生ハム三昧な日々。

本日のピザ

本日のパスタ

ロティサリーチキン

メイン料理3品。これ一皿が一人前になる。通常ならこれを食べただけでかなりおなかが満たされてしまう。そう考えると、「バルマルシェ・コダマ」のモーニングビュッフェ600円の倍の値段がするとはいえ、お得感においては負けず劣らず、いやむしろこちらの方がお得なのかも、という気がしてくる。

ケーキ食べます

最後はケーキを食べてフィニッシュ。基本的なソフトドリンクはビュッフェに含まれているので、制限時間になるまで最後はまったりできた。

いやー、これはすばらしいお店だ。雪の日であっても行列ができた、ということには驚いたが、我々は勝ち逃げできたので本当に良かった。大満足だ。今回だけに留まらず、時折訪問したいお店の一つとなった。

※ただし、2014年4月に消費税が増税され、プレーツのランチビュッフェは値上がりしています。注意。

(2014.02.08)

プレーツで生ハムをはじめとする料理を堪能し、ひとまず満足感を得ることができた。本丸である品川駅の「バルマルシェ・コダマ」には未訪問だけど、もう系列店で存分に生ハムを食べたから十分だった。「わざわざ並んで生ハムを食べる」というイベント感を楽しむ、という名目で訪問するのはありだけど、朝から並ぶのはあまりワクワクしない話だ。

そもそも、プレーツで食事をした後はしばらく体重が落ちなかった。塩分の採りすぎだ。生ハムをはじめとする料理の塩分のせいで顔がむくみ、喉が渇いて水分をたくさんとった。そのせいでか、食べ放題で太った体重はなかなか落ちなかった。あんまりこの手の食事は頻度高くやるべきではないものだな。

この日も大雪

そんなプレーツ訪問の一週間後、僕は喪服を着て横須賀線に乗っていた。この日、鎌倉で親戚の法事があったからだ。しかし、よりによってこの日も首都圏をドカ雪が覆いつくしていた。既に電車は遅延をしまくり、部分運休も続々発生していた。

この調子だと時間までに鎌倉に到着できるだろうか・・・と動かなくなった電車の中で心配していたら、親から電話があった。「今日の法事は中止になった」と。あれれ、そうなんだ?

折角品川までやってきたのに、ここで折り返しか。あてが外れたな。このまま帰宅するにしても、なんだか拍子抜けだ。さて、どうしたものかと思ったところで思い出した。ああそうだ、品川駅といえば生ハム食べ放題があるじゃないか、と。

時刻は既に9時半。週末だし、常識的に考えればお店には長蛇の列ができていて食べられるはずがない。でも今日は電車がまともに動いていないので、ひょっとしたらひょっとするかもしれない。ひょっとしなかったとしても、うわさの行列とやらを遠巻きに眺めてニヤニヤすることくらいなら、できる。とりあえずホームにいるのは寒いことだし、お店に行ってみることにした。

バルマルシェ・コダマ外観

お店は、駅構内の商業スペース「ecute品川」の中にある。いつもなら行列ができている店頭だが、この日ばかりは行列がない。ああ、さすがに今日は営業をやっていないのか、と思って中をのぞこんで見たら、ややや、営業やってるぞ。しかも行列なしだし、空いているし。こんなチャンスは滅多にないことだ。折角なので、二週連続ではあるけど生ハムを食べていくことにした。

モーニングビュッフェの告知看板

イートインの入口のところで店員さんにおそるおそる「食事、できますか?」と聞いてみる。「ダメー」と言われても心が折れないように、少し腰が引け気味だ。すると「大丈夫ですよ」という回答。ああやっぱり本当に食事ができるんだ。では、ということでお金を払って中に入る。このお店は前払いだ。駅構内なので、Suicaによる支払いもOK。

お値段は事前情報どおり600円。

コメント

タイトルとURLをコピーしました