俺は見た、心の鳥海山を【鳥海山・月山】

登場人物(2名)
おかでん:やる気のある時と無いときのギャップが激しい、ジェットコースター青年。
コダマ青年:羅臼岳以来久々の登場。おかでんの職場の同僚。

2001年07月12日(木) 1日目

[行程]
21:20東京駅八重洲口(ドリーム鳥海号)→翌朝05:20象潟駅

出陣前の宴会

20時30分、東京駅八重洲口に集合。今回は、羅臼岳ツアーの時と同じくコダマ青年との山行となった。コダマ青年との旅行なら、オープニングの写真はやっぱりビールを飲んでいる写真でないとシマらない。

おかでん 「おかでんが到着したとき、すでにコダマ青年はビールでほろ酔い状態なのであった」

コダマ 「うそをつけ、うそを。今おかでんと一緒に店に入ったばかりじゃないか」

おかでん 「あれ、そうだっけ?」

コダマ 「やめろよ、うそのネタをホームページに載っけるのは」

おかでん 「へーい」

バス出発までの時間、どこかで軽くいっぱいやろうという事で八重洲口近辺を捜索。赤提灯に入ろう、入ろうとするおかでんを必死にコダマ青年が止める。

コダマ 「やめとけって。このメンツで赤提灯に入ったら、出発時間に間に合うと思うか?絶対に乗り遅れるぞ」

おかでん 「大丈夫だって、軽くビール1杯飲めばそれで気が済むから」

コダマ 「軽くで済まないから問題なんだろーが。ああコラ、だからそんな店に入るなってば!」

結局、バス乗り場近くにあったJR系列のファストフード店「サンディーヌExpress」にて軽食をとることにした。

生ビール2杯とさつま揚げ

コダマ 「おい、おかでん」

おかでん 「はい?」

コダマ 「おかでんさっき、『あんまりビール飲み過ぎるとバスの中でトイレが近くなるから、飲み過ぎないようにしないと』って言ってたよな?何だよ、ビールの(大)が2杯もあるじゃないか」

おかでん 「あっ・・・!あはははははは。本当だ!」

コダマ 「言ってることとやってることがぜんっぜん違っとるやんけ」

おかでん 「いや、ホントこれ驚いたよ。まったく意識してなかった。ギャグでも何でもなく、素直に、シンプルに何も考えずにビール2杯頼んでたよ!」

コダマ 「呆れた・・・。それにしても渋いですなぁ、薩摩揚げか。それは夕食ではなくて完全な酒のつまみじゃん。この時点で飲む気満々じゃないの!?」

おかでん 「ファストフード店で薩摩揚げ売ってるってのがめっぽう面白くって・・・ついつい」

売店でビールを買う

おかでん 「あれ、何を買うの?」

コダマ 「バスの中で飲むのをね、買っとこうかと」

おかでん 「おおさすが、用意周到」

さっそく飲み始めるコダマ青年

おかでん 「おい、もう飲むのか!」

コダマ 「うん、もうちょっと飲んでおこうかと」

おかでん 「だったら、さっきのサンディーヌで飲めば良かったのに」

コダマ 「店で飲んだら高いじゃん。こっちの方がはるかに安い」

おかでん 「ううむ、合理的な発想すぎて、ちょっと悔しい気もする。ううむ」

コダマ 「あれ、おかでんはもう飲まないの?」

おかでん 「ううむ。さすがにもういいや・・・」

コダマ 「あっそう。じゃ一人で失礼します。ごきゅ」

おかでん 「なんか、勝ち負けでいったら負けた感じがするのはなぜだろう」

ドリーム鳥海号

今宵お世話になるバス「ドリーム鳥海号」到着。

バス乗り場が少ない関係上、あっちこっちの方面に行くバスが分刻みで到着し、発車していくので油断も隙もない。じっと様子をうかがっていないと、肝心のバスに乗りそびれる恐れ有り。

ドリーム鳥海号の社内

おかでん 「いや、いよいよ旅のはじまりですな」

コダマ 「ようやく『らしく』なってきたって感じ」

おかでん 「あと8時間、目が覚めたらもうそこは鳥海山って事で」

コダマ 「天気がよければいいんだけどなあ・・・」

おかでん 「前回北海道に行ったときが大雨続きだったもんな。今回は晴れるって、きっと」

コダマ 「だといいんだけど」

この後、水割りで今日二度目となる乾杯をやったあと、眠りについた。