のっとれ!2020残念会

2014年から毎年参戦している、新潟県十日町市の「雪中鉄人レース・のっとれ!松代城」。さすがに毎年欠かさず参加していると、だんだんダレてくるものだけど、2020年もエントリーをしっかり済ませた。

たっぴぃさんが「高所恐怖症なので、改めて障害を越えるのが怖いと思った。もう今年限りにしたい」と2019年のレース前に行われた総決起集会で語っていたけど、無事今年も参加する運びとなった。

https://awaremi-tai.com/hebereke0132.html

たっぴぃさん曰く、2019年のレースでは比較的怖いと感じないようになっていた、とのこと。

たっぴぃさんを恐れさせた障害物は、「騎馬止め」だった。アスレチックのように、綱で作られたネットの壁をよじのぼり、高さ4メートルくらいを乗り越えていく。登り降りをするだけならさほど怖くはないのだけど、てっぺんにたどり着いたときが怖い。

上り用のネットと下り用のネットは別になっていて、その間に数十センチの幅がある板が渡してある。これをまたぎながら、体の向きを180度変えるとき、恐怖を覚える人は多いようだ。なにしろ、手すりがない。自分が中空にニョッキリと突き出た状態であり、周囲に何も支えがないというのは本能的に怖いものだ。

しかし、たっぴぃさんは、2019年はちょっと楽だった、という。綱の張り具合とか、土台がどれだけ雪に埋もれた状態か、によって感覚が変わるのだと思う。土台の雪の量次第で、この障害物の高さは結構変わる。たっぴぃさんに言われて、毎年の「騎馬止め」の写真を見比べてみたら、確かに年によって高さが違って見えた。

あと、おやびんはイベント会場の屋台「上町家」がすっかり気に入って、今年もそこで酒盛りをすることをとても楽しみにしていた。

そして僕だけど、のっとれ!松代城の前日にお隣の津南町で開催される「つなん雪まつり」に興味津々。夜空に数千ものランタンを打ち上げるということなので、ぜひ打ち上げたい。

つなん雪まつりが開催される「ニュー・グリーンピア津南」は駐車場が限られているため、津南市街地の臨時駐車場含めて完全予約・抽選制になっている。このため、ダメもとでニュー・グリーンピア津南そのものの駐車場の抽選に申し込んだところ、偶然にも当選しちゃった。これは幸先が良い。というか、遠島の刑に処せられる運をここで使い切ってしまった気がする。大丈夫か、僕ら。

でも、このおかげでみんなでランランを打ち上げよう!という幻想的な旅が今回は計画された。

宿は、十日町市街にある古民家一棟貸し出しの宿、「百年の館」。これも毎年狙っていたけど、予約が取れなくて困っていたところ、今年は偶然予約が取れた。なんというラッキーだ。囲炉裏があるので、そこで薪をくべ、たき火にあたりながらちょっとしたものを炙ったり焼いたりして食べられれば幸せだ。

あと、これまでメンバーが固定化していた「チームアワレみ」だけど、今年は1名追加になった。おかでんのパートナー、いしだ。メンバーの中で一番若いので、順位にも期待ができる。

マンネリ化しつつあった「のっとれ!」だけど、これでシャキッとした感じがする。2020年の新潟行きは、過去にない展開になりそうだ。

2020年の計画について、おかでんから参加メンバーであるおやびん、たっぴぃ、よこさん、おーま、いしの5名に次の大号令がかけられた。

今回は過去にない行動パターンなので、どんなスケジュールになるのかざっくり行程を組んでみました。この通りにいかなくてももちろん構わないんですが、素案として。

とはいってもスケジュールの制約事項としては、
★1日目:15時過ぎには百年の館にいったんチェックイン
★1日目:つなん雪まつりは交通規制が厳しくなるので17時ころまでに会場入りが望ましいらしい
★1日目:スカイランタンの受取は19:00-19:30限定
★2日目:10時までにはのっとれ!戦士エントリー
★2日目:だいたい18:30までにはレンタカー返却
というのがあります。

■1日目(3月14日)
10:50 とき313号で越後湯沢駅に到着
<11:00~12:00 ぽんしゅ館で越後銘酒利き酒会2020+買い出し>
https://www.ponshukan.com/
12:00 レンタカー借受
↓40分
<13:00~14:30 八海醸造魚沼の里>
https://www.uonuma-no-sato.jp/
↓30分
15:00 百年の館(チェックインと、備品の確認) 
http://www.100nennoyakata.com/
↓25分
15:45 苗場酒造
https://www.naebasan.com/
↓20分
16:30 ニューグリーンピア津南

<つなん雪まつり。 19:00以降スカイランタン打ち上げ>
https://snowfes.info/
↓30分
原信 十日町店(最寄りのスーパー)
※21時閉店。21時以降に帰着の場合は、近くに22時閉店のイオン十日町店がある
↓5分
時刻未定 百年の館(泊)

■2日目(3月15日)
08:00頃 起床?
09:10 百年の館
↓25分
09:35 十日町市松代支所

<10:00~15:30 越後まつだい冬の陣 のっとれ!松代城>
https://www.tokamachishikankou.jp/matudai/event/fuyu/index.html

16:00 十日町市松代支所
※途中温泉など立ち寄り可
↓60分
18:30までには 越後湯沢駅

19:01 とき342号乗車

ここまで検討を進めていた我々だけど、「あれっ」という事態になったのは、2月のことだった。

おかでんが「のっとれ!松代城」に参戦するようになった1年目、つまり2014年からずっと苦楽を共にしてきた盟友・よこさんが膝の負傷により参戦が不可能になってしまった。野沢温泉でスノーボードをやっている最中、バランスを崩して倒れたのだけどその際に曲がってはいけない方向に足が曲がってしまったらしい。半月板損傷、ということで入院・手術を伴う大怪我となってしまった。

それと時期を前後して、現地からは雪不足を伝える声がちらほら聞こえてきていた。越後松代幕府もこの点は非常に危惧しており、なんと会場をこれまでの十日町市松代総合体育館脇のグラウンドではなく、「まつだい雪国農耕文化村センター「農舞台」」でやる、という大方針転換を余儀なくされた。これにはびっくりした。だって、「農舞台」って、松代城がある山の直下だぞ?

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください