そば さくら(03)

スポンサーリンク

2003年12月29日
【店舗数:—】【そば食:271】
岡山県倉敷市本町

とり焼き、焼き海苔、十割そば、ビール、萬年雪

年末の慌ただしい羽田空港を正午に飛び立ち、岡山の地に降り立ったのが13時過ぎ。今日は実家に帰省する。

元来優柔不断な性格のおかでんにとって、この「出発時間」と「到着時間」は非常に中途半端だ。なぜなら、お昼ゴハンをどこで食べるか?という点において多いに悩まなければならないからだ。

もちろん、せっかくなのだから岡山に着いてから食事をすればいい。ままかりを食べるなりなんなり、いくらでも名産はあるだろう。でも、羽田空港で軽く食事をして・・・この場合、「食事」というコトバには限りなく「アルコール摂取」というコトバに近い・・・飛行機にのるというのも結構楽しい。遠方に旅するとき、アルコールが傍らにあるというのはシアワセな気分になれる。この年になっても、通勤電車ではない交通機関に乗ると、心がときめく。だから、そのときめきを大切にしてあげたいので、ビール。なーに、ときめく心の肥やしみたいなもんだ。さて、出発前にココロの肥料を仕入れておくかね。

そんなこんなで、羽田空港の出発ロビー界隈をうろうろしてみた。しかし、まあ当然なのだがうどんやらカツサンドやらカレーでビールを飲む程度しか選択肢しかない。これはあまりにもイマイチすぎた。チクワやチーカマでビールを飲むのは、さすがに単なる酔っぱらい願望者にすぎないみたいなので、やらない。

羽田空港、もっと手荷物検査の先にも飲食店を作って欲しい。相当広い施設なので「さっさと手荷物検査を受けておかないと」という気になって中に入るのはいいんだけど、中に入ったが運の尽き、さあ腰を落ち着けて食べるぞ(飲むぞ)というお店がありゃしない。

どうしたもんかとウロウロしているうちに、アナウンスで「岡山行きの最終案内をいたします」と言われた。ちっ、時間切れか。

ということで、空腹のまま岡山空港に到着。羽田のカタキは岡山でとる。さあ、岡山空港で何かを食べよう、と思って構内をうろついてみる。しかし、思った以上にそそられるお店がなかった。「羽田空港で何も食べずに来たのだ、ここではそれなりのものを食べさせて貰わないと・・・」と意気込みすぎたのだろう、どの店も、おかでんの高度1万メートルの期待値ハードルを乗り越える事ができなかった。どのお店で食事をしても、なんだか妥協の産物のような気がしてきた。

ということで、スルー。

なんだか負けた気分になりながら、倉敷行きのバスに乗る。倉敷かぁ・・・美味い店、知らないなあ・・・。ぶっかけうどんでも食べるか・・・でも、あそこは酒飲んでうひゃーっていうお店でもないしなあ・・・。

立ち寄り先の直前まできて、まだ悩む。

悩んでいるうちに倉敷についてしまい、悩んでいるうちにぶっかけうどんのふるいち本店の前を通過してしまい、悩んでいるうちに・・・あれれ。さくらの前に着いてしまった。

さくら

別に蕎麦を食べたかったわけではないが、「お昼からお酒を飲んで、おいしいモノを食べて、しかも一人でくつろいで違和感ないお店」ってぇ事になると、もう蕎麦屋しかなかったんである。空港界隈だったら、まだ一人酒なんてやっても変じゃないが、往来激しい町中で、堂々とそれができるっていったら蕎麦屋だ。

ただ、時刻はもう14時。中休みだったら昼飯抜きでもいいやと思いながらのれんの前に立つ。

・・・営業しとるかどうか、わからん。店の中が完璧に伺いしれぬ。

入り口の周囲をきょろきょろと見渡し、営業時間のプレートを発見。中休みはしていないようだ。まあ、ひとまず安心だ。三度目の訪問となる、さくらののれんをくぐる。



タイトルとURLをコピーしました