舎人公園芋煮会2018春・オーソドックスとアブノーマルのつまみ食い

里芋を総出でむく

火起こし部隊がごそごそやっている間、流し台に転戦した下ごしらえ部隊は里芋と対峙していた。

芋煮をやる際、必ず通らなくてはいけない「里芋の皮むき」。

芋煮をやるからにはそれなりに里芋の量がいる。でも一つ一つの芋は小さく、ボリューム感を出すためには大量の里芋ちゃんたちの皮を剥くことになる。

で、ツルツルと滑るんだな、これが。ぬめりのある根野菜だし、そもそもの形がちっこくて丸い。なので、すぽーん、すぽーんと時々遠くに飛んでしまう。

(つづく)

コメント

タイトルとURLをコピーしました