アワレみ隊むかしばなし

猪蟹合戦

日 時:2011年(平成23年) 02月11日~13日
場 所:静岡県賀茂郡松崎町 雲見温泉静岡県伊豆市湯ヶ島
参 加:おかでん、ばばろあ、しぶちょお (以上3名)

以前から、しぶちょおは「西伊豆でタカアシガニを食べたい」ということを口にしていた。

タカアシガニ。その大きさはカニの中では世界最大を誇り、写真でその姿を見てみると、確かにデカくて大層男前だ。「世界最大の生き物」なんて日本のような気候風土では存在しないと思っていたが、ところがどっこいタカアシガニはしっかりと根付いているのだった。なんでも、急に水深が深くなる駿河湾の地理的構造のおかげらしい。そのため、西伊豆ではタカアシガニが名物だが、東伊豆では全然見かけない。東伊豆だと、せいぜい金目鯛とかイセエビだ。

デカいことは良いことだ、とは思わない。しかし、こんな大きさのカニを食べるとさぞや痛快だろう。

今回、2月の建国記念日3連休にアワレみ隊はどう取り組むか、という議論をチャットでやっていた時、あらためて「西伊豆でタカアシガニを食べる企画」が持ち上がったのだった。タカアシガニの旬は冬なので、今食べておかないと今度いつ食べられるか分かったもんじゃない。

とはいえ、西伊豆は結構交通の便が悪く、車で行くにしてもそれなりの時間を要してしまう。となれば、一泊二日でタカアシガニだけ食べて帰るのはあまりにもったいない。二泊三日の行程にして、二泊目も伊豆の美味美食を満喫するというのが良いというのは明らかだった。

そこでおかでんから提示されたキーワードが「イノシシ」だった。伊豆の冬の味覚といえば、イノシシが有名。一日目にタカアシガニという海の幸を食べ、二日目に山の幸であるイノシシを食べれば、なんとなく「冬の伊豆を攻略完了!」という気持ちになりそうだ。「猿蟹合戦」というむかしばなしがあるが、アワレみ隊は「猪蟹合戦」で伊豆を制圧することにした。

一泊目は西伊豆の南側、雲見温泉でタカアシガニ。二泊目は湯ヶ島でイノシシ料理とすることを決め、宿を手配。さあ、アワレみ隊名物食い倒れの旅が始まるよ。

2011年02月11日(金) 1日目

1 2 3 4 5 6 7
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください