森のビアガーデンでBBQ

肉食人種行動観察会(その4)

東京都内には魅力的なビアガーデンがたくさんある。一昔前は夏休み期間中くらいしか営業していなかったビアガーデンだが、日本の気候が亜熱帯化するに伴い、営業期間がじりじりと拡大。いまや、GW前から10月までとロングスパンで「野外ビール」が楽しめるようになった。期間と、場所。選択肢が増えたことは素直に喜ばしいことだ。

そんな中、以前からひいきにしているビアガーデンの一つが、神宮外苑にある「森のビアガーデン」だ。麦酒飲み人種行動観察会、と銘打ったオフ会で何度も利用したし、それ以外の僕個人の私的な集まりでもよく使ったものだ。

このお店の良いところは、

  1. うっそうと茂った神宮外苑の木々の中に位置し、都会のごみごみ感を一時的に忘れられる。
  2. オーダーバイキング形式の焼肉なので、バーベキュー感覚を味わえる。
  3. 値段はまあまあ。

というところにある。誰しも「野外で肉を焼きたい。」という気持ちにふとなることがあると思うが、それを手軽に、かつ比較的安価に実現させてくれるのがこのお店だ。下手にバーベキュー場のような専門施設に頼るより、はるかに楽だ。

森のビアガーデン外観

お酒を飲まなくなった今でも、僕はビアガーデン、特にフリーフードのお店は大好きだ。非日常感があるからだ。周囲を見回せば、本当にみんな楽しそうにしている。これは普通の酒なしの飲食施設では見られない光景だ。功罪あるにせよ、やっぱりお酒は偉大だ。

このビアガーデンはもちろん僕は大好きだ。一番が「ニユートーキヨー数寄屋橋本店・屋上ビアガーデン(日本最古の屋上ビアガーデン)」で、その次がここだ。同様に、僕の友達も森のビアガーデンを愛する人は多く、ここで飲食やろうぜ、と声をかけたらするすると5名が集まった。

がらんとしたエントランス

ただ、残念なことがある。森のビアガーデンを愛する人は自分たちではなく、他にもものすごい数存在する、ということだ。そのため、夏の間は連日1,000席ある客席は予約でいっぱい。予約を取った上でお店訪問しようとすると、1ヶ月前でも難しいという有様だ。予約なしのフリー客用に客席は確保されているが、それ目当てで突撃すると、30分待ちくらいはざらなので要注意。

我々は、そうなることを見越してこの日は昼間に訪れる予定だった。昼だったら、酔客は少しは少ないだろうと予想してのことだ。しかし、この日はあいにくの台風。客が少ないどころか、これじゃ営業中止だ。だってビアガーデンだもの。午前中にして、早くもこの日の野外宴会中止を関係各位に周知した。

すると、参加者の1名が現地に確認の電話をしてくれて、「営業、やるらしいよ」と教えてくれた。

うそだろオイ。結構雨降ってるし、風もある。折角のビールにじゃぶじゃぶ雨が降り注いで、飲めたもんじゃない。肉を焼く鉄板だって、雨が降ったら肉を焼くどころか鍋になっちまう。

雨天営業のビアガーデンなんてこれまで見たことがないのだが、本当にそんなのがあるのだろうか。それとも、微妙に雨がやんでいる時間帯もあるので、「小雨程度なら営業。ただし本降りになって営業中止になっても文句言わない人だけ利用してね」という条件付なのだろうか。

疑わしい目を向けつつ、18時過ぎにお店到着。すると、確かに営業をしていたので相当びっくりした。ただし、客はガラガラ。週末の18時過ぎともなれば、このお店の混雑はピークだ。例年なら、店頭に予約なしの客が長蛇の列を作るはずだ。それでも、このすっからかん振り。

客が一人もいない客席

株取引にしてもそうだけど、逆張りをするってのが何事も重要なんだな、とこの光景を見て感心した。いいぞいいぞ、並ばなくても飲食できるなんて、幸先がいいぞ。

待ち時間0分

入口のゲートのところに、「テント席のみで営業」という掲示があった。なるほど、普段意識したことがなかったけど、この会場には野ざらし席とテント席の二種類があったのか。テントなら雨が降っても大丈夫、ということで雨の日も営業しているわけだ。確かに、最近夕方のゲリラ豪雨など日常茶飯事の気象状況。雨のたびに営業を中止していたのでは商売にならない。雨対策をするビアガーデン、というとなんか不思議な話だが、当然といえば当然だ。

で、入口のところには「只今の待ち時間目安 0分」の表示が誇らしげだ。よし、ここを全力疾走して通り抜けるぞ。0分のよさを五感で満喫しちゃる。

料金表

このお店は前金制となっている。BBQ飲み・食べ放題で男性4,100円、女性3,800円。昔と比べて結構高くなったが、それでも焼肉ビアガーデンであることを思えば割安の部類に入るだろう。

女性の方が割安に設定されているし、年齢によって値段が変わるというのも新設設計だ。

飲み・食べ放題を選ばずにアラカルトとすることもできる。ちょっとだけ食べたり飲んだりできればいいや、と思っている人はこのチョイスもありだが、こちらを選択している人はほとんどいないようだった。サワー1杯で520円もするので、割高感が強いからだ。

ソーシャルリンク