挑戦

食い地獄の狭間にて

ついに珈琲豆の自家焙煎に手を染める

コーヒーの世界は奥が深い。 変なところにこだわりを持つ性格の僕にとって、むしろコーヒーは危険だ。奥が深すぎるからだ。凝りだすと、際限がない。
食い地獄の狭間にて

ついに菌類が【しいたけ農園・再】

11月に、自宅でしいたけ栽培を行った。 かわいいしいたけが日々、涙ぐましく、少しずつ成長していく様を愛でる・・・つもりが、モリモリと育ちやがって、菌類というのは人知を超えた恐怖の対象でしかない、ということを思い知らされた。 ...
胃袋至上主義

2018年秋 30カ国ってもう世界征服じゃん【外語祭2018】

東京外国語大学の大学祭、「外語祭」ほどエキサイティングな学祭を僕は知らない。 完全に「食」にフォーカスをあてた学祭は、調理師専門学校の文化祭じゃあるまいか、という印象すら抱く。外語大学にあるすべての語学科が、それぞれその国・地域の料理...
お知らせ

【オフ会】半径50mの世界食べ歩き2018(2018.11.23)

やりたいこと 東京外国語大学の学園祭「外語祭」は、それぞれの語学科が、その国の料理を振舞う模擬店を出店することで知られています。 キャンパス内の円形広場を取り囲むように語学科模擬店が並び、この広場をぐるっと回れば、文...
食い地獄の狭間にて

ついに菌類にまで【もりのしいたけ農園】

おかでん家は静かな時間が流れている。 あまりテレビは見ない。このサイトの更新やメンテナンス作業を1日1時間~2時間必要とするのだけど、その間はBGMをかけることさえ、気が散るのでやらないほどだ。
胃袋至上主義宣言

カレー日本一を俺たちが決めてやる

神田、神保町エリアはカレー屋がかなり多い。そんな激戦区で、毎年一回カレー屋の一番を決めちゃろうというイベントがある。それが「神田カレーグランプリ」。激戦区で、さらにNo.1を決めようというのだから美味のオンパレードは約束されたようなものだ。...
胃袋至上主義宣言

「一番辛くしてください。」激辛グルメ祭りの、熱すぎた日々

「微糖」と記されたコーヒーは信用ならない。飲んでみて、「やっぱり甘いじゃないか」って事案多発。同様に、「ピリ辛」「激辛」もそう。この世の中、ぬるすぎる。たるんどる。 そんなやわらかなご時世に突如現れた「激辛グルメ祭り」。辛さ自慢の店が...
思考回路のリボ払い

アレクサ、僕はもう疲れたよ

AIスピーカー界隈がにぎやかだ。 Google Home、Amazon echoといった製品をはじめとし、いろいろな商品が売られるようになってきた。 音声で指示を出すと、曲をかけてくれたり天気予報を教えてくれたりするという。 ...
胃袋至上主義

舎人公園芋煮会2018春・オーソドックスとアブノーマルのつまみ食い

最近、着実に自分の周囲に「季節の行事」が増えてきて嬉しい。 夏に「ヨコスカフレンドシップデー」(米海軍横須賀基地訪問)。 秋に「野外炊事部・秋」(バーベキュー) 冬に「のっとれ!松代城」 そして春に「野外炊事部・春」(鍋)。 季節...
胃袋至上主義宣言

アワレみ隊OnTheWeb野外炊事部

「肉よりも魚、野菜中心の食生活にしよう」・・・という無言のプレッシャーが日に日に強くなっている昨今。それでも、肉を見たとき、焼いたとき、食べた時に感じるエナジーというのは他の食材とは比べ物にならない。 肉を食らうこと、それはすなわちテ...
食い地獄の狭間にて

タブレット連動型スケールでコーヒーを淹れる

acaia コーヒーデジタルスケールを導入する。 お酒をやめて以来、食の好みが大きく変わった。毛嫌いしていた「甘いもの」が好きになったし、コーヒーを本格的に飲むようになった。 コーヒー豆は、こだわりだすときりがない。お茶と一緒で...
へべれけ紀行

食い倒れるのか遭難か【陣場山⇒高尾山縦走】

高尾山は東京を代表する低山だ。東京界隈に住む人で、「山歩きをしてみたい」と思う人は、まず真っ先に高尾山を目指す。そんな場所だ。 僕にとっては、観光客が多すぎてゴチャゴチャしていて、楽しい山だとは思わない。以前高尾山に登ったときの記録が...