あっという間に食べて去れ【神田カレーグランプリ2018】

神田カレーグランプリ2018屋台

入口入って右ウィングの10店舗、もっとも入口近くにあるのはスパイスボックス。壁サークルの位置づけ。

神田カレーグランプリ限定のカレーを出しているらしい。完全に勝ちに来ているな。

結果は3位。

神田カレーグランプリ2018屋台

ザ・タンドールというお店。

これでカレーライスを出していたら相当面白いんだけど、店名通りにタンドール釜でナンを提供。でも、ライスもあります。チーズナンもあります。

神田カレーグランプリ2018屋台

ディップパレス飯田橋サクラテラス店。

「インドカレーとタイカレーのコラボレーション!」ということで、チキンカレーとグリーンカレーを売っている。他店のような合い掛けではなく、別メニューだ。

神田カレーグランプリ2018屋台

ジョイアルカレー。

山梨県は石和温泉にあるお店らしい。神田にも支店を出している。敢えてカレー激戦区の神田にカレー店を出すくらいだから、かなりの自信があるのだろう。

その甲斐あって、ごらんの大行列。からあげがトッピングされているぞ!うおおおお!という理由だけでここまで行列ができるとは思えないので、実際に人気なのだろう。

結果は準グランプリ。さすがです。

神田カレーグランプリ2018屋台

ラホール外神田店。

ブラックカレーを出すお店。

ラホールの真っ黒なカレー

列が短かったので、ここで4食目。

あまりに黒々としていたので、カメラのオートフォーカスがちゃんと作動せず、ピンボケした。それくらい、黒い。

でも、上に乗っかっているのはカニクリームコロッケなんだぜ。かじると、中から白いのが出てくるんだぜ。びっくりだろ。

神田カレーグランプリ2018屋台

チャントーヤ ココナッツカレー。

マイルド&スパイスチキンカレー。

そうか、マイルドという概念と、スパイスという概念は両立するのだな、と妙に感心した。スパイス=ハードだとばかり思っていたので。

神田カレーグランプリ2018屋台

品川甚作本店&甚作わっしょい酒場。

いよいよ、カレーライスとかカレーナンという概念を超越した料理も出店してるぞオイ。

ソフトクリームをのっけるための、ワッフルコーンみたいなやつにガーリックカレーを入れるらしい。何でもありだ。

神田カレーグランプリ2018屋台

スパイスチキンカレー。

客足がゼロ。というのは、店頭に「準備中のため午後から開店」の張り紙が貼ってあるから。何かの手違いかトラブルか、イベント開始までに準備が間に合わなかったらしい。これは悔しい、これは惜しい。

神田カレーグランプリ2018屋台

BAR CAFE 三月の水。

無水ベトナムチキンココナッツカレー。

いろんな情報が名前にたくさん含まれていて、渋滞を起こしそうだ。

神田カレーグランプリ2018屋台

ドンファン。看板に、仮面紳士の写真。これがドンファンなのだろうか?

ドンファン、という言葉は2018年にとても有名になった。「和歌山のドンファン」と呼ばれた金持ちの男性が、謎の死を遂げたからだ。ワイドショーではいろいろな勘ぐりがなされ、盛り上がっていたものだ。でも、ほとんどの人が「で、ドンファンって何者なの?」と思っていたはずだ。

このお店は、偶然ドンファンという名前を以前から名乗っていたのだろうが、「しめた!今年は一気に知名度アップだ!」と思ったに違いない。

力強い宣伝文句

力強いキャッチコピーでございます。

「辛いもの 食べる時こそ 辛口で」

というウィルキンソンジンジャーエール辛口。

ウィルキンソンの辛口は僕も大好きだけど、辛いカレーを食べた直後にこれを喉に流し込むと、粘膜が焼けるような傷みを感じそうな気がする。

(つづく)