一由そば

2018年10月15日
【店舗数:431】【そば食:710】
東京都荒川区西日暮里

かけそばメガ盛り、ジャンボゲソ天

「川むら」で蕎麦を食べたけれど、なんとなく物足りなさが残った。

川むら
2018年10月15日 【店舗数:430】【そば食:709】 東京都荒川区西日暮里 大もり 日暮里駅から谷中中心部に向けて歩いてすぐのところにある蕎麦店。 以前から気になってはいたけど、入ったことがないので今回初訪問と...

「大もり」を食べておきながら「物足りない」というのは、完全にデブの発想だ。でも弁明させてもらうと、「空腹が満たされていない」という意味ではなく、「なんか、エモいものが欲しいよね」という肌感覚だ。

どうも、隠しようのない事実として、2018年版のおかでんは、「立ち食い蕎麦みたいなメリハリがきっちりした蕎麦が好み」だ。または太くて硬い麺とか。

ならば、ということで、二軒目へ。「川むら」が日暮里駅の西側にあるお店なのに対し、次にやってきた「一由そば」は日暮里駅の東側にある。

24時間営業なのだそうだ。すげえな、深夜でも客がやってくるのか!この界隈はラブホテルがちらほらあるような場所だけど、深夜まで人の往来が多いのかどうかはよくわからない。すぐ近くにタワーマンションがあるので、そこの住人が使うのか、それともタクシーの運転手さんが夜食として利用するのか。

今回初めて訪れるお店だけど、女性客がするすると目の前を店内に入っていく。女性にも受けるお店だ、ということでびっくり。24時間営業の立ち食い蕎麦、というと男の戦場!というイメージなのだけど、そうではなかった。

しかも、クロネコヤマトの女性セールスドライバーさんも、お昼ご飯のために列に並んでいる。てっきりこの人、宅急便の配送のためお店にやってきたのかと思ったけど、違った。プロの配送担当者の方(しかも女性)も愛するお店。

たくさんの天ぷらがメニューに並ぶ。

これだけ見ると、天ぷらお持ち帰りをやっている商店街のお惣菜屋さんのようだ。

どうやら、このお店の基本は「かけそばorかけうどん」で、それに好きな揚げ物などをトッピングする、という構成らしい。すばらしく潔い。

最近、首都圏界隈の駅ナカ立ち食い蕎麦屋というのは、季節感をすごく意識した凝ったメニューを出すようになった。春夏秋冬、新メニューが続々出てくる。それはそれでありがたいことだけど、今回こういう、火の玉ストレートなメニュー構成の蕎麦屋を見て、軽く感動すら覚えた。

ちなみにこのお店の名物は、ジャンボゲソ天らしい。140円。

名物、と言われれば試してみないと。
さっき蕎麦を食べたばかりで本日二食目のお昼ご飯となる。だから、ジャンボである必要は全くないのだけど。でも、ジャンボは良いことだ。うん、ジャンボ、いいね。きっと。たぶん。

ノーマルのゲソ天と比べて30円しか差がないし。

このお店はゲソを安く仕入れるルートを持っているのだろうか?

ゲソ寿司、ゲソ炊込みおにぎり、ゲソいなりといったサイドメニューがあった。

ジャンボゲソ天とあわせると、ゲソだらけだ。イカにはタウリンが豊富なので、リポビタンDを飲むよりも元気になれるかもしれん。疲れたらここでゲソ三昧、いいかもしれない。

おっと、注文時に麺のサイズを選ばなくちゃいけないらしい。店内メニューを見ると、

  • 小 1/2玉
  • 普通 1玉
  • 大盛 1+1/4玉
  • 特盛 1+1/2玉
  • メガ盛 2玉
  • キング盛 3玉

と書いてあった。

非常に慎重に麺の量がコントロールされているらしい。ジャンボゲソ天を折角頼むんだから、麺もちょっぴり多くしたいな、という欲がむくむくと湧いてきた。

普通なら「大盛り!」と言いたいところだが、大盛は1.25玉しかないようだ。全然増えていない気がする。これは中途半端だ。折角頼むんだから、もうちょっと多い方がいい。・・・ならばメガ盛りだ!2玉になれば、がぜん「どうだ!量が多いぞ!ボクは人生に全く遠慮していないぞ!」感が出てくる。

じゃあ、メガ盛りで。

・・・

届いた「ジャンボゲソ天そばメガ盛り」は、他の人のものよりも丼が大きかった。そこに2玉の蕎麦。そしてジャンボゲソ天。

うーん、量が多いんだろうけど、なんだか迫力は無くなってしまった。これだと、「ジャンボ」なゲソ天の迫力がないし、「メガ盛り」の蕎麦という感じもない。おおう、作戦失敗。

でも、写真を見てわかってほしい。蕎麦の太さから類推して、この丼がいかに大きいか、そしてゲソ天がいかに大きいか、さらには麺2玉がどれだけ大きいか。

カウンターには、ネギが大量に入っている容器があった。セルフで盛ってよし、という「丸亀製麺」方式らしい。遠慮無く盛らせていただく。下品?いや、立ち食い蕎麦の醍醐味って、青臭くて苦くて辛い、ネギだと思うんよ。ちょっと口の中がヒリヒリしながら、ネギを食べつつ蕎麦を手繰るっていうのが、いい。

あと、輪切り唐辛子も自分で盛ってよし状態だったので、盛った。七味唐辛子が卓上にあるのは蕎麦屋では当たり前だけど、輪切り唐辛子というのはちょっと面白い体験だった。

食べ終わったあと、「カロリー。。。。」と気になったけど、それはいいっこなし。満足だ。

時々ここには訪れたいものだ。