山小屋で抱いた殺意【悪沢岳~赤石岳縦走】

2001年07月21日(土) 3日目

夜明け

3日目の夜が明けようとしている。山小屋の朝は早い・・・。うん?昨日も同じ事を書いたような。

いやあ、やっぱり熟睡できんもんはできん。ずっと同じ姿勢で寝るのは人体の構造上無理なので、時には横を向いて寝たりするんだけど、サテ横を向いているのもそろそろ疲れてきたな、とまた仰向けで寝ようとすると・・・ぎゃあ、既にそこには隣のオッサンの足が割り込まれている、なんて。

あと、数十人が雑魚寝していれば、当然中には数名いびきが地響きを立てるラウドスピーカー野郎がいるわけで。で、そういう公害人間に限って、夜遅くまで酒飲んでわあわあやっていた奴だったりするわけで、ナチュラルに不愉快。自分の寝袋をこやつに被せて、窒息させてやろうかしらんと何度思ったことか。雲上の山小屋だから、昇天したときに天国にも近かろう。

朝4時半頃、周りがざわつきだしたので起床。こんな狭い寝床だと、無理して寝ていても隣の人に踏みつけられるのがオチだ。

外に出ると、山の世界は朝日が差し込もうとしているところだった。写真は、山小屋から南側を見たところ。右の尖った山は聖岳。真っ正面のエラそうな山は、何という名前だろうか。

まだ夜が明けていない谷

今度は北に視線をやってみる。

真っ正面に見えるは、悪沢岳だ。

赤石岳の夜明け

やあやあ、日が昇って参りました。

赤石岳が、まさしく赤く染まる。

朝5時に食堂前が行列

赤石小屋は朝5時から朝食となっている。

夕食時のように、山小屋到着順に整然と時間指定はされていないかった。早い者勝ちということだ。これは、「あとは下山をするだけなので、時間的余裕がある」人と、「今日は遠くまで歩くので、早立ちしたい」という人がいるためで、ゆっくりしたい人はゆっくりとどうぞ、という配慮なのだろう。

しかし、広い小屋というわけでもないので、朝食だとか出発準備だとかでごそごそやっている人たちの横で朝寝をむさぼる事などできるわけもなく。結局、みなさん食堂に行列を作る事になるわけだ。

われわれは残すところ3時間35分の下山のみなので、時間の余裕は十分にある。5時20分頃になって、ゆっくりと食堂に行ってみたが・・・あれれ、まだこんなに行列があるぞ。

ちなみに、写真の中で、「今食堂から出てきました」の女性2名、この方がこの日の山小屋泊登山客で唯一の若い女性でした。あと残り100名弱は、全員オッチャン・オバチャン。超高齢化社会を先取りなんである。

赤石小屋の朝食風景

朝日をあびながら、もそもそと朝食を食べる山屋たち。すがすがしいんだか、すがすがしくないんだかよくわからん写真だなあ。

狭い食堂、肩を寄せ合って食事をしているため、お茶を注ぐ際、醤油を取る際、ご飯をよそう際、席を立つ際、ことごとく「すいません」と言わなくてはならない。

おかげで、食堂のあちこちで「すいません」「あっ、すいません」の大合唱。ますますよくわけがわからない空間だ。

赤石小屋朝食

今日の朝食。朝日を浴びてのブレックファースト。

うむ、ブレックファーストと呼ぶのはちょっと印象違うな、という感じが。朝メシ、という表現がぴったりか。

山小屋の朝メシ故、至ってシンプル。梅干しがちょこんとお皿に乗っているのがチャームポイント。

「山に登るってぇのにこの量じゃ物足りないのでは?」と危惧する向きもあるだろうが、案外オバチャンなどはこれだけの量でも持て余したりするんですな。

将来的に、ますます登山が中高年の趣味に特化していった場合、山小屋のメシは一体どうなってしまうのだろうと今から心配。ワカモノが満足する食事は質・量ともに出てこなくなってしまい、自炊せざるを得なくなるなんて事があるかもしれない。もしくは、我慢してひたすらご飯とみそ汁をお代わりするか。

この宿もご飯おみそ汁のお代わりは自由だった。

味?いや、この料理でどうやってコメントすんのよ。うまいもまずいもないでしょ、これだったら。少なくとも、「うわあ、絶品!」って言うのは相当難しいメニューだと思われ。減点方式で、いかにマイナスを少なく抑えるか、という類。

下山開始

さ、朝食を食べ終わったら下山ですぞ。

何しろ、さわら島まで下山したら一安心、って事ではなくて、そこから送迎バスで畑薙第一ダム、さらにそこから6時間近くかけて東京ときたもんだ。まだ朝6時になっていないけど、さっさと下山するに越したことはない。

赤石カールを振り返り、最後のお別れをして下山開始。

道はけっこう急だ。下りながら二人で「いやあ、この道は登るとしんどいなあ、登りがこっちでなくて良かった」としみじみと語り合ったほど、急だ。さわら島~千枚小屋までの道が長かったかわりにだらだら坂だったのとは大違いだ。

途中、廃道になった林道を何度かすり抜けながら、ぐいぐいと下る。高度が下がっていく上に、樹林帯の中を歩くために展望はほとんど無し。もう、ひたすら下っていくしかない。

さわら島に通じる最後の階段

最後、鉄の長い階段をタンタンと降りて、さわら島手前の車道に到着。一気に下ったので、さりげなく疲れた。

8時30分下山なので、所要時間は2時間40分程度か。コースタイムを1時間も短くしてしまった。そりゃ疲れるわ。

途中、気の早い登山客と何度かすれ違った。みんな一様にふうふう疲労困憊している。恐らく、さわら島を早朝に出発して、今日は荒川小屋か百間洞山の家にでも泊まるのだろう。

さわら島で待望の生ビール

やー、戻ってまいりましたさわら島。

畑薙第一ダム行きのバスは、まだあと1時間半くらい待たないと出発しない。売店で整理券をもらって、さわら島でまったりと時間を過ごすことにする。

どうも、今回の山行きは行程距離が長くばたばたするものだと思っていたが、要所要所で時間に余裕ができて良い。

ということで。

はい皆さんお待たせしました。ビールなのですよビール。思い起こせば2日前。さわら島ロッジを発って千枚小屋に向かうとき、ココロに誓うは「きっと無事生還して、ここで生ビールを飲むんだ」と。幾多の年月を重ね、少年おかでんは立派な大人になって戻って参りましたお父さんお母さん。では早速思い出を振り返りながら頂こうじゃありませんか。

朝から、生ビールサーバは稼働しとるかしらん、と心配していたが、いやいやちゃんと客のニーズは把握してらっしゃる。バイトのお姉ちゃんがにこやかに冷え冷えの生ビールを注いでくれた。うひゃあ。

生ビールごきゅーっですよごきゅー

ぐひゃーっ。

ぐびーっ、という表現はこの場合そぐわしくない。なんか、会社帰りのオッサンがビアガーデンでいっぱいというねっとり感のある擬音だ。では、「ごきゅ、ごきゅ」はどうか。これも、実は違うんだな。山登りで体が疲れていて、なおかつ喉も渇いている時ってのはビールは喉に痛い。だから、水を飲むがごとく「ごきゅごきゅ」と飲むのはちょっと僕個人としてはあり得ない。どっちかといえば、「ずずずっとすする」と「ごくごく飲む」の中間くらいの飲み方となる。

水分は小腸で、アルコールは胃袋で吸収されるというのは医学のいろは。でも、「下山したぁ!」という開放感、疲労感の時にビールを飲めば、なんとなく口腔内ですでに水分 とアルコールの吸収が始まっているような、そんな気になる。

・・・とまあ、長い説明を垂れたが、そういうものを全て包含して、「ぐひゃーっ」と。

ま、そんなのはどーでもいいわけで。とりあえず言えることは、「やっぱビールはうまい」と。

素泊まり棟を見に行く

2杯目のビールを飲もうか飲むまいか、さんざん悩んだ。なにしろバスの時間までまだ相当余裕がある。やることが無い。

しかし、まだ朝9時だという事で自制心を働かせ、ぐっと我慢することにした。(この判断が下るまで約30分の悶絶があったが、それはさておく)

さわら島内を散策することにした。行きの時は、ほとんど素通りだったから、まだまともに物色していない。

この写真は、さわら島ロッジの素泊まり棟。二食付きの人とは隔離されるらしい。全部で4棟あって、さらにこれとは別に冬季小屋が1棟ある。

素泊まり棟の中

素泊まり棟の中身。うむ。正しき山小屋の姿って感じ。調理する人は、真ん中の土間で行う。

しかし、東海フォレスト管轄の山小屋がいずれもきれいに改築されているのを見た後にここに訪れると、言っちゃなんだが非常に汚く見えてしまう。

東海フォレストのサイトに、各山小屋の紹介が掲載されている。さわら島登山小屋の項だと、

素泊りと冬期用の小屋です。「南アルプスに来たらやはりこういった小屋でなくては!」という方や、「テントを持ってきたけど大雨で...」という方はぜひご利用ください。静かに物事を考えたいという方、団体で自炊をしてみたい方々にもお勧めです。もちろんテレビはありませんが、残念なことに電灯とストーブはあります。

と書かれている。まあ、これがデフォルトという事ですな。きれいな小屋だったり、食事付きだったり、寝具はきっちりと干された寝袋だったり、というのは「ぜいたく」だと。「残念なことに電灯とストーブはあります。」という表現は笑えた。

なお、山屋はマゾだという説があるが、↑この文章を読んでますますその思いを強くしないように。

素泊まり3000円。さすがに、他の小屋より安い。

さわら島ロッジ別館

こちらはさわら島ロッジ別館。さきほどの素泊まり棟とはうってかわって、新しいきれいな建物だ。4棟、整然と並んでいる。

一泊二食付きだと、こちらにご案内ー、というわけだ。うーん、やっぱり登山小屋よりこっちの方がいいなあ。

さわら島ロッジ別館はアパートのようだ

もともとは林業の人たちの宿泊施設だったようだ。プレハブづくりで、一室4名程度収容できる(といっても、山小屋換算の4名)部屋がずらりと並んでいる。

宿泊客が多ければ当然相部屋だけど、オフシーズンだと個室独占!って事になるだろう。非常に快適そうだ。

お風呂もついている模様。

さわら島ロッジは大伽藍

さわら島ロッジと呼ばれる建物は全部で12棟もあるらしい。まるで大寺院の伽藍だ。どこの建物が何の役割をしているのかよくわからない。

おっと、のんびりしている間にそろそろバスの時間だ。

朝9時からシャワー500円也、が使えたんだけど兄貴と相談の上やめにした。せっかくだから、どこか近場の温泉に浸かって帰る事にする。

激しく日に焼けた

帰りのバスの中で、ふと自分の腕を見てびっくり。

おー、日に焼けてしまいましたなあ・・・。こりゃ、風呂に入ると相当痛そうだ。

路駐だらけのダム湖畔

畑薙第一ダム到着。何なんだ、この車の量は。われわれが着た時は連休初日の朝という事もあって、こんなに駐車はされていなかったのだが・・・。

恐らく、ここに駐車している人は全員2泊程度の南アルプス登山に出かけているはず。車上荒らしをするにはもってこいのスポットと言える。

あまりに車が邪魔なため、静岡行きのバスが所定のバス停までたどり着けないらしい。バスに乗る人はダムの手前まで歩いて行ってください、とアナウンスがあった。

荷物をレンタカーに積む

荷物をレンタカーに放りこんで、そそくさと退却。

畑薙第一ダム

畑薙第一ダム。大井川の源流部分に位置する。

ダムの上は路駐禁止になっているにもかかわらず、びっしりと駐車されている。お巡りさーん、交通違反取り締まりのノルマ不足ならここだと一挙大量ポイント獲得ですよ。

しかも、この車のおかげで公共交通機関であるバスが進めないってんだから、ぜひとも正義の鉄槌を食らわせてやってください。・・・とか言ってたら、おいおい本当に警察がやってきたよ。

畑薙第一ダム近辺には駐車場がないため、路駐をせざるを得ない状態。その結果、数珠繋ぎになって、ダムはおろかそのさらに下の道のほうまで・・・えええ、ざっと1km以上、路駐は続いているではないか。ダム上流のわれわれが停めていたあたりまで換算すると、総延長3km以上の路駐って事になる。いちばん端に停車した方、ご苦労様です。

湯ノ島温泉浴場

畑薙第一ダムの近くに「赤石温泉」がある。最初はそこで湯を浴びようと予定していたのだが、どうも送迎バスに乗っている人間の半分くらいが同じ赤石温泉に向かいそうな気配。みんな仲良く風呂桶争奪戦なんてやるのは非常に憂鬱なので、予定変更。別の日帰り温泉を探すことにした。

しかし、案外ありそうで無いんですな、あの界隈で日帰り温泉は。ふるさと創生基金1億円のおかげで最近は三歩歩けば日帰り温泉(ただし効能は眉唾)に出会うくらいなのに。

結局、山をわけいってたどり着いたのは「湯ノ島温泉」。地図上では相当な山奥っぽかったので、こりゃ人が少なくていいわい、でもこんなところになぜ日帰り湯?・・・と思っていたのだが、いやあ、認識大甘ですわ。客だらけ。掃いて捨てるほどお客さん、いっぱい。どうやら、静岡市街からどっと押し寄せているようだ。何で?そんなに効能あるん?

わくわくしながら浸かってみました。うん、こりゃ僕でも分かる成分のお湯ですな。主成分、塩素。でも、施設は新しくてきれいで良かったですよ。とフォローするふりをしてみる。

トホホな気分になりつつも、食事を摂ろうとしたがろくなものがない上に時間がかかるとのこと。断念。まあ、東名高速静岡ICに着くまでにどこか手頃な食事どころがあるべえ、と気を取り直して退却再開・・・なのだが、えてしてこういうのは何も発見できないのよね。「ラーメン屋?いや、それは却下だ」とかぜいたく言っているうちに、結局高速道路にするすると入ってしまったではないか。ああー。

結局、日本平PAのレストランで昼食となってしまった。まあ、これはこれでおいしかったんで良しとするが、ビールが飲めなかったのは痛すぎるオチだった。

とまあ、結局最後は山に登ったんだかなんだかわからんような残念な気分に浸りつつ帰京となったのであった。うーむ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました