The乾麺グランプリinTokyo2018

広告

2018年08月18日
【店舗数:428】【そば食:707】
東京都千代田区日比谷公園

猪肉の黒ビール煮込みと出雲そば

乾麺グランプリ

H ZETRIOのライブを見に日比谷野外音楽堂に向かっていたら、途中の日比谷公園で何やらイベントが開催されていた。

ポスターを見ると、「The 乾麺グランプリ in Tokyo 2018」というイベントが行われているらしい。

「日本最大級の祭典!」とバーンと銘打っている。このイベント自体が、日本最大級というわけではさすがにないだろう。「乾麺イベントとしては」日本最大級、なのだろう。そりゃそうだ、乾麺というテーマでのイベントなんて、これまで聞いたことがない。

日比谷公園に入ってすぐのところには、そうめんの「揖保乃糸」が大きなブースをこしらえていた。まあ、そうなるよな。乾麺と聞いて真っ先に思い浮かぶのが、そうめんだ。

でもねえ、今日のお昼、ちょうど揖保乃糸を食べたばっかりなのよ。しかも前日は、兵庫県たつの市にある揖保乃糸の工場「そうめんの里」でそうめんを食べたし。

本田商店の屋台

とはいえ、これから夜にかけてライブだから、腹ごしらえをしておくにこしたことはない。

何かよさげなお店があれば、と思って会場内を歩いていたら、あった。なんだコレ?

「猪肉の黒ビール煮込みと出雲そば」

だって。有限会社本田商店のブース。

面白いね、乾麺の出雲そばに、「猪肉の黒ビール煮込み」をぶっかけたものだ。僕にとって猪肉は、食べる機会があればぜひ食べておきたいと思っている食材だ。500円ということだし、ぜひ食べよう食べよう。

猪肉の黒ビール煮込みと出雲そば

これが「猪肉の黒ビール煮込みと出雲そば」。

なるほど、ドミグラスソースっぽい煮込みなのだな。思った以上に猪肉が入っていて、食べ応えがある。

蕎麦って、案外こういう「濃い味付け」にあう麺だと思う。もりそばでひたすら蕎麦の風味を追求するのも素敵だけど、こういう「蕎麦の味がわからなくなってもいい!食い物として美味ければ!」というジャンルの料理にも向いている。もっと、開拓の余地があると思う。

昔、新小岩の「砂場」で「ソバロンチーノ」なる蕎麦を食べたことを思い出した。あれも随分「蕎麦そのものの味」がわからなくなっているけど、美味かったなあ。

砂場(01)
2014年02月08日 【店舗数:366】【そば食:604】 東京都葛飾区新小岩 天ぷら盛合せ、ソバロンチーノ 折からの大雪で、都内の交通網はずたずた。

こういう蕎麦、もっと食べたいものだ。



タイトルとURLをコピーしました