続待ち。ホームでは、立ち食い蕎麦屋が凶悪なまでにだしつゆの香りを発散させている。

7分、か。

思わず、逆算する。食券を選んで1分、調理に2分、食べるのに3分、水飲んで1分。うん、間に合う。

ということで、天玉そばご購入ありがとうございました。

そりゃあ、朝ご飯食べないで山に登るわけにはいかんでしょ。エネルギー補充しておかないと。

八王子駅は、さすがに「あじさい茶屋」の勢力範囲外のようだ。見慣れない緑の看板が、まるでコンビニのようだ。やっぱり、駅ごとに業者さんが違う方が、こちらとしてはうれしい。

店内では、一生懸命かき揚げを揚げている最中だった。現在は朝の6時半。これからの来客に備えて、せっせとストックを作らないといけないのだろう。ご苦労様です。・・・って、あれれ。何か違和感がある光景だな、と思ったら、そういえば駅構内の立ち食い蕎麦屋で天ぷらが自家製ってちょっと珍しい。ほほー、ここは自前で揚げているのか。その光景を目撃して10秒後くらいに、ようやくびっくりした。

よく見ると、厨房内は天ぷら用フライヤー、麺をゆでる釜、つゆの鍋と3つがシステムキッチンとして一つに構成されていた。整然としていて、これは便利だ。

蕎麦は、冷凍麺ではなかったようだが、そこそこおいしかった。時々、食べたくなってしまうしっかりとした食感。

自家製天ぷら、やっぱええわぁ。既にほぼ冷たくなってしまっていたかき揚げだったけど、おいしかった。油っけも何もかも抜けて、スナックのようにカリカリだったり、湿気を吸ってヘロヘロになっている奴とは段違いだ。手間がかかると思うけど、ぜひ今後も自家製天ぷらを続けてください。

おっと、電車がやってきた。ちょっと浮き足だってしまったけど、あともう少しで食べ終わる。ずるずる。最後は冷水をきゅっと飲んで、フィニッシュ。注文からごっそさんまで正味4分間だった。早い!

さあて、エネルギー充填完了、山に登ってくるかね。