そばいち エキュート赤羽店(02)

2012年12月22日
【店舗数:—】【そば食:559】
東京都北区赤羽

かき揚げそば

そばいち

 「アワレみBBS忘年会2012」を開催したその帰り道、なんだか無性におなかが減ってきた。酒飲みならこの空腹、分かってくれるはずだ。酔って思考回路が鈍っている最中に空腹が訪れたら、そりゃもう「シメで何か食べて帰りたい!」という気持ちになるのは自然の摂理。ここで抗えるほど理性があればそりゃ結構な事だが、あいにくと本日のおかでん、理性が消し飛ぶほどお酒飲んじゃった。普段飲まない焼酎を何杯も飲んだからだな。

広告

そんなわけで、たどり着いた赤羽駅で、緊急ピットインをすることにした。その行き先は「そばいち」。前回9月に訪問したお店。駅ナカ蕎麦にしては悪くない印象を抱いたのが記憶に新しい。「そばいちで蕎麦でもかっ込んでいくか」とふらふらとお店に吸い込まれていくおかでん。

かき揚げそば

今回は駅ナカ蕎麦でのド定番といえる「かき揚げそば」を注文してみることにした。お値段420円だったかな。電車の乗り継ぎまで7分しかないのだが、果たしてその7分で調理時間含めて食べ終わる事ができるかどうか。

お店の人はさすがに手練れだ。注文が入って2分弱で蕎麦を用意してくれた。かき揚げは揚げ置きされたもの。でも、今回のように時間が無い中で食事をする場合、揚げ置きでも十分にうれしい。

かき揚げそばアップ

酔っ払いにとってかき揚げそばはたまらんな。かき揚げからにじみ出た、油が浮いているつゆをすすると、ほぅ、とため息をついてしまう。しみじみ美味い。かけそばも悪くないのだが、やっぱりかき揚げが乗っていると味に奥行きが出てくる。カロリー?そんなの、酔っ払いに説いても無理。本能の赴くままに、欲しい料理を頼んじゃうんだから。

ひょっとしたら今シーズン食べ歩いている蕎麦の中で、この蕎麦が一番美味かったかもしれない。蕎麦を食べる際に「しこたま飲んで酔っ払う」というのは最高のスパイスだと思う。

あー、また今度もここに来よう、と思った。ごちそうさまでした。

おっと、電車がやってくるぞ。たった7分しか無かったのに余裕で間に合った。さすがは駅ナカ蕎麦。

ソーシャルリンク

広告