神社仏閣町歩き、おまけに登山【鎌倉・衣張山】

僕が勤めている会社には山サークルがあり、ごくたまにその活動には参加している。つまり、幽霊会員だ。

登山というのはチーム戦のスポーツではないので、「毎週○曜日に集まって、練習!」なんてことはない。そのため、MLで「今度○○山に行きます。車の都合上先着○名までですが、誰かいますか?」みたいな告知がヒョイと現れ、それに挙手した人が勝手に行っているようなサークルだ。

以前、山サークルとして大々的に山梨県の西沢渓谷に行ったことがある。多分、サークル活動としてはそれ以来だと思う。

あわせて読みたい
慣れない団体山歩き【西沢渓谷】 一人で山に登るのは気軽で良いものだ。思い立った日に突撃できるし、他人にペースをあわせなくていい。山は一歩間違えば死に直結する場所だ。だから、同行者のリスク管...

このときの記事にも書いたけど、やっぱり世代間ギャップというのはかなり大きく、埋めがたいものがある。リーダーがそもそも僕より一世代若く、そして20代のさらに若い世代がいる組織なので、全くノリが違う。

それでも今回、山サークルが「新入社員参加記念の新歓登山をやる」ということで参加表明をしたのは、なんとかオッサンなりにこのサークルになじもうと思っているからだ。一人で山に登るのは気楽なのだけど、いつまでも一人登山を続けていていいいのか?という疑問がある。仲間と登るという楽しさも覚えておかないと、本当に孤独だ。

あと、サークルで誰かが発案する登山計画は、僕が想像もしない提案が出てくるので面白い。僕は基本的に日本百名山の踏破を最優先に考えているけれど、サークルで企画されるものは違った視点だ。なので、「へえ!そんなトレイルもあり得るのか!」という驚きがある。

今回の新歓登山は、「衣張山に登る」というものだった。なんだそれ。聞いたことがない。

例年は高尾山に登るのが定番の新歓登山なので、今年も難易度低めの楽ちんな山を設定しているはずだけど・・・どこ?それ。奥多摩、奥武蔵あたりにある山ではなさそうだ。

1 2 3 4 5 6
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください